三重大学教員紹介

教員紹介トップページへ

三重大学トップページへ

三重大学教員紹介

教員情報

職名
教授
氏名
よしおかもとい
吉岡  基
生年月
 
所属
部局
生物資源学研究科
学科・専攻
生物圏生命科学専攻
講座
海洋生物学
教育研究分野
魚類増殖学
TEL
 
FAX
 
E-mail
 
個人のホームページ
 
学歴
東京大学農学部 卒業
東京大学大学院農学系研究科 博士 修了
学位
1991.03 農学博士 東京大学
所属学会
日本水産学会
日本哺乳類学会
日本セトロジー研究会
The Society for Marine Mammlogy
社会活動
太地町立くじらの博物館学術顧問
瀬戸内海西方海域スナメリ協議会顧問
日本水産学会中部支部会幹事
日本鯨類研究所非常勤理事
名古屋大学大学院生命農学研究科非常勤講師
国際海洋生物研究所(鴨川シーワールド)客員研究員
職歴
1994.05~2006.03 三重大学生物資源学部 助教授
2006.04~2006.09 三重大学大学院生物資源学研究科 助教授
2006.10~2013.03 三重大学大学院生物資源学研究科 教授
2013.04~2015.03 三重大学理事(研究・情報担当)・副学長
2015.04~2017.03 三重大学大学院生物資源学研究科 教授,三重大学副学長(研究担当)
学術(芸術)賞
社団法人日本動物園水族館協会古賀賞
社団法人日本水産学会奨励賞,社団法人日本水産学会
専門分野
海産哺乳動物学
鯨類学
繁殖生理学
現在の研究課題
魚類の繁殖生理に関する研究
鯨類の繁殖生理・生態に関する研究
担当科目
生理学
水族繁殖学(学部)
水族繁殖学(大学院)
魚類種苗生産学実習
魚類種苗生産学特論
魚類増殖学演習
教育実践演習
海洋生物科学概論
海洋生物科学演習Ⅰ
主な業績等
●The occurrence and identification of individual Indo-Pacific bottlenose dolphins Tursiops aduncus in the waters around Amami Oshima Island, southern Japan: a preliminary report. Mammal Study,41(3):163-169 (2016).
●北海道東部海域におけるシャチの分布と生息環境.知床博物館研究告,39:1-12(2017).
●Seasonal changes in gonadal steroid levels and photoperiodic synchronization of circannual reproductive cycles in captive finless porpoises Neophocaena phocaenoides. Journal of Reproduction and Development, 64: 145-152(2018).
●ミナミハンドウイルカの母親は仔どもの年齢に応じて近接する個体の選択を変えているか.Mikurensis みくらしまのの科学,7:19-29(2018).
●庄内川において堰堤がアユの遡上に与える影響.水産増殖(2018,印刷中).
●Long-term monitoring of circulating progesterone and its relationship to peripheral white blood cells in female false killer whales Pseudorca crassidens. Journal of Veterinary Medical Science,80(9) (2018; in press).
●Plasma metabolomic analysis in mature female common bottlenose dolphins: profiling the characteristics of metabolites after overnight fasting by comparison with data in beagle dogs. Scientific Reports (2018,in press).


教員紹介の掲載内容の更新はこちらから(学内のみ)


三重大学教員紹介の内容について無断転用を禁じます