教員紹介トップページへ

三重大学トップページへ

三重大学教員紹介

教員情報

職名
教授
氏名
おくむらかつずみ
奥村 克純
生年月
1956.07
所属
部局
生物資源学研究科
学科・専攻
生物圏生命科学専攻
講座
生命機能科学
教育研究分野
分子細胞生物学
TEL
 
FAX
 
E-mail
katsu@bio. (末尾に mie-u.ac.jp を補ってください)
個人のホームページ
学歴
京都大学農学部食品工学科 学士課程 (~1980年)
京都大学大学院農学研究科食品工学専攻 博士課程・博士後期課程 (~1985年) 卒業・修了
学位
1985.11 農学博士 京都大学
所属学会
日本農芸化学会 日本生化学会 酵素工学研究会 日本分子生物学会 日本人類遺伝学会 日本動物細胞工学会 日本細胞生物学会 日本エピジェネティクス研究会
社会活動
社団法人日本農芸化学会,和文誌編集委員会委員
地域イノベーション学会理事
東海学園大学非常勤講師
独立行政法人科学技術振興機構 産学官イノベーション創出拠点推進部
独立行政法人新エネルギー・産業技術総合開発機構
独立行政法人新エネルギー・産業技術総合開発機構,テーマ公募型事業申請書の書面審査・ピュアレビュア
独立行政法人農業・食品産業技術総合研究機構 野菜茶業研究所
独立行政法人農業・食品産業技術総合研究機構 野菜茶業研究所,平成23年度野菜茶業研究所運営委員
職歴
1985.04~1992.07 三重大学 教育職 助手
1990.02~1991.08 米国イェール大学 研究 客員助教授
1992.08~2004.03 三重大学 教育職 助教授
1994.04~1997.03 総合研究大学院大学国立遺伝学研究所 教育・研究職 客員助教授
1996.03~1996.09 連合王国ベイブラハム研究所他 研究職 文部省短期在外研究員
2004.04~ 三重大学 教育職 教授
2007.04~2009.03 三重大学理事・副学長(研究担当)
学術(芸術)賞
1996.3 農芸化学奨励賞 日本農芸化学会
専門分野
分子細胞生物学 応用生命科学 ゲノム生物学
現在の研究課題
脂肪組織由来幹細胞の分化に伴う核内染色体・クロマチン動態 動物細胞核内複製・転写時の高次クロマチンダイナミクス 哺乳類の発生・分化過程における染色体構築原理の解明
担当科目
(総)D遺伝子工学と社会 (総)F食物と健康 Dくらしとバイオテクノロジー ゲノム機能解析学 基礎科学特論 酵素化学 植物バイオサイエンス特論 生化学Ⅰ 生化学Ⅱ 生化学実験 生物化学 生物圏フィールドサイエンス実習 生物圏生命科学概論 生命機能化学実習 生命機能科学英語 生命機能科学特別研究 生命機能科学特論 分子遺伝学 分子細胞生物学演習 分子細胞生物学特論
主な業績等
・染色体複製と高次エピゲノム 単著 2012.07 細胞工学 秀潤社 31 8 909-916
・核マトリックスとゲノムダイナミクス 単著 2011.10 生体の科学 62 5 400-401
・核内ゲノムダイナミクスの可視化 単著 2011.10 生体の科学 62 5 500-501
・The histone chaperone facilitates chromatin transcription (FACT) protein maintains normal replication fork rates. 共著 2011.09 J. Biol. Chem. 286 35 30504-30512
・Cell cycle-dependent accumulation of histone H3.3 and euchromatic histone modifications in pericentromeric heterochromatin in response to a decrease in DNA methylation levels 共著 2010.10 Exp. Cell Res. 316 17 2731-2746
・Adipocyte-derived microvesicles contain RNA that is transported into macrophages and might be secreted into blood circulation 共著 2010.08 . Biochem. Biophys. Res. Commun 398 4 723-729
・Diagnosis and discrimination of autoimmune Graves’ disease and Hashimoto’s disease using thyroid-stimulating hormone receptor-containing recombinant proteoliposomes 共著 2009.12 J. Biosci. Bioeng. 108 6 551-556
・Demonstration and characterization of the heterodimerization of ZnT5 and ZnT6 in the early secretory pathway 共著 2009.11 J. Biol. Chem. 284 45 30798-30806
・Cyclin A-Cdk1 regulates the origin firing program in mammalian cells 共著 2009.03 Proc. Natl. Acad. Sci.,U.S.A. 106 9 3184-3189
・PARP-1 ensures regulation of replication fork progression by homologous recombination on damaged DNA 共著 2008.12 J. Cell Biol. 183 7 1203-1212 この号の表紙に写真掲載
・Development of a novel preparation method of recombinant proteoliposomes using baculovirus gene expression systems 共著 2008.12 J. Biochem. 144 6 763-770
・Hyper-Phosphorylated Retinoblastoma Protein Suppresses Telomere Elongation 共著 2008.02 Biosci. Biotechnol. Biochem. 72 2 630-635
・Non-denaturing fluorescence in situ hybridization to find replication origins in a specific genome region on the DNA fiber 共著 2007.02 Biosci. Biotechnol. Biochem. 71 (2) 627-632
・Functional characterization of a mammalian transcription factor, Elongin A 共著 2007.01 Biochem. Biophys. Res. Commun. 352 (1) 237-243
・Two-step regulation of Ad4BP/SF-1 gene transcription during fetal adrenal development; initiation by a Hox-Pbx1-Prep1 complex and maintenance via autoregulation by Ad4BP/SF-1 共著 2006.06 Mol. Cell. Biol. 26 (11) 4111-4121
・Imprinting disruption of the CDKN1C/KCNQ1OT1 domain: the molecular mechanisms causing Beckwith-Wiedemann syndrome and cancer 共著 2006.01 Cytogenet. Genome Res. 113 1-4 306-312
・Applying whole-genome studies of epigenetic regulation to study human disease 共著 2006.01 Cytogenet. Genome Res. 114 1 1-15
・Characterization of a novel human sperm-associated antigen 9 (SPAG9) having structural homology with c-Jun N-terminal kinase-interacting protein 共著 2005.07 Biochem. J. 389 Pt 1 73-82
・Structure and evolution of the mouse pregnancy-specific glycoprotein (Psg) gene locus 共著 2005.03 BMC Genomics The Open Access Publisher 6 4
・A Novel Isoform of Vinexin, Vinexin gamma, Regulates Sox9 Gene Expression through Activation of MAPK Cascade in Mouse Fetal Gonad 共著 2005.05 Genes to Cells Blackwell Publishing 10 5 421-434
・Regulation of Replication Fork Progression at the R/G Chromosomal Band Boundary and Pericentromeric Heterochromatin in Mammalian Cells 共著 2005.03 Experimental Cell Research Elsevier 304 1 162-174
・Zinc transporters, ZnT5 and ZnT7, are required for the activation of alkaline phosphatases, zinc-requiring enzymes that are GPI-anchored to cytoplasmic membrane 共著 2005.01 Journal of Biological Chemistry 280 1 637-643
・Paternal Imprints Can be Established on the Maternal Igf2-H19 Locus without Altering Replication Timing of DNA 共著 2003.12 Human Molecular Genetics Oxford University Press 12 23 3123-3132
・核内クロマチン構造と複製・転写のダイナミクス 単著 2005.03 生化学 学会誌刊行センター 77 3 191-199
・A 210-kb segment of tandem repeats and retroelements located between imprinted subdomains of mouse distal chromosome 7. 共著 2004.10 DNA Research Universal Academy Press, Inc. 11 5 325-334
・クロマチン・染色体実験プロトコール 共著 2004.08 羊土社
・目で見る複製・転写のダイナミクス 単著 2003.09 化学と生物 学会出版センター 41 9 511-517
・クロマチン構造とDNA複製 単著 2003.06 生体の科学 医学書院 54 3 185-191


更新日 2012-07-17
教員紹介の掲載内容の更新はこちらから(学内のみ)


三重大学教員紹介の内容について無断転用を禁じます