教員紹介トップページへ

三重大学トップページへ

三重大学教員紹介

教員情報

職名
准教授
氏名
ごうこん あゆむ
郷右近 歩
生年月
 
所属
部局
教育学部
学科・専攻
特別支援教育
講座
 
教育研究分野
 
TEL
 
FAX
 
E-mail
goukon@edu. (末尾に mie-u.ac.jp を補ってください)
個人のホームページ
学歴
東北大学大学院教育学研究科 博士課程後期課程 修了
学位
博士(教育学)
所属学会
日本特殊教育学会
日本発達心理学会
日本発達障害学会
社会活動
ご依頼いただく場合は以下の3点にご留意くださるようお願い申し上げます。

1.ご依頼の内容に対して、私が適任か、事前にご検討・ご確認ください。
2.文面(手紙かtext/plainのe-mail)にて依頼内容を事前にお知らせください。
3.恐れ入りますが、電話は当方からの返信後におかけください。
職歴
 
学術(芸術)賞
 
専門分野
発達神経心理学(Developmental Neuropsychology)
現在の研究課題
 
担当科目
大学院
◇障害者心理特論Ⅰ
◇障害者心理特論演習Ⅰ
◇特別支援教育特論演習Ⅲ
◇特別支援教育特別研究Ⅰ
◇課題研究Ⅰ
◇課題研究Ⅱ

学部
◇心理生理実験
◇教育実地研究基礎
◇教育実地研究
◇教職実践演習
◇特別支援教育ゼミナールⅠ
◇特別支援教育ゼミナールⅡ
◇特別支援教育演習Ⅴ
◇特別支援教育観察参加
◇病弱教育
◇肢体不自由教育
◇視覚障害者概論
◇特別支援教育入門

教養教育
◇障がい学生支援実践
主な業績等
個展

◆めずらしいひと × a boy with trisomy 18.2017年1月5‐7日.ギャラリー山陽堂.

◆科学と美術 出版記念展示会.2013年4月30日‐5月2日.ギャラリー山陽堂.

◆日々の暮らし展.2012年7月16‐21日.森岡書店.

著書

◆めずらしいひと,2016,ナカニシヤ出版.

◆知的障害者の就労支援 コーディネートの実際,2016,ナカニシヤ出版.【監修】

◆a boy with trisomy 18, 2015, 新潮社.

◆signal. 2013. 新潮社.

◆科学と美術, 2013, ナカニシヤ出版.

◆日々の暮らし, 2012, ナカニシヤ出版.

◆Romantic Science: A case study, 2011, ナカニシヤ出版.

◆Trisomy 18: A case study, 2010, ナカニシヤ出版.

◆特別支援教育におけるコーディネーターの役割 脳損傷事例を通して考える本人・保護者中心の連携支援体制, 2008, ナカニシヤ出版.

学術論文

◆肢体不自由者に対するMicroaggressionに関する事例的検討 -発話の有無の選択的調整に焦点を当てて-,2017,Journal of Inclusive Education,2,47-55.

◆高機能自閉症児における対人相互交渉の困難の要因に関する検討 -心の理論課題を通過する事例の様相に着目して-, 2013, 特殊教育学研究, 51(2), 105-113.

◆18トリソミー児の発達に関する研究動向とその課題, 2009, 特殊教育学研究, 47(2), 113-118.

◆Impairment in the recognition of facial expression: a case study, 2009, Psychological Reports, 105, 232-234.

◆Is processing emotional signals necessary for performance on tasks requiring understanding a "theory of mind". 2007, Psychological Reports, 101, 469-474.

◆A case report of compensation in daily life of a person with memory problems: detailed functional use of memory aids over a five-year period. 2007, Psychological Reports, 101, 202-208.

◆Recognition and its impairment regarding autobiographical memories in a patient with hippocampal amnesia. 2007, Psychological Reports, 101, 796-802.

◆遂行機能と心の理論との関係についての研究動向とその課題, 2007, 特殊教育学研究, 45(1), 25-33.

◆Developmental order driving the relationship between executive functions and theory of mind: a case study. 2006, Psychological Reports, 98, 662-670.

◆長期間の重症心身障害状態から著しい回復を示した脳損傷児の回復経過に関する事例研究, 2005, 特殊教育学研究, 43(2), 85-91.

◆遂行機能と心の理論との関係についての検討:ある脳炎後遺症事例を対象として, 2005, 特殊教育学研究, 43(4), 291-298.

◆獲得性脳損傷児・高次脳機能障害児への教育的支援の現状と課題, 2005, 特殊教育学研究, 43(1), 51-60.



教員紹介の掲載内容の更新はこちらから(学内のみ)


三重大学教員紹介の内容について無断転用を禁じます