教員紹介トップページへ

三重大学トップページへ

三重大学教員紹介

教員情報

職名
教授
氏名
こばやしいっせい
小林 一成
生年月
1960.12
所属
部局
地域イノベーション推進機構
学科・専攻
先端科学研究支援センター
講座
植物機能ゲノミクス部門
教育研究分野
 
TEL
 
FAX
 
E-mail
issei@gene. (末尾に mie-u.ac.jp を補ってください)
個人のホームページ
 
学歴
1983 三重大学農学部
1988 名古屋大学大学院医学研究科 博士 満了
学位
1991.3 学術博士 岡山大学
所属学会
日本植物生理学会 日本植物病理学会 American Society of Plant Physiologist
社会活動
 
職歴
1988.4 三重大学生物資源学部助手 1992.3~1993.5 オーストラリア国立大学ポストドクトラル・フェロー 1997.10 三重大学生物資源学部講師
学術(芸術)賞
 
専門分野
植物分子細胞生物学 植物病理学
現在の研究課題
植物のストレス耐性への細胞骨格の関与 病害抵抗性植物の分子育種
担当科目
細胞生物学 基礎生物学IV 遺伝子工学特論 植物分子・細胞生物学
主な業績等
〔著書〕Molecular Aspects of Pathogenicity and Host Resistance:Requirements for Signal Transduction. (共著) APS press (1996)
The Actin Cytoskeleton in Plant Cells.(共著)Kluwer Academic Pub.(2000)
Plant Microtubules-Potential for Biofechnology(共著)Springer Verlag(2000)
〔学術論文〕Dynamic reorganization of microfilaments and microtubules is necessary for the expression of non-host resistance in barley coleoptile cells. (共著) Plant J. 11:525-537 (1997)
Actin Microfilaments are required for the expression of nonhost resistance in higher plants. Plant Cell Physiol. 38:725-733 (1997)
Inhibition of rust-induced hypersensitive response in flax cells by the microtubule inhibitor oryzalin. (共著) Aust. J. Plant Physiol. 24:733-740 (1997)
Production and characterization of monoclonal antibodies to cell wall components of the flax rust fungus. (共著) Eur. J. Plant Pathol. 104:331-346 (1998)


教員紹介の掲載内容の更新はこちらから(学内のみ)


三重大学教員紹介の内容について無断転用を禁じます