職名 講師
氏名 おかもと りゅうじ
岡本 隆二
生年月 1968.04
所属 部局 附属病院
学科・専攻 内科系診療科
講座 循環器内科
教育研究分野 循環器内科
TEL 059-232-1111 内線5648
FAX 059-231-5201
E-mail ryuji@clin.medic. (末尾に mie-u.ac.jp を補ってください)
個人のホームページ  
学歴 1994年三重大学医学部卒
学位 2005年三重大学医学部大学院大学卒
所属学会 日本内科学会 日本循環器学会 日本心不全学会 日本高血圧学会
社会活動 高血圧治療ガイドライン(2019年度改訂) システマティック・レビュー委員
肥大型心筋症患者を対象とした全国登録調査研究
【調査担当】 高知大学 2018年
難治性副腎疾患の診療に直結するエビデンス創出
【調査担当】 京都医療センター、AMED研究 2018年
狭心症・心筋梗塞 知っておくべき大切なこと あなたと家族を守るために
【講師】 みえ循環器・腎疾患ネットワーク 市民公開講座 2017年
日本循環器学会 慢性虚血性心疾患の診断と病態把握のための検査法の選択基準に関するガイドライン(2010年改訂版)協力員
職歴 1994年 三重大学附属病院   研修医
1995年 鈴鹿中央総合病院   研修医
1996年 茅ヶ崎徳州会総合病院 呼吸器内科医員
1996年 松阪中央総合病院   循環器内科医員 
1998年 三重大学附属病院 循環器内科大学院生
2002年   同    医員       
2005年   同    助手
2006年 米国ハーバード大学ブリガム&ウィメンズ病院循環器内科 リサーチフェロー
2009年 三重大学医学系研究科 循環器腎臓内科学 助教
2014年 三重大学医学部附属病院 循環器腎臓内科 講師、臨床研修・キャリア支援部 専門研修センター長
学術(芸術)賞 上原記念生命科学財団 海外留学助成リサーチフェローシップ,留学助成金,上原記念生命科学財団 
アメリカ心臓学会(AHA) 基礎心血管サイエンス旅費グラント,旅費グラント,アメリカ心臓学会(AHA) 
アメリカ心臓病学会(ACC) 若手研究者賞(YIA),YIA,アメリカ心臓病学会(ACC)
成人血管病研究振興財団 研究助成,研究助成金,成人血管病研究振興財団
専門分野 循環器分子細胞生物学 心筋症、心肥大、高血圧、動脈硬化
現在の研究課題 分子細胞生物学を用いた循環器疾患の原因解明
担当科目 循環器疾患
主な業績等 Hypertens Res. 2019 Jan;42(1):40-51. 主著
Clin J Am Soc Nephrol. 2008 Nov; 13(11): cover. 共著
PLoS One. 2018 May 7;13(5):e0197078. 主著
Circ J. 2018 Sep 25;82(10):2678-2679. 共著
Circ J. 2018 Jan 25;82(2):586-595. 共著
Medicine (Baltimore). 2017 Jul;96(29):e7596. 共著
Int J Cardiol. 2016 Nov 1;222:921-923.共著
Intern Med. 2016;55(16):2311-2.共著
Front Pharmacol. 2016 Jun 14;7:162. 共著
Blood Press. 2016 Oct;25(5):327-30. 共著
Circ J. 2016 Apr 25;80(5):1267-8. 共著
Circ J. 2016;80(4):989-97. 共著
PLoS One. 2015 Oct 29;10(10):e0141130. 共著
Int J Cardiol. 2014 Dec 20;177(3):1069-72. 共著
PLoS One. 2014 Aug 13;9(8):e104479. 共著
Anticancer Drugs. 2014 Oct;25(9):1028-34. 共著
Int J Oncol. 2014 Aug;45(2):541-8. 共著
Fulminant myocarditis in a patient with severe coronary artery disease 共著 J Cardiol Cases. 2013 Dec 12;9(1):15-17.
FHL2 prevents cardiac hypertrophy in mice with cardiac-specific deletion of ROCK2. 主著 2013.04 FASEB J. 27 1439-1449
Identification of bovine hibernation-specific protein complex and evidence of its regulation in fasting and aging. 共著 2013.05 J Biochem. 153 453-461
Marked improvement of renal failure and severe hypertension after renal artery:stenting in the solitary functioning kidney 共著 2013.03 Journal of Cardiology Cases 7 e82-e85
A case of aortic thrombosis and embolism preceding the progression of early esophageal cancer 共著 2013.05 Journal of Cardiology Cases 7 e123-e125
Notch1 in bone marrow-derived cells mediates cardiac repair after myocardial infarction. 共著 2011.03 Circulation 123 866-876
Overexpression of myosin phosphatase reduces Ca(2+) sensitivity of contraction and impairs cardiac function. 共著 2010.01 Circ J 74 120-128
Statins inhibit Rho kinase activity in patients with atherosclerosis. 2009.05 Atherosclerosis 205 517-521
ROCK1 mediates leukocyte recruitment and neointima formation following vascular injury. 共著 2008.05 The Journal of clinical investigation 118 1632-1644
High glucose induces plasminogen activator inhibitor-1 expression through Rho/Rho-kinase-mediated NF-kappaB activation in bovine aortic endothelial cells. 共著 2008.01 Atherosclerosis 196 22-28
Characterization and function of MYPT2, a target subunit of myosin phosphatase in heart. 主著 2006.09 Cellular signalling 18 1408-1416
Rho/Rho-kinase pathway contributes to C-reactive protein-induced plasminogen activator inhibitor-1 expression in endothelial cells. 共著 2005.10 Arteriosclerosis, thrombosis, and vascular biology 25 2088-2093
The targeted disruption of the MYPT1 gene results in embryonic lethality. 主著 2005.06 Transgenic research 14 337-340
RhoA activation in vascular smooth muscle cells from stroke-prone spontaneously hypertensive rats. 共著 2004.04 Hypertension research : official journal of the Japanese Society of Hypertension 27 263-270
Addition of angiotensin II receptor antagonist to an ACE inhibitor in heart failure improves cardiovascular function by a bradykinin-mediated mechanism. 共著 2003.04 Journal of cardiovascular pharmacology 41 632-639
Activation of RhoA and inhibition of myosin phosphatase as important components in hypertension in vascular smooth muscle. 共著 2003.03 Circulation research 92 411-418
Identification of human CPI-17, an inhibitory phosphoprotein for myosin phosphatase. 共著 2001.07 Biochemical and biophysical research communications 285 1040-1045
Molecular cloning and analysis of the 5'-flanking region of the human MYPT1 gene. 共著 2001.02 Biochimica et biophysica acta 1517 424-429
Detection of doxorubicin cardiotoxicity by using iodine-123 BMIPP early dynamic SPECT: quantitative evaluation of early abnormality of fatty acid metabolism with the Rutland method. 共著 2000.11 Journal of nuclear cardiology : official publication of the American Society of Nuclear Cardiology 7 553-561

Aorto-coronary dissection during angioplasty in a patient with myxedema. 主著 2000.04 Japanese circulation journal 64 316-320
Acute myocardial infarction in a patient with anomalous left coronary artery origin and primary antiphospholipid syndrome. 主著 2000.03 Japanese circulation journal 64 214-217
[Experience of coronary and great vessel angiography by transradial puncture] 共著 1998.07 Journal of cardiology 32 9-14
[Relationship between iodine-123-beta-methyl-p-iodophenyl-pentadecanoic acid washout ratio and oxygen consumption in normal and ischemic myocardium] 共著 1997.10 Journal of cardiology 30 189-195

日内会誌 107: 564-570, 2018. 共著
巻頭総説 心肥大及び心不全における、心筋ミオシン軽鎖のリン酸化制御機構について 主著 2016.2 血管
血管不全フロンティア 平滑筋弛緩作用 主著 2004.12 メディカルレビュー社
Assessment of most appropriate background subtraction method for quantification of 123I-metaiodobenzylguanidine (MIBG) myocardial uptake by comparing with plasma ANP and BNP 2000.05 核医学 37 3 217-225
急性後下壁心筋梗塞発症5日目に生じた完全房室ブロックに対し、血管形成術が有効であった1例 心臓 1999 31 43-48
冠動脈ステント植え込み後の抗血小板療法 三重医学 1998 41 117-120