教員紹介トップページへ

三重大学トップページへ

三重大学教員紹介

教員情報

職名
准教授
氏名

板谷 明美
生年月
 
所属
部局
生物資源学研究科
学科・専攻
資源循環学専攻
講座
森林資源環境学
教育研究分野
森林利用学
TEL
 
FAX
 
E-mail
itaya@bio. (末尾に mie-u.ac.jp を補ってください)
個人のホームページ
学歴
1995 三重大学 生物資源学部 卒業
2000 三重大学大学院 生物資源学研究科 博士後期課程 修了
学位
2000.12 博士(学術) 三重大学
所属学会
日本森林学会
写真測量学会
森林利用学会
日本生態学会
社会活動
 
職歴
 
学術(芸術)賞
森林利用学会賞受賞(平成15年度)
Best poster presentation (The 2nd International symposium on tropical forest ecosystem science and management: challenges and solutions, 2013)
Best poster presentation (International Conference on Sustainable Forest Development in View of Climate Change, 2016)
専門分野
森林利用学
現在の研究課題
GISとリモートセンシングデータを用いた森林資源情報の抽出とその利用に関する研究
担当科目
森林利用・情報学
森林情報学
森林利用・情報学実習Ⅱ
FSC演習林実習Ⅲ
森林利用学特論
森林利用学演習
森林利用・情報システム学
生物資源循環学特論
森と人間生活
主な業績等
-原一弘・板谷明美 (2014) 森林へのアクセシビリティの評価におけるWeb地図サービスの利用の可能性. 中部森林研究 62: 121-126.
-岩田敏敬・板谷明美・江原宏・久松眞・三島隆・内山智裕・内藤整・近江正陽・西村美彦 (2013) 同時生起行列から得られるテクスチャ情報を用いたサゴヤシ林の特徴抽出. 中部森林研究 61: 175-178.
-井上咲・板谷明美 (2013) SAGAを用いた地形解析と津市里山の地形改変の空間分布. 中部森林研究 61: 159-164.
-松井哲哉・並川寛司・本間祐希・斉藤均・板谷明美 (2012) ブナ北限域・下チョポシナイ川流域におけるブナの樹齢と成長. 北方森林研究 60: 103-106.
-Takeshi Torimaru, Akemi Itaya, Shin-Ichi Yamamoto (2012) Quantification of repeated gap formation events and their spatial patterns in three types of old-growth forests: Analysis of long-term canopy dynamics using aerial photographs and digital surface models. Forest Ecology and Management 284:1–11.
-Tetsuya Matsui, Keiko Kitamura, Hitoshi Saito, Kanji Namikawa, Kazuhiko Terazawa, Masahiro Haruki, Akemi Itaya, Yuki Honma, Yuji Miyoshi, Kenichi Uchida, Takashi Suzuki, Norio Kito (2012) Habitat and vegetation of an isolated Fagus crenata Blume population at Rebunge Pass, Toyoura Town, Hokkaido. Journal of Phytogeography and Taxonomy 59:113-123.
-土屋陽平・板谷明美・Mohd Hasmadi Ismail (2012) ASTER衛星画像から推定したLSWIの土地被覆属性ごとの比較. 中部森林研究 60: 197-200.


教員紹介の掲載内容の更新はこちらから(学内のみ)


三重大学教員紹介の内容について無断転用を禁じます