教員紹介トップページへ

三重大学トップページへ

三重大学教員紹介

教員情報

職名
准教授
氏名
いぬいまどか
乾 眞登可
生年月
 
所属
部局
医学系研究科
学科・専攻
生命医科学専攻
講座
臨床医学系講座
教育研究分野
 
TEL
059-232-1111
FAX
059-231-5207
E-mail
 
個人のホームページ
 
学歴
 
学位
1983.12 医学博士 三重大学
所属学会
日本口腔科学会 日本口腔外科学会 日本口腔インプラント学会 日本頭頸部腫瘍学会 日本口腔診断学会 日本口腔粘膜学会 日本口腔組織培養研究会
社会活動
Asian Association of Oral and Maxillofacial Surgeons, International Association of Oral and Maxillofacial Surgeons
職歴
1978.8 三重大学医学部附属病院医員 1983.4 三重大学医学部助手 1985.1 三重大学医学部附属病院講師 1993.3 三重大学医学部助教授
学術(芸術)賞
 
専門分野
口腔外科 口腔領域腫瘍 顎顔面部外傷
現在の研究課題
口腔原発悪性黒色腫細胞の形質発現およびその調節
担当科目
口腔外科学
主な業績等
〔著書〕口腔外科診断治療大系(共著) 講談社(1991)
〔学術論文〕ヌードマウス可移植性 amelanotic melanoma での実験的化学療法 日口外誌30(1):24-43(1984)
口蓋部原発巣・転移巣由来培養黒色腫細胞におけるメラニン産生の調節(共著) 日口科誌38(4):840-847(1989)
Inflammatory pseudotumor in the submandibular region(共著)OSOMOP 76(3):333-337(1993)
シスプラチン封入リポソームを用いた化学療法に関する基礎的研究(共著) 日口科誌 43(4):537-542(1994)
Melanotic neuroectodermal tumor of infancy(共著) Asian J.Oral maxillofac Surg6(2):83-90(1994)
Myofibroma of the mandible(共著)OSOMOP 80(3):303-309(1995)
ヒト悪性黒色腫細胞(MHN9)の autocrine 腫瘍増殖因子に関する実験的研究(共著)日口組培研誌 6(1):29-34(1997)
Clear cell odontogenie odontogenic carcinoma(共著)OSOMOP 86(1):86-89(1998)
Peritemporomandibular abscess as a complication of acupuncture(共著)J. Oral Maxillofac Surg 56:495-496(1998)


教員紹介の掲載内容の更新はこちらから(学内のみ)


三重大学教員紹介の内容について無断転用を禁じます