教員紹介トップページへ

三重大学トップページへ

三重大学教員紹介

教員情報

職名
准教授
氏名
よど たいが
淀  太我
生年月
1970.12
所属
部局
生物資源学研究科
学科・専攻
生物圏生命科学専攻
講座
海洋生物学
教育研究分野
魚類増殖学
TEL
059-231-9525
FAX
 
E-mail
tyodo
個人のホームページ
 
学歴
1993 三重大学生物資源学部 卒業
1999 三重大学大学院生物資源学研究科 博士 修了
学位
1999.03 博士(学術) 三重大学
所属学会
日本魚類学会 日本水産学会 日本水産増殖学会 American Fisheries Society
社会活動
日本水産増殖学会会計幹事
日本水産増殖学会編集委員
日本水産増殖学会評議員
日本魚類学会自然保護委員会副委員長
日本魚類学会電子情報委員会副委員長
日本魚類学会学会賞選考委員
日本魚類学会評議員
日本水産学会シンポジウム企画委員
日本水産学会中部支部幹事
三重県農林水産部,三重県栽培漁業のあり方検討会委員
職歴
2001.01~2003.12 科学技術振興事業団/日本学術振興会 科学技術特別研究員
2004.04~2007.03 三重大学 教員 助手
2007.04~2007.04 三重大学 教員 助教
2007.05~ 三重大学 教員 准教授
学術(芸術)賞
2012.03 平成23年度日本水産増殖学会奨励賞
専門分野
魚類学 移入生物学 魚類増殖学
現在の研究課題
外来魚の駆除・管理技術の開発
外来魚の生態解明,影響評価
魚類の生態・生活史の解明
魚類相・生息状況の把握
種苗放流によらない魚類増殖手法の探索
担当科目
〔教養教育〕
生物学基礎II
生物学実験

〔学部(旧カリ)〕
魚類増殖学
魚類増殖学実習
水圏生物生産学演習
水圏生命科学英語
卒業研究(水圏生物生産学講座)

〔大学院(新カリ)〕
海洋生物学特論
魚類増殖学演習
魚類増殖学特論
魚類増殖生態学
主な業績等
●Contrasting life history patterns of the goby Rhinogobius similis in central Japan indicated by otolith Sr:Ca ratios. 共著 2015.11 Ichthyological Research 63 288-293
●奄美群島最南端の島―与論島の魚類 単著 2014.11 日本水産学会誌 80 1020-1020
●Changes in the composition of stock origin and standard length of ayu Plecoglossus altivelis altivelis during the ‘Tomozuri’ angling season in the Nagara River, central Japan. 共著 2015.01 Fisheries Science 81 37-41
●三重県安濃川の魚類相. 共著 2014.03 三重大学大学院生物資源学研究科紀要 40 45-64
●長良川におけるアユの由来別の成長特性. 共著 2014.03 水産増殖 62 89-97
●透明鱗ウグイTribolodon hakonensisの初記録. 共著 2013.04 魚類学雑誌 60 76-77
●岐阜県における2種の外来ナマズ目魚類の野外での初記録と文献に基づく岐阜県産魚類目録の改訂. 共著 2013 岐阜県博物館調査研究報告 34 47-54
●三重県鈴鹿市南部のため池群におけるヨシノボリ類の分布と種間交雑. 共著 2012.12 日本生物地理学会会報 67 15-24
●若狭湾西部海域におけるメバル複合種群の食性比較. 共著 2012.06 水産増殖 60 207-214
●岐阜県神通川水系小鳥川におけるブラウントラウトの定着. 共著 2012.04 魚類学雑誌 51 49-54
●最近の庄川で観察されたアユの小型化 共著 2011.09 水産増殖 59 459-464
●三重県加茂川におけるウグイの降海時期と降海時の体長 共著 2010.09 日本水産学会誌 76 920-925
●三重県五十鈴川の魚類相 共著 2010.03 三重大学大学院生物資源学研究科紀要 39-52
●耳石微量元素を用いた三重県加茂川におけるウグイの回遊履歴の推定 共著 2009.05 日本水産学会誌 75 419-424
●日本国内におけるコクチバスのmtDNAハプロタイプの分布. 共著 2007.11 魚類学雑誌 54 225-230
●Righty fish are hooked on the right side of their mouths - observations from an angling experiment with largemouth bass, Micropterus salmoides. 共著 2007.09 Zoological Science 24 855-859
●外来魚(ブラックバス)問題の現状および経緯と背景 単著 関西自然保護機構会誌 28 21-25
●Distribution of two sympatric amphidromous grazing fish Plecoglossus altivelis Temminck & Schlegel and Sicyopterus japonicus (Tanaka) along the course of a temperate river. 共著 2007.01 Hydrobiologia 575 415-422
●カワバタモロコにおける外部形態の水域間変異 共著 2006.11 魚類学雑誌 53 175-179
●自然保護委員会が行ったサンフィッシュ科3種による被害実例アンケートの結果報告. 共著 2005.05 魚類学雑誌 52 74-80
●ホトケドジョウの腹部白色線形状を利用した個体識別. 共著 2005.11 魚類学雑誌 52 153-156


○水産大百科事典 共著 2006.06 朝倉書店
○ブラックバスを科学する~駆除のための基礎資料 共著 2008 (財)リバーフロント整備センター
○淡水魚類地理の自然史 共著 2010.01 北海道大学出版会
○見えない脅威”国内外来魚”-どう守る地域の生物多様性 単著or編著 2013.07 東海大学出版会
○日本産稚魚図鑑第二版 共著 2104.04 東海大学出版会



教員紹介の掲載内容の更新はこちらから(学内のみ)


三重大学教員紹介の内容について無断転用を禁じます