教員紹介トップページへ

三重大学トップページへ

三重大学教員紹介

教員情報

職名
教授
氏名
はらだやすし
原田 泰志
生年月
1959
所属
部局
生物資源学研究科
学科・専攻
生物圏生命科学専攻
講座
海洋生物科学
教育研究分野
海洋個体群動態学
TEL
059-231-9546
FAX
059-231-9540
E-mail
harada@bio. (末尾に mie-u.ac.jp を補ってください)
個人のホームページ
 
学歴
1982 京都大学理学部
1990 京都大学大学院理学研究科 博士 修了
学位
1990.3 理学博士 京都大学
所属学会
日本水産学会 日本生態学会 個体群生態学会 American Fisheries Society
社会活動
三重海区漁業調整委員、三重県水産業振興対策審議会委員、他
職歴
1990.2 東京水産大学水産学部助手 1993.1 三重大学生物資源学部助教授
学術(芸術)賞
1995.4 日本水産学会賞奨励賞
専門分野
水産資源学 数理生態学
現在の研究課題
水産生物の管理と生態に関する研究 
担当科目
海洋個体群動態学 海洋個体群解析学 海洋個体群動態学実習 海洋個体群動態学特論 生態学他
主な業績等
〔著書〕川と海を回遊する淡水魚(共著)東海大学出版会(1994)
〔著書〕数理生態学(共著)共立出版(1997)
〔著書〕魚から見た水環境(共著)信山社サイテック(1998)
〔著書〕淡水生物の保全生態学(共著)信山社サイテック(2000)
〔学術論文〕On the Stability of the Stook-Harvesting System Controlled by a Feedback Management Procedure. (共著) Researches on Population Ecology 34:185-201 (1992)
〔学術論文〕Genetic Difference between the Wild and the Releasrd Individuals and the Resource Enhancement Effect of Stocking:A Theoretical Analysis. Nippon Suisan Gakkaishi 58:2296-2275 (1992)
〔学術論文〕水産生物の管理と生態の数理学的研究 日本水産学会誌 61:477-480 (1995)
〔学術論文〕Does the Trade-Off between Growth and Reproduction Select for Female-Biased Sexual Allocation in Cosexual Plants?(共著) Evolution 52:1204-1207 (1998)
〔学術論文〕Genetic Risk of Domestication in Artificial Fish Stocking and Its Possible Reduction. (共著) Researches on Population Ecology 40:311-324 (1998)
〔学術論文〕Theoretical Analysis of Introgression between Released Fish and Wild Fish Populations Considering Sex Differences.(共著)Fisheries Science 66:686-694(2000)
〔学術論文〕Why do large mothers produce large offspring?: theory and a test.(共著),American Naturalist 157:348-359, (2001)
〔学術論文〕Sink-limitation and the size-number trade-off of organs: production of organs using a fixed amount of reserves.(共著)Evolution 55:467-476, (2001)
〔学術論文〕Genetic risk involved in mass release of a fish having environmental sex determination.(共著)Population Ecolgy 44: 7-15 (2002)
〔著書〕水生動物の卵サイズ(共著)海游社(2001)
〔著書〕水産動物の性と行動生態(共著)恒星社厚生閣(2003)
〔学術論文〕野生集団への遺伝的影響の小さい種苗生産・放流方策の数理的研究. 水産育種, 27: 15-31.
〔学術論文〕東シナ海の着底トロール調査における漁獲物の昼夜差について、日本水産学会誌. 71 (2005) pp.44-53
(著書〕「変動に対して頑健な管理方策」、レジームシフトと水産資源管理(共著)所収、恒星社厚生閣(2005)
〔学術論文〕Genetic drift in a hatchery, and the maintenance of genetic diversity in hatchery-wild systems. Fisheries Sci., 69: 101-109.(2003)


更新日 2013-06-11
教員紹介の掲載内容の更新はこちらから(学内のみ)


三重大学教員紹介の内容について無断転用を禁じます