教員紹介トップページへ

三重大学トップページへ

三重大学教員紹介

教員情報

職名
教授
氏名
ながい ひさや
永井 久也
生年月
1964.02
所属
部局
工学研究科
学科・専攻
建築学専攻
講座
建築デザイン
教育研究分野
建築環境工学
TEL
059-231-9444
FAX
059-231-9452
E-mail
nagai@arch. (末尾に mie-u.ac.jp を補ってください)
個人のホームページ
学歴
神戸大学工学部 学士課程 (~1987年)
学位
1996.03 博士(工学) 神戸大学
所属学会
日本建築学会 空気調和・衛生工学会
社会活動
財団法人日本建築総合試験所,建築防災計画評定委員会委員
日本ERI株式会社,認定機関,住宅型式性能認定機関及び試験機関等に係わる委員会委員
職歴
1987.04~1996.03 株式会社鴻池組本社技術研究所 研究・開発 研究員
1996.04~2001.03 名古屋大学大学院工学研究科 研究・教育 助手
2001.04~2002.03 名古屋大学大学院環境学研究科 研究教育 助教授
2002.04~2007.03 三重大学工学部 研究教育 助教授
2007.04~2011.03 三重大学大学院工学研究科 研究教育 准教授
2011.04~ 三重大学大学院工学研究科 研究教育 教授
学術(芸術)賞
空気調和衛生工学会功績賞(2009)
専門分野
建築環境工学
現在の研究課題
地下構造物の熱負荷算定手法に関する研究
戸建住宅の熱性能簡易評価手法に関する研究
蓄熱井戸型土壌熱源ヒートポンプに関する研究
集合住宅共用部の電力需要実態とその予測手法に関する研究
担当科目
建築英語Ⅰ 建築英語Ⅱ 建築学総論 建築学特別研究Ⅰ~Ⅳ 建築環境計測技術特論 建築環境工学Ⅰ 建築環境工学Ⅱ 建築都市環境工学演習 入門数学演習 熱環境解析学演習 熱環境解析学特論 室内環境制御学特論 建築環境設計工学特論 建築設備システム工学特論 
主な業績等
[学術論文] 
1.An Analysis of Moisture Variation in Building Wall by Quasilinearized Equations of Nonlinear Simultaneous Heat and Moisture Transfer Equations(共著)Proc.of The International Meeting of CIBa W-40 Int.Meeting Ⅷ:1-15 (1987)
2.長期蓄熱媒体としての地盤利用に関する研究(その1),密閉型蓄熱井戸による年周蓄熱実験(共著)日本建築学会計画系論文集 No.464: 31-38 (1994)
3.A Study on Earth Ground Heat Storage,Numerical Analyses of Ground Water Flow(共著)Proc. of Pan Pacific Symposium on Building and Urban Environmental Conditioning in Asia Vol.1:125-134 (1995)
4.長期蓄熱媒体としての地盤利用に関する研究(その2),密閉型蓄熱井戸およびその周辺地盤の熱水分性状解析(共著)日本建築学会計画系論文集 No.470: 37-44 (1995)
5.An Analysis of the Earth Ground Heat Storage Process,The Effects of Ground Water Flow(共著)Proc. of International Symposium on Moisture Problems in Building Wall Porto Portugal:492-501 (1995)
6.密閉型蓄熱井戸による年周蓄熱実験とその解析(共著)日本建築学会第26回熱シンポジウム「湿気の応用的諸問題」:151-160(1996)
7.長期蓄熱媒体としての地盤利用に関する研究(その3),地盤蓄熱性状への地下水流の影響について(共著)日本建築学会計画系論文集 No.493:39-45(1997)
8.An analysis of the thermal behavior of the ground for annual ground heat storage(共著)Proc. of 7th International Conference on Thermal Energy Storage Sapporo Japan Vol.1: 25-30 (1997)
9.An Analysis of Heat and Moisture Behavior in Underground Space by Quasilinearized Method(共著) Proc. of Heat and Moisture Transfer in Buildings The International Meeting of CIB W-40 in Kyoto:313-328 (1997)
10.床下ピットを用いた空調外気負荷低減システムに関する研究(共著)日本建築学会技術報告集 第6号:121-126(1998)
11.An Analysis of Fresh-Air Load Reduction System by Using Underground Double Floor Space for Air Conditioning(共著) Proc. of Building Simulation 99 Kyoto Japan Vol.Ⅱ:917-924(1999)
12.大規模空間を有する建築物の煙流動性状に関する研究(その1),高層ボイド型建築空間での実物大模擬火災実験(共著)日本建築学会計画系論文集 No.523:45-51 (1999)
13.Prediction performance of a floor heating system using buried electric heating panels(共著)Proc. of The 3rd International Symposium on Heatig, Ventilation and Air Conditioning (IHVAC99) Vol.1: 347-358(1999)
14.大規模空間を有する建築物の煙流動性状に関する研究(その2),高層ボイド型建築空間火災の数値シミュレーション(共著)日本建築学会技術報告集 第10号:143-148(2000)
15.A Study on District Heat Supply System Using Underground Water Tank for Thermal Storage (共著)Proc. of 8th International Conference on Thermal Energy Storage“TERRASTOCK 2000” Vol.1:479-484 (2000)
16.Study on Heat Supply System Using Underground Water Tank for thermal Storage(共著)ASHRAE Transactions No.107-2: 593-599 (2001)
17.2つの環境条件下における生物的要因が木材の物理的性能に与える影響ー主に断熱壁体の内部温湿度環境と湿害の観点から(共著)日本建築学会第31回熱シンポジウム「湿気研究の新たなる進展」:41-46(2001)
18.Indoor Thermal Modification of a Ventilated Courtyard House in the Tropics (共著)Journal of Asian Architecture and Building Engineering No.1:87-94 (2002)
19.Indoor airflow behavior and thermal comfort in a courtyard house in warm humid tropics (共著)Proc. of 9th International Conference on Indoor Air Climate ”Indoor Air 2002” Vol.5:1072-1077(2002)
20.A tropical courtyard building as an upwind air funnel, A computational analysis(共著)Proc. of International Conference on Passive and Low Energy Architecture (PLEA2002) Tome2:631-636 (2002)
21.土壌熱容量を用いた空調外気負荷低減システムに関する研究(共著)空気調和・衛生工学会論文集 No.87:69-77 (2002)
22.基礎断熱住宅の基礎部からの熱損失の定量評価(共著)日本建築学会計画系論文集 No.567:37-42 (2003)
23.A ventilated couryard as a passive cooling strategy in warm humid tropics(共著) Journal of Renewable Energy Vol.28,Issue11:1755-1778 (2003)
24.戸建住宅熱性能の簡易検証の立場から(共著)日本建築学会第33回熱シンポジウム「熱負荷シミュレーションによる環境設計と性能検証」:49-54(2003)
25.Reducing Effect of Fresh Air Latent Heat Load in Air to Earth Heat Exchange using Underground Double Floor Space(共著)Journal of Asian Architecture and Building Engineering Vol.3,No.2 :29-34(2004)
26.Development on Damage Fnction of Wood Decay for Building Envelope Design(共著)The International Research Group on Wood Protection Section1 Biology IRG/WP05-10556 (2005)
27.断熱壁体の木材のダメージファンクション開発にむけて-主に断熱壁体の湿害防止の観点から-(共著)日本建築学会第35回熱シンポジウム「湿気研究の実用的展開」:41-44(2005)
28.Study on the Heat Load Characteristics of Underground Structures Part 1. Field Experiment on an Underground Structure under an Internal Heat Generation Condition(共著)Journal of Asian Architecture and Building Engineering Vol.5, No.2:421-428 (2006)
29.Study on the Heat Load Characteristics of Underground Structures Part 2.Computational Analysis of the Heat/Moisture Behavior and Heat Load of Underground Structures(共著)Journal of Asian Architecture and Building Engineering Vol.6, No.1:189-196 (2007)
30.戸建住宅の簡易熱性能検証手法(共著)日本建築学会第37回熱シンポジウム「建築と都市に求める熱性能」:57-64(2007)
31.定常条件下における各種木材の含水率と腐朽の関係,木質系建築材料における腐朽現象の定量化とダメージの数学的予測モデルに関する研究(第1報)(共著)日本建築学会環境系論文集 第627号:591-597(2008)
32.非定常条件下における各種木材の含水率と腐朽の関係,木質系建築材料における腐朽現象の定量化とダメージの数学的予測モデルに関する研究(第2報)(共著)日本建築学会環境系論文集 第638号:457-463(2009)
33.各種外界条件の年平均値近傍での地下構造物熱負荷の線形近似予測手法,地下構造物の簡易非定常熱負荷計算手法に関する研究(第1報)(共著)日本建築学会環境系論文集 第640号:685-691(2009)
34.外界条件の任意時間変動下での地下構造物熱負荷の線形近似予測手法地下構造物の簡易非定常熱負荷計算手法に関する研究(第2報)(共著)日本建築学会環境系論文集 第645号:1229-1235(2009)
35.熱水分同時移動モデルによる暖房時地下室の温湿度シミュレーション(単著),日本建築学会第39回熱シンポジウム「熱環境シミュレーションの拡がり」:57-64(2009)
36.集合住宅共用部の電力需要実態に関する研究(共著)日本建築学会環境系論文集 第669号:1017-1023(2011)
37.A Study on Simple Calculation Method of Heat Load a Using Linear Approximation Indicial Response in Underground Structures(共著)International Building Physics Conference(IBPC2012):271-276(2012)
38.A study of the evaporative cooling effect of porous pavements(共著)International Building Physics Conference(IBPC2012):1185-1190(2012)
39.集合住宅共用部の各種設備のエネルギー消費実態に関する研究(共著)日本建築学会技術報告集 第19巻第41号:213-218(2013)
40.A Study on Simple Prediction Method of Heat Load, A Using Linear Approximation Indicial Response in Basements(共著)Journal of Civil Engineering and Architecture Volume7 Number4:379-387 (2013)
[著書]
1.建築・設備の省エネルギー技術指針 住宅編(共著),空気調和・衛生工学会(2009) 


更新日 2013-07-17
教員紹介の掲載内容の更新はこちらから(学内のみ)


三重大学教員紹介の内容について無断転用を禁じます