教員紹介トップページへ

三重大学トップページへ

三重大学教員紹介

教員情報

職名
准教授
氏名
ふなばら だいすけ
舩原 大輔
生年月
1973.03
所属
部局
生物資源学研究科
学科・専攻
生物圏生命科学専攻
講座
海洋生命分子化学
教育研究分野
 
TEL
059-231-9564
FAX
059-231-9440
E-mail
funabara@bio. (末尾に mie-u.ac.jp を補ってください)
個人のホームページ
 
学歴
東京大学農学部水産学科卒業 学士課程 (~1996年)
東京大学大学院農学生命科学研究科水圏生物科学専攻 博士課程・博士後期課程 (~2001年) 卒業・修了
学位
2001.03 博士(農学) 東京大学
所属学会
日本水産学会 マリンバイオテクノロジー学会
社会活動
公益社団法人 日本水産学会,創立85周年記念事業委員会(特別委員会)国際シンポジウムプログラム委員会委員
公益社団法人 日本水産学会,編集委員会委員
職歴
2001.07~ 三重大学生物資源学部 教官
学術(芸術)賞
平成15年度日本水産学会賞奨励賞,二枚貝キャッチ収縮の制御機構に関する生化学的研究,社団法人 日本水産学会
専門分野
生体高分子化学 筋生化学 遺伝子工学
現在の研究課題
アコヤガイ有効成分を利用した化粧品素材の開発 海産板鰓類ミオシンの尿素抵抗性に関する研究 真珠形成の分子メカニズムの解明 二枚貝キャッチ収縮機構の解明
担当科目
バイオインフォマティクス マリンバイオテクノロジー実験2 生体高分子構造解析学演習 生体高分子構造解析学特論 生体高分子構造論 分子生物学
主な業績等
Molecular characterization of calponin in the catch muscle of the Yesso scallop Mizuhopecten yessoensis 共著 2015.01 Fisheries Science 81 155-162
Phosphorylation properties of twitchin from Yesso scallop catch and striated muscles. 共著 2015.05 Fisheries Science 81 541-550
アコヤガイの生物機能と化粧品素材への活用 共著 2016.02 化学と教育 64 78-81
Novel Isoforms of N16 and N19 Families Implicated for the Nacreous Layer Formation in the Pearl Oyster Pinctada fucata. 共著 2018.04 Marine Biotechnology 20 155-167
Twitchin from Molluscan Catch Muscle:Primary structure and relationship between site-specific phosphorylation and mechanical function 共著 2003.08 The Journal of Biological Chemistry 278
二枚貝キャッチ収縮の制御機構に関する生化学的研究 単著 2004 日本水産学会誌 70 508-511
二枚貝のキャッチ収縮機構 共著 2004 化学と生物 42 224-225
Twitchin as a regulator of catch contraction in molluscan smooth muscle 共著 2005 Journal of Muscle Research and Cell Motility 26 455-460
軟体動物から見たtwitchinの分子進化 共著 2006 生体の科学 57 492-493
Unphosphorylated twitchin forms a complex with actin and myosin that may contribute to tension maintenance in catch. 共著 2007 The Journal of Experimental Biology 210 4399-4410
The occurrence of tissue-specific twitchin isoforms in the mussel Mytilus galloprovincialis 共著 2008 Fisheries Science 74 677-686
二枚貝キャッチ運動の分子メカニズム 単著 2009.04 溶接学会誌 78 201-205
Myosin loop 2 is involved in the formation of a trimeric complex of twitchin, actin and myosin 共著 2009.07 The Journal of Biological Chemistry 284 18015-18020
The primary structures of novel nacreous layer formation-related proteins and their expression in the pearl oyster Pinctada fucata. 共著 2013.01 Recent Advances in Pearl Research 245-248
Novel nacreous layer formation-related genes in the pearl oyster identified by RNA interference. 共著 2013.01 Recent Advances in Pearl Research 77-92
Genome-Wide Survey of Genes Encoding Muscle Proteins in the Pearl Oyster, Pinctada fucata. 共著 2013 Zoological Science 30 817-825
Novel Genes Participating in the Formation of Prismatic and Nacreous Layers in the Pearl Oyster As Revealed by Their Tissue Distribution and RNA Interference Knockdown. 共著 2014 PLOS ONE 9 e84706-e84706
真珠研究の最前線 2014.09 恒星社厚生閣
真珠研究の最前線 共著 2014.09 恒星社厚生閣


教員紹介の掲載内容の更新はこちらから(学内のみ)


三重大学教員紹介の内容について無断転用を禁じます