教員紹介トップページへ

三重大学トップページへ

三重大学教員紹介

教員情報

職名
准教授 
氏名
なかむら こうじ 
中村 浩次 
生年月
 
所属
部局
工学研究科 
学科・専攻
物理工学専攻 
講座
ナノ工学 
教育研究分野
 
TEL
 
FAX
 
E-mail
kohji@phen. (末尾に mie-u.ac.jp を補ってください) 
個人のホームページ
 
学歴
1990 北海道大学工学部
1995 北海道大学大学院工学研究科 博士 修了 
学位
工学博士 
所属学会
日本物理学会、日本金属学会、日本応用磁気学会、米国物理学会 
社会活動
 
職歴
1995.7 北海道大学触媒化学研究センターCOE研究員 1996.9 北海道大学触媒化学研究センター助手 1999.4 ノースウエスタン大学助手 2001.4 三重大学工学部助教授 
学術(芸術)賞
 
専門分野
固体電子論、磁性 
現在の研究課題
固体の電子構造、表面・界面の磁性 
担当科目
量子電子機械学、粒子線工学、物理の話題から、量子メカトロニクス特論、量子メカトロニクス演習 
主な業績等
・Enhancement of magnetocrystalline anisotropy in ferromagnetic Fe films by intra-atomic noncollinear magnetism, Phys. Rev. B, in press.
・Intra-atomic noncollinear magnetism and the magnetic structures of antiferromagnetic FeMn, Phys. Rev. B, in press.
・Canted ferromagnetism in RuSr2GdCu2O8, Phys. Rev. B66, 140405-14 (R), 2002.
・Magnetic structures at the ferromagnetic NiFe and antiferromagnetic NiMn interface in exchange biased films: Role of noncollinear magnetism and roughness, Phys. Rev. B65, 012402-1-6, 2002.
・Magnetic and electronic structures of superconducting RuSr2GdCu2O8, Phys. Rev. B63, 024507, 2001.
・Magnetism and Magnetic Anisotropy in FM NiFe, AFM NiMn and their Interface, IEEE Transactions on Magnetics 36, 3269-3271, 2000.
・Possibility of measuring exchange force through force microscopy, Appl. Surf. Sci., 140, 366-370, 1999.
・Theoretical study of the exchange force between magnetic Fe films; feasibility of exchange force microscopy, Jpn. J. Appl. Phys. 37, 6575-6579, 1998.
・First-principles calculation of the exchange interaction and the exchange force between magnetic Fe films, Phys. Rev. B56, 3218-3221, 1997. 


更新日 2007-07-30 
教員紹介の掲載内容の更新はこちらから(学内のみ)


三重大学教員紹介の内容について無断転用を禁じます