教員紹介トップページへ

三重大学トップページへ

三重大学教員紹介

教員情報

職名
教授
氏名
かりたしゅういち
苅田 修一
生年月
1960.02
所属
部局
生物資源学研究科
学科・専攻
生物圏生命科学専攻
講座
生命機能化学
教育研究分野
食品発酵学教育研究分野
TEL
059-231-9619
FAX
059-231-9634
E-mail
karita@bio. (末尾に mie-u.ac.jp を補ってください)
個人のホームページ
学歴
1982 三重大学農学部
1984 三重大学大学院農学研究科 修士 修了
学位
1998.03 博士(学術) 三重大学
所属学会
日本農芸化学会 日本生物工学会 日本薬学会 日本畜産学会 米国微生物学会 日本分子生物学会 日本熱測定学会
社会活動
2014〜2015松阪市新エネルギー推進委員会委員
職歴
1984.4 大関(株)総合研究所 1991.7 三重大学遺伝子実験施設助手 1995.9~1995.12 パスツール研究所 1998.9~1999.9カリフォルニア大学客員研究員 2000.10 三重大学生物資源学部講師 2003.10三重大学生物資源学部助教授 2009.4三重大学地域イノベーション学研究科教授 2015.4三重大学生物資源学研究科教授
学術(芸術)賞
 
専門分野
応用微生物学 微生物遺伝学 分子生物学
現在の研究課題
植物細胞壁の生分解機構に関する研究 植物繊維分解酵素の遺伝子解析
担当科目
細胞生物学(学部1年)、教養教育化学実験(学部2年)、生命機能化学実験実習2(学部2年)、 物質循環学実験II(学部3年)、食品発酵学特論(研究科前期1年)、食品発酵学演習(研究科前期1年)
主な業績等
【著書】他5編(以下共著)2000年以降
・セルロースの事典, 朝倉書店, 東京 (2000)
・増補改訂 微生物・バイオ領域の英語表現文例集, 講談社, 東京(2004)
・Biotechnology of Lignocellulose Degradation and Biomass Utilization, Uni Publishers,Tokyo(2004)
・Cellulosome, Nova Science Publishers Inc. (2006)
・バイオマス分解酵素の最前線, CMC出版(2012)

【学術論文】他原著112報、総説及び解説13報(以下ほぼすべて共著)2011年以降

・ロールベールサイレージ発酵品質簡易推定のためのサンプリング部位の検討 日本草地学会誌 57: 91-95 (2011)
・Surface carbohydrate analysis and bioethanol production of sugarcane bagasse pretreated with the white rot fungus, Ceriporiopsis subvermispora and microwave hydrolthemolysis. Bioresource Technol 102: 9942-9946 (2011)
・糖質結合モジュールを使った植物土壌病害新規防除方法の提案 植物防疫 66: 326-331 (2012)
・A mannan binding family 32 carbohydrate-binding module influence the activity of the appended mannanase. Appl. Environ. Microbiol., 78: 4781-4787 (2012)
・バイオマス糖化における糖質結合モジュール(CBM)の特性と応用 酵素工学ニュース 68号 6-10 (2012)
・Characterization of an endo-processive type xyloglucanase having β-1,4-glucan binding module and endo-type xyloglucanase from Streptomyces avermitilis. Appl. Environ. Microbiol. 78:7939-7945 (2012)
・セルロースに結合する糖質結合モジュール Cellulose Commun. 19: 165-170 (2012)
・Sequence analysis and heterologous expression of rhamnogalacturonana lyase A gene (AsrglA) from shoyu koji mold, Aspergillus sojae KBN 1340. Food Sci. Technol. Res. 18: 901-909 (2012)
・Fermentation characteristics, nutrient composition and in vitro ruminal digestability of whole crop wheat and wheat straw silage cultivated at dried paddy field. J. Food Agric. Environ. 11: 664-668 (2013)
・Sequence analysis and heterologous expression of the wool cuticle-degrading enzyme encoding genes in Fusarium oxysporum 26-1. J. Biosci. Bioeng. 117: 711-714 (2014)
・Cellulosomal carbohydrate-binding module from Clostridum josui binds to crystalline and non-crystalline cellulose, and soluble polysaccharides. FEBS Lett. 588:3886-3890 (2014).
・発酵おからによる家畜用飼料の変敗抑制に関する研究.大豆たん白質研究 17:135-140 (2014).
・Bacterial production and secretion of water-insoluble fuel compounds from cellulose without the supplementation of cellulases. FEMS Microbiol. Lett. 362 (24): fnv202 (2015).
・Carbohydrate-binding modules influence substrate specificity of an endoglucanase from Clostridium thermocellum. Biosci. Biotechnol. Biochem. 80(1): 188-192 (2016)
・Changes in nutrient composition and in vitro ruminal fermentation of total mixed ration silage stored at different temperatures and periods. J. Sci. Food Agric. 96: 1175-1180 (2016).
・Carbohydrate-binding modules in plant cell wall-degrading enzymes. Trends in Glycosci. Glycotechnol. 28:E49-53 (2016).
・樹液から単離した香気生産野生攻防のビール香気特性および実用性の評価. 日本食品工学会誌 17:59-69 (2016).




教員紹介の掲載内容の更新はこちらから(学内のみ)


三重大学教員紹介の内容について無断転用を禁じます