教員紹介トップページへ

三重大学トップページへ

三重大学教員紹介

教員情報

職名
教授
氏名
はたなかしげみつ
畑中 重光
生年月
1954.12
所属
部局
工学研究科
学科・専攻
建築学専攻
講座
建築マネジメント
教育研究分野
コンクリート,鉄筋コンクリート
TEL
059-231-9449
FAX
059-231-9452
E-mail
hatanaka@arch. (末尾に mie-u.ac.jp を補ってください)
個人のホームページ
 
学歴
1978 名古屋大学
1984 名古屋大学大学院 博士 修了
学位
1984.03 工学博士 名古屋大学
所属学会
日本建築学会 土木学会 日本建築仕上学会 地域安全学会 コンクリート工学協会 アジアコンクリートモデルコード国際委員会 日本イコモス国内委員会
社会活動
国土交通省 中部地方整備局,総合評価審査委員会三重県地域部会委員
国土交通省 中部地方整備局,防災意識改革と防災教育の推進に関する検討会委員

三重県,三重県リサイクル製品認定委員会
三重県,三重県産業廃棄物の適正な処理の推進に関する条例並びに廃棄物の処理 及び清掃に関する法律に規定する専門委員
三重県,三重県防災会議専門部会委員
三重県,三重県防災会議被害想定調査委員会委員
三重県環境森林部,三重県生活環境の保全に関する条例第95条に規定する専門委員
三重県教育委員会,実践的防災教育総合支援事業推進委員会委員
三重県生コンクリート工業組合,品質管理監査会議議長
三重県農水商工部,みえ新産業創出促進調達事前審査会 審査員 専門員
三重県農水商工部,三重県産業廃棄物抑制等事業予備審査委員会委員
三重県防災危機管理部,平成23年度「みえの防災大賞」選考委員会委員
みえ企業等防災ネットワーク副代表
三重県地震被害想定リスクワーキング委員会委員(応用地質株式会社・株式会社三菱総合研究所共同企業体)
津市,津市防災会議委員

財団法人 日本建築防災協会,既存鉄筋コンクリート造建築物の耐震診断基準改訂原案作成委員会
財団法人 日本建築総合試験所,コンクリート材料性能評価委員会委員
財団法人 日本建築総合試験所,生産技術証明委員会委員
社団法人 建築・設備維持保全推進協会(BELCA),愛知県耐震改修評定委員会委員
社団法人 建築・設備維持保全推進協会(BELCA),中部地区耐震診断等評価委員会
社団法人 三重県建設資材試験センター,技術委員会委員長
社団法人 三重県建築事務所協会,耐震診断判定委員会委員

中部電力株式会社,コンクリートの高経年化評価に関する研究委員会
鳥羽志勢広域連合,鳥羽志勢クリーンセンターにおけるコンクリートひび割れ検討専門委員
特定非営利活動法人 コンクリート技術支援機構ASCoT,耐震性能評定委員会委員
株式会社確認サービス,材料性能評価委員会委員
公益財団法人 三重県建設技術センター,指定構造計算適合性判定機関専門家委員会委員

名古屋大学減災連携研究センター,名古屋大学減災連携研究センター社会連携推進会議委員
職歴
1986.06~1987.06 名古屋大学工学部 助手
1987.07~1989.03 三重大学工学部 講師
1989.04~1997.10 三重大学工学部 助教授
1997.10~ 三重大学工学部 教授
2003.04~2004.03 三重大学 学長補佐(併任)
2004~2009.03 三重大学 災害対策プロジェクト室長(併任)
2005.09~2009.03 三重大学 学長補佐(併任) 評価企画室長
2009.04~2011.03 三重大学 副学長(併任) 防災・評価担当
2009.04~2013.03 三重大学 自然災害対策室長(併任)
2009.04~ 三重大学 さきもり塾塾長(併任)
2010.04~2012.03 三重大学 防火防災管理者(併任)
2011.04~ 三重大学 学長補佐(併任) 防災担当
2013.04~ 三重大学 防災・減災研究センター長(併任)
2013.04~ 三重大学 工学研究科長補佐(併任)
学術(芸術)賞
1988日本建築学会東海賞(論文賞) 
1993シンガポールコンクリート協会賞(論文賞)
1995日本コンクリート工学協会賞(論文賞)
2000日本建築仕上学会奨励賞(論文賞)
2003日本建築仕上学会賞(論文賞)
2005日本コンクリート工学協会賞(論文賞)
2005日本建築学会賞(論文賞)
2008セメント協会賞(論文賞)
2009日本コンクリート工学協会賞(技術賞)
2010日本コンクリート工学協会賞(功労賞)
専門分野
コンクリート材料・構造工学 建築耐震・耐久工学 地震防災工学
現在の研究課題
コンクリートおよび鉄筋コンクリート構造に関連する一連の研究、ならびに地震防災、環境保全、歴史建築保存工学に関する研究
担当科目
さきもり特別研究 建築・技術・人間 建築英語Ⅰ 建築英語Ⅱ 建築学総論 建築学特別研究Ⅰ 建築学特別研究Ⅱ 建築学特別研究Ⅲ 建築学特別研究Ⅳ 建築企画設計 建築構造材料工学演習 建築構造材料工学特論 構造システム設計学特論 国際会議発表演習 先端技術特論Ⅱ 卒業研究 地域防災学総論Ⅰ 鉄筋コンクリ-ト構造 論文発表演習
主な業績等
(1)最近の主な論文
1)Effect of Clogging on Permeability of Single and Double Layered Porous Concrete 共著 2009.07 Proceedings of the Japan Concrete Institute 社団法人日本コンクリート工学協会 31 1 1735-1740

2)Effect of Combined Binder Additives on Improvement of Adobe Brick Characteristics 共著 2009.07 Proceedings of the Japan Concrete Institute 社団法人日本コンクリート工学協会 31 1 823-828

3)回転粘度計を用いたフレッシュモルタルのせん断変形時における間隙水圧の変化に関する実験的研究 共著 2009.07 コンクリート工学年次論文集 社団法人日本コンクリート工学協会 31 1 1399-1404

4)直列モデルを用いたポーラスコンクリートの熱膨張特性に関する研究 共著 2009.07 コンクリート工学年次論文集 社団法人日本コンクリート工学協会 31 1 1729-1734

5)Experimental Study on Durability of Vacuum - Dewatered Concrete 共著 2009.08 4th International Conference on Construction Materials JCI,JSCE,CSCE 793-798

6)Optimization of Adobe General Characteristics 共著 2009.08 4th International Conference on Construction Materials JCI,JSCE,CSCE 1055-1062

7)RC建物の耐震改修における新工法の分類 日本建築防災協会技術評価を受けた工法 共著 2009.08 日本建築学会大会学術講演梗概集 社団法人日本建築学会 B-1 723-724

8)Study on Clogging and Permeability of Porous Concrete 共著 2009.08 4th International Conference on Construction Materials JCI,JSCE,CSCE 269-274

9)意匠性および施工性を考慮した複層ポーラスコンクリート歩道施工実験 共著 2009.10 建設機械 日本工業出版 45 10 46-51

10)Effects of binder strength and aggregate size on the compressive strength and void ratio of porous concrete 共著 2009.12 International journal of Minerals, Metallurgy and Materials ELSEVIER 16 6 714-719

12)Study on mechanism of strength distribution development in vacuum-dewatered concrete based on the consolidation theory 共著 2010.01 Materials and Structures(online) RILEM

13)ポーラスコンクリートの乾燥収縮特性とその予測式に関する研究 共著 2010.01 日本建築学会構造系論文集 社団法人日本建築学会 75 647 25-31

14)回転粘度計を用いたフレッシュモルタルのダイラタンシー特性の評価手法に関する基礎的研究 共著 2010.01 日本建築学会構造系論文集 社団法人日本建築学会 74 640 981-986

15)煉瓦目地のせん断試験方法および破壊基準に関する実験的研究 共著 2010.01 日本建築学会構造系論文集 社団法人日本建築学会 74 641 1225-1232

16)供試体の高さ/直径比がポーラスコンクリートの圧縮強度に及ぼす影響 共著 2010.04 日本建築学会構造系論文集 75 695-699

17)床コンクリートに対する改良型真空脱水工法の品質改善効果と実施工上の留意点 共著 2010.04 セメントコンクリート 26-32

18)ポーラスコンクリートの実施工における敷均しおよび仕上げ方法が空隙率に与える影響 共著 2010.06 コンクリート工学年次論文集 32 1397-1401

19)大規模自然災害に備える防災・減災活動推進のための人材育成プロジェクトの実践--三重大学「美(うま)し国おこし・三重さきもり塾」 共著 2011.01 都市住宅学 72 18-23

20)ポーラスコンクリートの乾燥収縮特性とその幾何学モデルに関する研究 共著 2011.07 日本建築学会構造系論文集 76 1205-1212

21)高含浸性強化剤塗布によるコンクリートの塩化物イオン存在下での耐凍害性の改善効果に関する実験的研究 共著 2012.07 コンクリート工学年次論文集 34(1) 910-915

22)低強度コンクリートが使用された片側腰壁・たれ壁付きRC 柱の破壊性状に関する実験的研究 共著 2012.07 コンクリート工学年次論文集 34(2) 883-894

23)低強度コンクリートが使用された片側袖壁付きRC 柱の破壊性状に関する実験的研究 共著 2012.07 コンクリート工学年次論文集 34(2) 889-894

24)有効応力に基づくフレッシュモルタルの粘塑性流動モデルの構築に関する実験的研究 共著 2012.07 コンクリート工学年次論文集 34(1) 1222-1227

25)煉瓦の圧縮強度の異方性とその発生メカニズムに関する基礎的研究 共著 2012.07 日本建築学会構造系論文集 77(677) 1021-1028

26)文化財(煉瓦建造物)の保存技術への挑戦 共著 2013.01 コンクリート工学 51(1) 132-136

--------------
(主な著書など)
1)建築材料―その選択から施工まで―(共著)理工図書(1989)

2)最新コンクリート技術(共著)森北出版(1990)

3)コンクリート構造物の補修・改修工法(共著)コンクリート検査補修研究会(1993)

4)コンクリート便覧(共著)技報堂出版(1996)

5)コンクリート総覧(共著)技術書院(1998)

6)地震と建築防災工学(共著)理工図書(2000)
7)“自主防災リーダーハンドブック”三重県、115p.(2005年3月)(監修)畑中重光、浅野聡、他

8)“三重県地域防災計画被害想定調査報書”(2005年3月)(監修)河田恵昭、今井正次、畑中重光、他

9)“コンクリート技術の要点”コンクリート工学協会、439p.(2005年9月)(共著・編集幹事)畑中重光:第2章 コンクリートの性質(pp.49-72),第8章 コンクリート構造の設計(pp.255-288),付録練習問題(pp.399-439)

10)Asian Concrete Model Code 共著 2006 ICCMC

11)建築材料用教材 共著 2006.03 日本建築学会

12)鉄筋コンクリート造建築物の品質管理および維持管理のための試験方法 共著 2007.03 日本建築学会

13)建築・土木分野に於ける歴史的構造物の診断・修復研究委員会報告書 共著 2007.06 日本コンクリート工学協会

14)四日市学講義 共著 2007.07 風媒社

15)エコセメントを使用するコンクリートの調合設計・施工指針・同解説 共著 2007.10 日本建築学会

16)コンクリート工学ハンドブック 共著 2009 朝倉書店

17)鉄筋コンクリート構造-理論と設計-第3版 共著 2009.03 森北出版

18)建築材料を学ぶ-その選択から施工まで 共著 2009.04 理工図書

19)コンクリートの非破壊試験 共著 2010.03 技報堂出版

20)やさしい構造材料実験 共著 2010.04 森北出版

21)平成20年度シーズ発掘試験研究成果報告書 共著
平成20年度タイ国アユタヤ遺跡保存実験成果報告書

22)平成20年度建設技術開発助成制度成果報告書
構造物の表層強度分布測定装置および含浸強化剤の開発研究報告書

23)平成24年度建設技術開発助成制度成果報告書
都市水害の減災に資するダブルレイヤ貯水・排水システムの開発報告書




更新日 2013-07-06
教員紹介の掲載内容の更新はこちらから(学内のみ)


三重大学教員紹介の内容について無断転用を禁じます