教員紹介トップページへ

三重大学トップページへ

三重大学教員紹介

教員情報

職名
教授
氏名
くずはやすひさ
葛葉 泰久
生年月
1961.01
所属
部局
生物資源学研究科
学科・専攻
共生環境学専攻
講座
地 球 システム学
教育研究分野
水環境・自然災害科学教育研究分野
TEL
059-231-9575
FAX
059-231-9575
E-mail
kuzuha@bio. (末尾に mie-u.ac.jp を補ってください)
個人のホームページ
学歴
1980. 京都大学工学部交通土木工学科入学
1985. 同卒業
1985. 京都大学大学院工学研究科交通土木工学専攻入学
1988. 同修了
学位
1994.01 博士(工学) 京都大学
所属学会
土木学会
水文・水資源学会 気象学会 日本自然災害学会 日本水環境学会 実践水文システム研究会 IAHS(国際水文科学協会) AGU(米地球物理学連合) 地震学会
社会活動
国土交通省,リバーカウンセラー
国土交通省,(三重河川)流域委員会委員
財団法人三重県建設技術センター,理事
三重県,河川整備流域委員会委員
津市,水道水源保護審議会委員
職歴
1986 防衛庁技術研究本部研究員 
1994 防災科学技術研究所研究員
2003 筑波大学助教授(併任)(2004.3まで)
2004 三重大学教授
学術(芸術)賞
2007.9 日本自然災害学会 
学会賞(学術賞)
専門分野
河川工学 地震学(工学的)水文・水資源工学 自然災害科学 
現在の研究課題
水文学・水資源工学・地震学・自然災害科学・河川工学・水環境学
担当科目
数学基礎 自然災害科学 確率統計学 地球規模水循環気象学
主な業績等
【2005-2013の全文査読論文】

[全文査読つき論文] ただし,*は査読つき総説,**は査読つき報告

〇Makiko Senda, Kay Thwe Hlaing, Kunihide Miyaoka, Shigeko Haruyama and Yasuhisa Kuzuha(2014), Water Environments in the Southern Delta of Myanmar during the Rainy Season, Journal of JSCE, 2014. (責任著者)

〇Makiko Senda, Tadashi Nishi, Naoko Takagi,Fuki Sugiyama and Yasuhisa Kuzuha(2014), Fluctuation of Ion Components, Trace Metals, and Pb/Zn Ratio in Precipitation at Tsu City, Journal of JSCE, 2(1), pp.249-268. (責任著者)

○Gomi, Chieko and Yasuhisa Kuzuha (2013), Simulation of a Daily Precipitation Time Series Using a Stochastic Model with Filtering, Open Journal of Modern Hydrology,3(4), pp.206-213.【責任著者】

○Y.Kuzuha, K.Tomosugi, T.Kishii and Y.Komatsu, 2009, COEFFICIENT OF VARIATION OF ANNUAL FLOOD PEAKS: VARIABILITY OF FLOOD PEAK AND RAINFALL INTENSITY, Hydrological Processes,23(4), pp.546-558.

○Kuzuha,Y., M.Sivalpalan, K.Tomosugi and T.Kishii, 2006, ROLE OF SPATIAL VARIABILITY OF RAINFALL INTENSITY: IMPROVEMENT OF EAGLESON’S CLASSICAL MODEL TO EXPLAIN THE RELATION OF CV OF ANNUAL MAXIMUM DISCHARGE AND CATCHMENT SIZE, Hydrological Processes, 20(6), 1335-1346.

○Kuzuha,Y., T.M.Over, K.Tomosugi and T.Kishii, 2004, ANALYSIS OF MULTIFRACTAL PROPERTIES OF TEMPORAL AND SPATIAL PRECIPITATION DATA IN JAPAN, Journal of Hydroscience and Hydraulic Engineering, 22(2), 59-78.

〇葛葉泰久(2015), 確率水文量の算定-ノンパラメトリック法とbootstrap法-,土木学会論文集,印刷中.

〇葛葉泰久(2015),既往最大値の再現期間を考慮した日降水量確率分布の推定, 水文・水資源学会誌.(受理済,印刷中)

○五味千絵子, 葛葉泰久(2013),東日本大震災における新聞記事および標高データを用いた津波浸水域の推定, 自然災害科学, 32(2), pp.145-164.【責任著者】

○千田眞喜子・六鹿章太・葛葉泰久(2011), 琵琶湖・淀川流域における硝酸態窒素移動の解析,水工学論文集, vol.55, pp.S1483-S1488.【責任著者】

○千田眞喜子・葛葉泰久(2011), 野菜ジュースの窒素汚染と次亜塩素酸ナトリウムによる除去について, 日本家政学会誌, Vol.62, No.3, pp.153-164.【責任著者】

○葛葉泰久, 治水計画策定における統計的手法
―SLSC及び費用便益分析に関する考察―,土木学会論文集, 2010.

○葛葉泰久, 2007, 九州中東部でのIDFカーブの作成と2005年台風14号による豪雨の統計的評価,自然災害科学,25(4), 525-540.

○葛葉泰久・サンガ・ンゴイ・カザディ,2006,気候統一シナリオによる日本の水文・気象環境の将来予測,水工学論文集,50,211-216.

**○葛葉泰久・沼本晋也・サンガ・ンゴイ・カザディ・福山薫,2006,2004年台風21号と前線による豪雨災害,自然災害科学,24(4),409-421.

○葛葉泰久・岸井徳雄・小松陽介・友杉邦雄,2005,地域洪水頻度解析と洪水災害予測:石狩川流域のスケーリングと洪水氾濫図,水文・水資源学会誌,18(5),557-574.

*○葛葉泰久・小松陽介・友杉邦雄・岸井徳雄,2005,地域洪水頻度解析・スケーリングとPUB,水文・水資源学会誌,18(4),441-458.


【以下2000-2003全文査読論文】


○葛葉泰久, 友杉邦雄, M. Sivapalan, 岸井徳雄ら(2000): 平均年最大流量と流域スケール. 水工学論文集, 44: 7-12.
○葛葉泰久, 友杉邦雄, 岸井徳雄ら(2001): DAD解析による少雨の時空間分布特性に関する研究. 水工学論文集, 45: 181-186.
○葛葉泰久, 友杉邦雄, 岸井徳雄ら(2001): 水文レジムによる河川流域区分. 水文・水資源学会誌, 14: 131-141.
○葛葉泰久, 友杉邦雄, 岸井徳雄ら(2001): 少雨の空間分布に関する研究. 水文・水資源学会誌, 14: 142-150.
○Kuzuha, Y., T. Kishii et al.(2001): The Relationship between Regional Averages of Latent and Sensible Heat Fluxes and Patch Scale. JHHE, 19(1): 15-21.
○Kishii, T., Y. Kuzuha, et al.(2001): Measurement of Atmospheric Water Vapor on the Ground Surface by Radio Wave. Hydrological Processes, 15: 2077-2084.
○葛葉泰久, 友杉邦雄, 岸井徳雄(2001): 降水量データの代表性. 水文・水資源学会誌, 14: 461-471.
○葛葉泰久, 友杉邦雄, 岸井徳雄(2002): 降水量の空間相関構造. 水工学論文集, 46: 127-132..
○Kuzuha, Y., K. Tomosugi, K. Kishii et al.(2002): A Study on Temporal and spatial Distributions of Low Precipitation by Depth-Area- duration Analyses. JHHE, 20: 27-40.

[著書]

○葛葉泰久: 例題2-4及び例題2-5. 水理公式集例題プログラム集, 1の4のp1 - 1の5のp6, 土木学会編, 丸善, 2002.

○葛葉泰久: 気候変動と水災害(米谷・葛葉・岸井編). 信山社サイテック, 256pp, 2002.

その他分担執筆有


教員紹介の掲載内容の更新はこちらから(学内のみ)


三重大学教員紹介の内容について無断転用を禁じます