教員紹介トップページへ

三重大学トップページへ

三重大学教員紹介

教員情報

職名
教授
氏名
よ けん
余 健
生年月
 
所属
部局
教育学部
学科・専攻
国語教育
講座
 
教育研究分野
日本語学(国語学)
TEL
 
FAX
 
E-mail
yeoken@edu. (末尾に mie-u.ac.jp を補ってください)
個人のホームページ
 
学歴
日本大学文理学部 学士課程 (~1993年)
大阪大学大学院文学研究科日本語学専攻 博士課程・博士後期課程 (~2002年) 卒業・修了
学位
1997.03 文学修士 大阪大学
所属学会
日本語学会 社会言語科学会 日本音声学会 日本音韻論学会 日本言語学会 計量国語学会
社会活動
 
職歴
1998.04~1998.09 帝塚山学院大学 非常勤講師(日本語音声学)
学術(芸術)賞
 
専門分野
日本語学(国語学)・音声学・音韻論・待遇表現(敬語表現)
現在の研究課題
方言・日本語音声・敬語研究等の成果の国語教育、日本語教育への援用、方言変化の要因分析
担当科目
国語学ゼミナールⅢ 国語学ゼミナールⅣ 国語学演習AⅠ 国語学演習CⅠ 国語学演習CⅡ 国語学概説 国語学講義AⅠ 国語学講義CⅠ 国語学講義CⅡ 国語学特論ⅠA 国語学特論ⅠB 国語学特論演習Ⅰ 社会言語学Ⅰ 社会言語学Ⅱ 情報科学基礎Ⅰ(基礎) 日本語学演習音声・表記 日本語学概論 日本語学講義音声・表記Ⅰ
主な業績等
徳島・吉野川流域におけるアクセントの現在 共著 2002.03 阪大日本語研究 62-106
首都圏出身移住者の京阪式語形・アクセントの受容実態:2,3拍動詞否定形に焦点を当てて 単著 2003.03 三重大学教育学部研究紀要 第54巻 71-82
熊野の精神的世界の豊かさを教材にする 共著 2005.03 三重大学教育学部付属教育実践総合センター紀要 47-51
熊野の終助詞の特徴:待遇表現の実態と使い分けの要因について 単著 2005.05 名古屋・方言研究会会報 59-66
熊野の遊びことばの豊かさを教材にする 共著 2006.03 三重大学教育学部付属教育実践総合センター紀要 35-43
方言調査の結果を授業に生かす ー四日市市水沢地区に焦点を当ててー 共著 2011.03 三重大学教育学部付属教育実践総合センター紀要 43-51
方言調査の結果を生かした三重大学生による授業の検証-四日市市南部地域の小学校における実践に基づいて- 単著 2015.03 三重大学教育学部研究紀要 第66巻 217-225
徳川宗賢先生追悼論文集 20世紀フィールド言語学の軌跡 共著 2000.06 変異理論研究会
社会言語学の展望 共著 2006.03 くろしお出版
日本のフィールド言語学 新たな学の創造にむけた富山からの提言 共著 2006.05 桂書房
応用社会言語学を学ぶ人のために 共著 2006.11 世界思想社
方言研究の前衛 共著 2008.09 桂書房
都市と周縁のことば  紀伊半島グロットグラム 単著or編著 2013.05 和泉書院
京阪式音調(高起平進式・低起上昇式)の音調幅に関する社会言語学的研究 単著
世界遺産熊野地域の言語表現の豊かさの解明と教材開発 共著
四日市市・内部川沿いの農業地域における言語表現の豊かさの解明と教材開発(201303) 共著


教員紹介の掲載内容の更新はこちらから(学内のみ)


三重大学教員紹介の内容について無断転用を禁じます