教員紹介トップページへ

三重大学トップページへ

三重大学教員紹介

教員情報

職名
教授
氏名
いしかわあきら
石川  輝
生年月
1967.01
所属
部局
生物資源学研究科
学科・専攻
生物圏生命科学専攻
講座
海洋生物学
教育研究分野
生物海洋学
TEL
 
FAX
 
E-mail
ishikawa@bio. (末尾に mie-u.ac.jp を補ってください)
個人のホームページ
 
学歴
北海道大学水産学部水産増殖学科 学士課程 (~1990年)
東北大学大学院農学研究科水産学専攻 博士課程・博士後期課程 (~1995年) 卒業・修了
学位
1995.03 博士(農学) 東北大学
所属学会
日本プランクトン学会
日本海洋学会
日本水産学会
沿岸海洋研究部会
国際藻類学会 国際有害藻類学会
社会活動
日本プランクトン学会評議委員
日本プランクトン学会英文誌編集委員
日本プランクトン学会論文賞選考委員長
職歴
1995.05~2000.03 生物資源学部・三重大学 教官 助手
2000.04~2003.09 生物資源学部・三重大学 教官 講師
2003.10~2007.03 生物資源学部・三重大学 教官 助教授
2007.04~2014.06 三重大学大学院生物資源学研究科 教員 准教授
2014.07~ 三重大学大学院生物資源学研究科 教員 教授
学術(芸術)賞
日本海洋学会岡田賞
日本プランクトン学会奨励賞
専門分野
浮遊生物学 生物海洋学
現在の研究課題
植物プランクトンの個体群動態に関する研究
有害・有毒微細藻類の生理生態学的研究
担当科目
浮遊生物学,生物海洋解析学特論,生物海洋解析学演習,水圏基礎生産学,生物学実験、海洋植物学実験,海洋環境調査実習,生物学基礎II、海洋生物学、海洋生物科学概論,海洋生物科学演習I、生物圏生命科学概論
主な業績等
●Some cysts of the genus Scrippsiella spp. (Dinophyceae) newly found in Japanese waters. Bull. Plankton Soc. Japan, 40: 1-7 (1993)
●The role of cysts on population dynamics of Scrippsiella spp. (Dinophyceae) in Oangawa Bay, northeast Japan. Mar. Biol., 119: 39-44 (1994)
●A sampling device to measure in situ germination rates of dinoflagellate cysts in surface sediments. J. Plankton Res.,17: 647-651 (1995)
●Scrippsiellaの個体群動態とシストの役割. 月刊海洋, 27: 619-627 (1995)
●Contribution of benthic cysts to the population dynamics of Scrippsiella spp. (Dinophyceae) in Onagawa Bay, northeast Japan. Mar. Ecol. Prog. Ser., 140: 169-178 (1996)
●In situ germination patterns of cysts, and bloom formation of some armored dinoflagellates in Onagawa Bay, north-east Japan. J. Plankton Res., 19: 1783-1791 (1997)
●Relationships between absorption coefficient and some oceanographic parameters in the southern ocean: results of measurement with a continuous surface sea water monitoring system on board. Ocean Optics XIV SPIE, CD-ROM (1998) (共著)
●Effects of salinity on survival, and embryonic and postembryonic development of Eurytemora affinis from a freshwater lake. Plankton Biol. Ecol., 46: 113-119 (1999)
●Vegetative cell and cyst assamblages of armored dinoflagellates in Onagawa Bay,northeast Japan. Plankton Biol. Ecol. 47: 12-22 (2000)
●シスト形成有殻渦鞭毛藻の生態学的研究: 特にScrippsiellaの個体群動態について. 海の研究, 9: 315-329 (2000)
●Variation in the diatom community under fast ice near Syowa Station, Antarctica, during the austral summer of 1997/98. Polar Biosci., 14: 10-23 (2001)
●東シナ海大陸棚上に分布する珪藻類休眠期細胞のブルーム発生における潜在的重要性. 日本プランクトン学会誌, 48: 85-94 (2001)
●JARE-39, -40 「しらせ」航路に沿った夏季南大洋インド洋区における表層水中の動物プランクトン現存量. 南極資料, 45: 279-296 (2001) (共著)
●Abundance, size structure and community composition of phytoplankton in the Southern Ocean in the austral summer 1999/2000. Polar Biosci.,15 11-26 (2002)
●Phytoplankton Database for JARE 39 Cruise (1997/98). Center for Antarctic Environment Monitoring, CD-ROM, (2002) (共著)
●Phytoplankton dynamics in the East China sea in spring and summer as revealed by HPLC-derived pigment signatures. Deep-Sea Res. II, 50: 367-387 (2003) (共著)
●The role of diatom resting stages in the onset of the spring bloom in the East China Sea. Mar. Biol., 145: 633-639 (2004)
●Relationships between occurrence of toxic Dinophysis species (Dinophyceae) and small phytoplanktons in Japanese coastal waters. Harmful Algae, 4: 755-762 (2005) (共著)
●Development of the "plankton emergence trap/chamber (PET Chamber)", a new sampling device to collect in situ germinating cells from cysts of microalgae in surface sediments of coastal waters. Harmful Algae, 6: 301-307 (2007)
●伊勢湾および三河湾の海底泥表層におけるAlexandrium属シストの現存量と分布. 水産海洋研究, 71: 183-189 (2007)
●有毒有害赤潮生物のシスト発芽研究における進展と将来展望. 海洋と生物, 29: 411-417 (2007)
●英虞湾におけるサイズ別クロロフィルa濃度の季節分布. 水産海洋研究, 72: 1-13 (2008) (共著)
●植物プランクトンの生態ー生活史, 群集構造, 増殖特性の観点からー, シスト形成渦鞭毛藻類の生態戦略. 谷口 旭(監修)海洋プランクトン生態学. 15-34, 成山堂書店, 東京 (2008)
●英虞湾の底泥における中心目珪藻休眠期細胞群集のシード・ポピュレーションとしての機能性評価. 日本プランクトン学会報,56: 1-12 (2009) (共著)
●Composition and significance of picophytoplankton in Antarctic waters. Polar Biol., 32: 797-808 (2009) (共著)
●英虞湾における底生性有毒渦鞭毛藻Gambierdiscus toxicusの出現. 水産海洋研究,74: 13-19 (2010)
●鞭毛藻類の生活史とその戦略の多様性. 日本プランクトン学会報,58: 60-64 (2011)
●日本海若狭湾西部において見出された底生渦鞭毛藻Gambierdiscus属. 日本水産学会誌, 77: 685-687 (2011) (共著)
●Effects of Asian dust (KOSA) deposition event on bacterial and microalgal communities in the Pacific Ocean. Asian J. Atomos. Environ. 5: 157-163 (2011) (共著)
●Resting stage cells of diatoms in deep waters in Kumano-Nada, central part of Japan. Plankton Benthos Res. 6: 206-209 (2011)
●Newly identified resting stage cells of diatoms from sediment collected in Ago Bay, central part of Japan. Plankton Benthos Res. 7: 1-7 (2012)(共著)
●Ubiquity and quantitative significance of detoxification catabolism of chlorophyll associated with protistan herbivory. PNAS 109:17309-17724 (2012)(共著)
●Seasonal dynamics of ciliate cysts and the impact of short-term change of salinity in a eutrophic coastal marine ecosystem. Terrestrial, Atmospheric and Ocean Sciences 24: 1051-1061 (2013)(共著)
●伊勢湾海底堆積物中に観察された珪藻類休眠期細胞の種同定. 藻類、62: 79-87 (2014)(共著)
●In situ dynamics of cyst and vegetative population of the toxic dinoflagellate Alexandrium catenella in Ago Bay, central Japan. J. Plankton Res., 35: 1333-1343 (2014)
●教育関係共同利用拠点化認可への行程と拠点事業への取り組み. 三重大学大学院生物資源学研究科紀要, 41: 19-34 (2015) (共著)
●珪藻類の休眠期細胞を利用した応用科学. 遺伝,69: 421-430 (2015)(共著)
●Harmful algal blooms and climate change: Learning from the past and present to forecast the future. Harmful Algae 49: 68-93 (2015)(共著)
●アジア大陸起源の越境エアロゾルが貧栄養海域微生物に及ぼす生態学的影響の解明:太平洋沖合の海水を用いた洋上培養実験. 日本海水学会誌, 70: 28-40 (2016)(共著)
●休眠期を持つ珪藻類. 今井一郎,山口峰生,松岡數充(編)有害有毒プランクトンの科学. 272-281,恒星社厚生閣,東京(2016)(共著)
●下痢性貝毒原因渦鞭毛藻Dinophysis属の現場生態. 今井一郎,山口峰生,松岡數充(編)有害有毒プランクトンの科学. 272-281,恒星社厚生閣,東京(2016)(共著)
●Alexandrium catenellaのシストの発芽と個体群動態. 今井一郎,山口峰生,松岡數充(編)有害有毒プランクトンの科学. 290-298,恒星社厚生閣,東京(2016)
●Atmospheric aerosol deposition influences marine microbial communities in oligotrophic surface waters of the western Pacific Ocean. Deep Sea Res. I 118: 37-45 (2016) (共著)
●Germination fluctuation of toxic Alexandrium fundyense and A. pacificum cysts and the relationship with bloom occurrences in Kesennuma Bay, Japan. Harmful Algae 62: 52-59 (2017) (共著)
●三重大学練習船勢水丸で実施された海洋食文化実習の有効性の検討. 人間と環境, 43: 2-11 (2017)(共著)


教員紹介の掲載内容の更新はこちらから(学内のみ)


三重大学教員紹介の内容について無断転用を禁じます