教員紹介トップページへ

三重大学トップページへ

三重大学教員紹介

教員情報

職名
准教授
氏名
なかにしやすまさ
中西 康雅
生年月
1977.10
所属
部局
教育学部
学科・専攻
技術・ものづくり教育
講座
 
教育研究分野
 
TEL
 
FAX
 
E-mail
nakanisi@edu. (末尾に mie-u.ac.jp を補ってください)
個人のホームページ
学歴
大阪大学大学院 博士後期課程 (2004年03月) 修了
三重大学 修士課程 (2002年03月) 修了
学位
2004.03 博士(工学) 大阪大学
2002.03 修士(教育学) 三重大学
所属学会
日本産業技術教育学会
   評議員 2011.4~2014.3
   東海支部理事 2009.4~2013.3

日本機械学会
   ダンピング研究会 2004.4~

日本繊維機械学会
   理事 2014.5~
   評議員 2012.4~2014.5
   企画委員会 委員:2010.4~2015.3,委員長:2015.4~2017.3
   織り構造解析研究会研究委員 2004.4~2011.3
   コンポジテックス研究会 幹事(2011.4~2014.3),副委員長(2014.4~)
   バーチャルテキスタイル研究会 2012.4~

日本複合材料学会
社会活動
文部科学省
・技術専門委員(2015,2016)

国立教育政策研究所
・教員養成等の改善に関する研究(FD班)に係る委員(2014.1~2015.3)

三菱総合研究所
・文部科学省委託事業「情報教育指導力向上支援事業」調査委員(2015年度)
一般社団法人ラーン・フォー・ジャパン
・文部科学省委託事業「情報教育指導力向上支援事業」調査委員(2014年度)

大阪大学大学院工学研究科
・非常勤講師(2011年度)

独立行政法人教員研修センター,三重県教育委員会,津市教育委員会 など


■技術教育に関する助言・講師など
・平成28年度三重県中学校技術・家庭科研究大会 講演・助言(2016.8)
・全日本中学校技術・家庭科研究大会三重大会 助言者(2015.11)
・教育研究三重県集会 助言者(2004,2006年度~2016年度)
・津市教育研究会 助言者(2014.8月,12月,2月)
・伊勢市教育推進研究会 助言者(2012.11)
・桑名市教育研究集会 助言者(2008.8)
・第42回東海・北陸地区中学校技術・家庭科研究大会 助言者(「技術とものづくり」分科会)(2005.11)
・全国中学生ものづくり競技大会 東海地区実行委員(2005~2015)
など

■工学に関する助言・講師など
・非線形CAE協会 第29期非線形CAE勉強会(「減衰の計測と評価」)講師(2016.7)
・ダイキン工業(株)iCafe(「構造や材料の観点からみた振動問題の考え方」)講師(2016.3)
・非線形CAE協会 2015年度 第4回材料モデリング分科会(「FRPの振動特性に関する解析・評価技術」)講師(2015.11)
・日本繊維機械学会 テキスタイルカレッジ(2日で学ぶ布づくり「繊維強化複合材料」)講師(2011,2014~2016)
・あいち産業科学技術総合センター(「織網構造の振動減衰特性との関係について」)講師(2014.12)
・日本繊維機械学会 講演会「複合材料の最前線」(「テキスタイル複合材料の力学的特性評価」)講師(2014.10)
など
職歴
2004.04~2008.03 国立大学法人 三重大学 講師
2008.04~ 国立大学法人 三重大学 教育学部・准教授
2012.04~2015.03 国立大学法人 三重大学 高等教育創造開発センター・准教授
学術(芸術)賞
【2016.08】論文賞『最適設計を利用した手作り打楽器の開発』,日本産業技術教育学会

【2015.07】第20回計算工学講演会ベストペーパーアワード『微視構造を考慮した発泡樹脂の数値解析』,日本計算工学会

【2014.05】論文賞『回転曲げ試験によるフィラメントの力学的特性評価に関する研究』,日本繊維機械学会
専門分野
複合材料工学,振動工学,技術科教育学
現在の研究課題
技術科教育に関する研究
材料特性の同定手法に関する研究
高分子系材料の振動減衰特性に関する研究
複合材料構造物の設計に関する研究
担当科目
【大学院】
・材料工学特論
・材料工学特論演習
・機械工学特論演習II

【学部】
・金属加工学概論
・金属加工実習及び製図(共同)
・機械工学実験実習(共同)
・木材工学概論
・木材加工実習及び製図(共同)
・木質材料学
・工業数学
・情報処理工学
・技術学概論(分担)
・教職実践演習(分担)
・生活教材研究(分担)
・総合的な学習の実践と展望(分担)
・教育実地研究基礎(分担)
・教育実地研究(分担)
・小学校における現代的課題(分担)
主な業績等
【工学に関する研究論文・著書など】

■積層複合材料の振動伝達特性最適化 共著 2001.07 日本機械学会論文集(C編) 67 2107-2112

■Identification of equivalent elastic parameters of triaxial woven fabric composites for golf shafts 共著 2004.09 Science and Engineering of Composite materials 11 209-215

■繊維強化プラスチック材料の振動減衰同定に及ぼす大気圧の影響 共著 2005.02 日本機械学会論文集C編 71 386-391

■Identification of layer elastic parameters for angle-ply laminated plates and shells 共著 2006 Science and Engineering of Composite materials 13 213-216

■織物複合材料の振動減衰推定法に関する研究 共著 2006.07 日本機械学会論文集C編 72 2042-2047

■複合材料の振動解析と最適設計 共著 2006.10 機械の研究 58

■Finite element analysis of vibration damping for woven fabric composites 共著 2007.04 Key engineering materials 334-335 213-216

■回転曲げ試験によるフィラメントの力学的特性評価に関する研究 共著 2013.04 Journal of Textile Engineering 59 37-42

■テキスタイル複合材の数値モデリング 共著 2015.05 材料 64 424-429

■3次元織物複合材料の有限要素モデリング手法の構築と力学的特性評価 共著 2016 スマートプロセス学会誌 5 39-45

■CFRPの繊維/樹脂界面制御と成形加工技術 共著 2015.05 技術情報協会



【教育に関する研究論文・著書など】
■『総合演習』におけるPBL教育の実践 共著 2007.03 三重大学教育学部附属教育実践総合センター 27 83-87

■中学校技術・家庭科におけるエネルギー変換に関する教材の提案 共著 2011.03 三重大学教育学部附属教育実践総合センター紀要 30 53-57

■技術教育のための総合的な材料加工教材の提案 共著 2013.03 三重大学教育実践総合センター紀要 33 45-50

■教員養成型PBL教育の研究(その1):-対話型事例シナリオの原理- 共著 2013.03 三重大学教育学部研究紀要 64 325-335

■手作り楽器教材の音響特性に関する研究 共著 2013.06 日本産業技術教育学会誌 55 117-122

■対話型事例シナリオによる教員養成型PBL教育 共著 2013.12 京都大学高等教育研究 19 13-24

■遺伝的アルゴリズムを用いた最適設計に関する教材の開発 共著 2014 日本産業技術教育学会誌 56 177-185

■最適設計を利用した手作り打楽器の開発 共著 2015 日本産業技術教育学会誌 第57巻 第4号 pp.251-258

■中学校技術科の生物育成教育における生物生産の基礎概念に関する分析 共著 2016.05 技術科教育の研究 2巻1 pp.1-9

■国立教育政策研究所 平成25~26年度プロジェクト研究報告書 『教員養成教育における教育改善の取組に関する調査研究~アクティブ・ラーニングに着目して~』 共著,国立教育政策研究所

■国立教育政策研究所 平成25~26年度プロジェクト研究報告書 『教員養成等の改善に関する調査研究(全体版)報告書』 共著,国立教育政策研究所

■平成26年度文部科学省委託事業 情報教育指導力向上支援事業 『プログラミング教育実践ガイド』 共著 (http://jouhouka.mext.go.jp/school/programming_zirei/)

■平成26年度文部科学省委託事業 情報教育指導力向上支援事業 『初等中等教育段階におけるプログラム教育に関する調査研究報告書』 共著


教員紹介の掲載内容の更新はこちらから(学内のみ)


三重大学教員紹介の内容について無断転用を禁じます