教員紹介トップページへ

三重大学トップページへ

三重大学教員紹介

教員情報

職名
助教
氏名
かとう ひろし
加藤  浩
生年月
1974.01
所属
部局
地域イノベーション推進機構
学科・専攻
先端科学研究支援センター
講座
植物機能ゲノミクス部門
教育研究分野
 
TEL
059-231-9831
FAX
059-231-9048
E-mail
katohiro@gene. (末尾に mie-u.ac.jp を補ってください)
個人のホームページ
 
学歴
神奈川大学 理学部 応用生物科学科 卒業 学士課程 (~1996年)
東京大学大学院 総合文化研究科 広域科学専攻 博士課程・博士後期課程 (~2001年) 卒業・修了
学位
2001.03 博士(学術) 東京大学
所属学会
日本植物生理学会 日本植物学会 日本微生物生態学会 日本分子生物学会 日本光合成学会(旧日本光合成研究会) 日本ゲノム微生物学会 日本アイソトープ協会 マリンバイオテクノロジー学会 生態工学会 日本地球惑星科学連合 日本宇宙生物科学会
社会活動
X線教育訓練講習会(名工大)2009〜
職歴
2001.04~2003.03 生物系特定産業技術研究推進機構 派遣研究員
2003.04~2003.12 東京大学大学院 総合文化研究科  産学官連携研究員
2004.01~ 三重大学 生命科学研究支援センター 植物機能ゲノミクス部門 助教(2007年4月以前は助手)
学術(芸術)賞
 
専門分野
ラン藻(シアノバクテリア)の環境応答
光合成システム(主に水分解酵素である光化学系2)
生化学
分子生物学
(放射線関連は有資格者として活動)
現在の研究課題
藻類(ラン藻)の環境応答機構の解明とラン藻を利用した技術開発
担当科目
 
主な業績等
【学術論文】
◎ Targeted disruption of psbX and biochemical characterization of Photosystem II complex in the thermophilic cyanobacterium Synechococcus elongatus.(共著) Plant Cell Physiol. 42: 179-188. (2001)
◎ Functional analysis of psbV and a novel c-type cytochrome gene psbV2 of the thermophilic cyanobacterium Thermosynechococcus elongatus strain BP-1. (共著)Plant Cell Physiol. 42: 599-607. (2001)
◎ Characterization of genes encoding multi-domain proteins in the genome of the filamentous nitrogen-fixing Cyanobacterium Anabaena sp. strain PCC 7120. (共著) DNA Res. 8: 271-284. (2001)
◎ Complete genome structure of the thermophilic cyanobacterium Thermosynechococcus elongatus BP-1. (共著) DNA Res. 9: 123-130. (2002)
◎ Isolation and characterization of drought-tolerant cyanobacterium Nostoc sp. HK-01. (共著) Microbes Environ. 18: 82-88. (2003)
◎ Gene expression in the cyanobacterium Anabaena sp. PCC 7120 under desiccation. (共著) Microb. Ecol. 47: 164-174. (2004)
◎ Improved Genetic Transformation of the Thermophilic Cyanobacterium, Thermosynechococcus elongatus BP-1. (共著)Plant Cell Physiol. 45:171-175. (2004)
◎ Use of segment-based microarray in the analysis of global gene expression in response to various environmental stresses in the cyanobacterium Anabaena sp. PCC 7120. (共著)J. Gen. Appl. Microbiol. 50:1-8. (2004)
◎ PSII-Tc protein plays an important role in dimerization of Photosystem II. (共著)Plant Cell Physiol. 45:1809-1816. (2004)
◎ Myxol and 4-Ketomyxol 2'-Fucosides, not Rhamnosides, from Anabaena sp. PCC7120 and Nostoc punctiforme PCC73102, and Proposal of Biosynthetic Pathway of Carotenoids. (共著)Plant Cell Physiol. 46: 497-504. (2005)
◎ NaCl enhances cellular cAMP and up-regulates genes related to heterocyst development in the cyanobacterium Anabaena sp. strain PCC7120. (共著) FEMS Microbiology Letters 252: 97-103. (2005)
◎ The role of a gene cluster for trehalose metabolism in dehydration tolerance of filamentous cyanobacterium Anabaena sp. PCC7120. (共著) Microbiology 152: 979-987. (2006)
◎ Mutations in a putative chloride efflux transporter gene suppress the chloride requirement of the photosystem II in the cytochrome c550-deficient mutant. (共著)Plant Cell Physiol. 47: 799-804. (2006)
◎ Isolation and purification of an axenic diazotrophic drought-tolerant cyanobacterium, Nostoc commune, from natural cyanobacterial crusts and its utilization for field research on soils polluted with radioisotopes.(共著) BBA in press. (2012)
◎ Desiccation-inducible genes are related to N2-fixing system under desiccation in a terrestrial cyanobacterium, (単著)BBA in press. (2012)

(その他)
2011.06〜2012.3 宇宙航空研究開発機構 特定課題:
「宇宙農業研究の放射能汚染除去への貢献」で共同研究(第1種放射線取扱主任者の資格を活かしてJAXAと共同研究)


教員紹介の掲載内容の更新はこちらから(学内のみ)


三重大学教員紹介の内容について無断転用を禁じます