教員紹介トップページへ

三重大学トップページへ

三重大学教員紹介

教員情報

職名
准教授
氏名
おおいあつし
大井 淳史
生年月
 
所属
部局
生物資源学研究科
学科・専攻
生物圏生命科学専攻
講座
海洋生命分子化学
教育研究分野
生物物性学
TEL
 
FAX
 
E-mail
 
個人のホームページ
 
学歴
名古屋大学理学部物理学科卒業 
名古屋大学理学研究科博士後期課程中退
学位
2008.02 博士(農学) 東京大学
所属学会
日本生物物理学会 日本生化学会 日本水産学会
社会活動
 
職歴
1988.04~ 三重大学・生物資源学部 文部教官 助手
学術(芸術)賞
 
専門分野
食品物性 生物物理 タンパク質科学
現在の研究課題
 
担当科目
Science English I フィールドサイエンスセンター体験演習 化学実験 循環生物工学演習 情報科学演習 生物化学工学実験 生物物性学演習 卒業研究
主な業績等
Partial specific volume and adiavatic compressibility of G-actin depend on the bound nucleotide. 共著 2003.04 Journal of Biochemistry 133 687-691
ミオシン加熱ゲルに対するグルコン酸塩の効果 共著 2004.11 グルコン酸の研究 2 7-19
Biochemical properties of ordinary and dark muscle myosin from carp skeletal muscle. 共著 2005 Journal of Biochemistry 
Insight into nucleotide and Ca2+ binding to carp alpha-actin 共著 2007.01 Fisheries Science 73 684-693
Mechanochemical properties of ordinary and dark myosin from seawater fish. 共著 2007.01 Fisheries Science 73 184-188
Insight into the mechanism of fast movement of myosin from Chara corallina. 共著 2007.02 Cell Motil Cytoskeleton. 64 131-142
Thermal stability of carp G-actin monitored by loss of polymerization activity using an extrinsic fluorescent probe 共著 2008.02 Fisheries Science 74 193-199
マダイミオシンの加熱ゲル形成に及ぼすグルコン酸塩の影響 共著 2010.12 日本水産学会誌 76 1066-1072
ゼリー状食品、ゾル状食品の食道通過の簡易測定方法の開発 単著


教員紹介の掲載内容の更新はこちらから(学内のみ)


三重大学教員紹介の内容について無断転用を禁じます