教員紹介トップページへ

三重大学トップページへ

三重大学教員紹介

教員情報

職名
准教授
氏名
いっしき ただし
一色 正
生年月
1963.06
所属
部局
生物資源学研究科
学科・専攻
生物圏生命科学専攻
講座
海洋生物学
教育研究分野
先端養殖管理学
TEL
059-231-9531
FAX
059-231-9540
E-mail
isshiki@bio. (末尾に mie-u.ac.jp を補ってください)
個人のホームページ
 
学歴
1986 高知大学農学部栽培漁業学科
1988 高知大学大学院農学研究科 修士 修了
学位
2002.02 農学博士 愛媛大学
所属学会
日本水産学会 日本魚病学会 日本水産増殖学会 日本ウイルス学会 日本組織培養学会
社会活動
株式会社三重ティーエルオー,三重大学伊賀拠点設置推進委員会
職歴
1989.04~1993.05 香川県農林水産部水産課 水産(上級) 技師
1993.06~1993.12 香川県水産試験場 水産(上級) 技師
1994.01~1996.05 香川県水産試験場 水産(上級) 主任技師
1996.06~2003.11 香川県水産試験場 水産(上級) 主任研究員
2003.12~2006.03 三重大学生物資源学部 文部科学教官 助教授
2006.04~ 三重大学大学院生物資源学研究科 文部科学教官 助教授
学術(芸術)賞
 
専門分野
水族微生物学、魚病学、魚病ウイルス学
現在の研究課題
水圏動物における微生物の感染機構に関する研究 浅海域における微生物の生理・生態学的研究 有用水圏動物の病害防除に関する研究
担当科目
浅海増殖学 浅海増殖学実習 浅海増殖学特論
主な業績等
ブリ稚魚のYAVに対する感受性 共著 1987.12 高知大学海洋生物教育研究センター報告 高知大学海洋生物教育研究センタ- 9 51-57
各種海産魚のYAVに対する感受性 共著 1987.12 魚病研究 日本魚病学会 22 4 191-194
天然採捕ブリ稚魚におけるYAV感染 共著 1989.04 日本水産学会誌 日本水産学会 55 4 633-637
鰓弁中心静脈洞のうっ血症状を呈する養殖ウナギ病魚から分離されたウイルス 共著 1989.04 水産増殖 日本水産増殖学会 37 1 43-48
養殖ブリにおけるYAVと抗YAV中和抗体の保有の推移 共著 1989.08 日本水産学会誌 日本水産学会 55 8 1305-1310
採卵用ブリ親魚からのYAVと抗YAV中和抗体の検出 共著 1993.06 魚病研究 日本魚病学会 28 2 65-69
Mucous cell development on the body surface in larvae of the red-spotted grouper, Epinephelus akaara. 共著 1995 Bulletin of Marine Sciences and Fisheries, Kochi University 高知大学海洋生物教育研究センタ- 15 117-120
キジハタ仔魚の浮上斃死現象とその対策,「懇話会ニュース,日本水産学会水産増殖懇話会,テーマ:ハタ科魚類の生態と増殖 Ⅲ.斃死と疾病」 単著 1997 日本水産学会誌 日本水産学会 63 2 266-266
The occurrence of oxytetracycline resistant bacteria in the fish intestine and the seawater environment 共著 2000 Microbes and Environments 日本微生物生態学会 15 4 223-228
Water surface tension-related deaths in prelarval red-spotted grouper 共著 2000 Aquaculture Elsevier Science 189 165-176
Infectivity of aquabirnavirus strains to various marine fish species 共著 2001.09 Diseases of Aquatic Organisms Inter-Research 46 2 109-114
An outbreak of VHSV (Viral Hemorrhagic Septicemia Virus) infection in farmed Japanese flounder Paralichthys olivaceus in Japan 共著 2001.11 Diseases of Aquatic Organisms Inter-Research 47 2 87-99
Distribution of the oxytetracycline resistance determinant Tet 34 among bacteria isolated from diseased fish 共著 2002 Microbes and Environments 日本微生物生態学会 17 1 26-31
Genetic relatedness among Japanese, American and European isolates of viral hemorrhagic septicemia virus (VHSV) based on partial G and P genes 共著 2002.03 Diseases of Aquatic Organisms Inter-Research 48 2 143-148
Effect of water temperature on pathological states of Japanese flounder experimentally infected with viral hemorrhagic septicemia virus, a flounder isolate KRRV-9601 共著 2002.06 Fish Pathology 日本魚病学会 37 2 95-97
Susceptibility of various marine fish species to viral hemorrhagic septicemia virus isolated from Japanese flounder 共著 2003.09 Fish Pathology 日本魚病学会 38 3 113-115
Treatments of Neoheterobothrium infection in Japanese flounder by 8% NaCl-supplemented seawater bathing 共著 2003.09 Aquaculture Science 日本水産増殖学会 51 3 363-364
Histopathological changes probably associated with a virus in larval and juvenile marbled sole Pleuronectes yokohamae. 共著 2003.12 Fish Pathology 日本魚病学会 38 4 143-149
Distribution of marine birnavirus in cultured marine fish species from Kagawa prefecture, Japan 共著 2004 Journal of Fish Diseases Blackwell Publishing 27 2 89-98
PCR-based detection of betanodaviruses from cultured and wild marine fish with no clinical signs 共著 2004 Journal of Fish Diseases Blackwell Publishing 27 10 603-608
Research on the functions of the structure enhancing marine resources 共著 2005 Proceedings of the Sunport Japan Korea International Maritime Seminar 備考に記載 1-12
Histopathological and electron microscopy studies on sleepy disease of koi Cyprinus carpio koi in Japan. 共著 2005.07 Diseases of Aquatic Organisms Inter-Research 65 3 197-207
Occurrence of a mongenean gill parasite Pseudorhabdosynochus epinepheli on red spotted grouper Epinephelus akaara and its experimental treatment by hydrogen peroxide bathing. 共著 2007.03 Fish Pathology 日本魚病学会 42 1 71-74


教員紹介の掲載内容の更新はこちらから(学内のみ)


三重大学教員紹介の内容について無断転用を禁じます