教員紹介トップページへ

三重大学トップページへ

三重大学教員紹介

教員情報

職名
准教授
氏名
ありまきみのぶ
有馬 公伸
生年月
1954.03
所属
部局
医学系研究科
学科・専攻
生命医科学専攻
講座
臨床医学系講座
教育研究分野
 
TEL
059-231-5026
FAX
059-231-5203
E-mail
kiminobu@clin.medic. (末尾に mie-u.ac.jp を補ってください)
個人のホームページ
 
学歴
三重大学医学部 学士課程 (~1980年)
三重大学大学院医学研究科博士課程 博士課程・博士後期課程 (~1984年) 卒業・修了
学位
1984.03 医学博士 三重大学
所属学会
日本泌尿器科学会 国際泌尿器科学会 日本癌学会 日本癌治療学会 日本Endourology ・ESWL学会 日本内視鏡外科学会 日本尿路結石症学会 日本画像医学会 日本臨床腎移植学会 日本アンドロロジー学会 日本内分泌外科学会 泌尿器科分子・細胞研究会 腎癌研究会
社会活動
松阪市民病院,非常勤医師
職歴
1984.04~ 桑名市民病院 泌尿器科医師 医長
1985.09~ 三重大学医学部附属病院 泌尿器科医師 j助手
1987.07~ 松阪市民病院 泌尿器科医師 部長
1990.04~ 三重大学医学部附属病院 泌尿器科医師 助手
1990.05~ 三重大学医学部附属病院 泌尿器科医師 医局長
1991.05~ 三重大学医学部附属病院 泌尿器科医師 外来医長
1992.04~ 三重大学医学部附属病院 泌尿器科医師 病棟医長
1994.06~ 三重大学医学部附属病院 泌尿器科医師 講師・医局長
2003.04~ 三重大学医学部 泌尿器科医師 助教授・医局長
2005.04~ 三重大学大学院医学系研究科病態修復医学講座腎泌尿器外科学分野 泌尿器科医師 助教授・医局長
2007.04~ 三重大学大学院医学系研究科病態修復医学講座腎泌尿器外科学分野 泌尿器科医師 准教授・医局長
2008.04~ 三重大学医学部附属病院 泌尿器科医師 病院教授
学術(芸術)賞
 
専門分野
尿路性器腫瘍の診断・治療、 尿路性器腫瘍に対するMinimally invasive therapy、 腹腔鏡手術、ラジオ波凝固療法、前立腺肥大症、尿路結石症 
現在の研究課題
尿路性器癌 尿路性器腫瘍のMinimally invasive therapy 腹腔鏡手術
担当科目
看護学科講義:腎泌尿器外科学 腎腫瘍、副腎疾患 尿路性器癌の高度先進医療 泌尿器科診断学、尿路性器悪性腫瘍の治療
主な業績等
Fibroblasts prolong serum prostate-specific antigen decline after androgen deprivation therapy in prostate cancer. Laboratory investigation 96(3) 338-349, (2016),
Usefulness of monitoring cell-mediated immunity for predicting post-kidney transplantation viral infection. Transplantation proceedings 46(2) 552-555(2014),
Radiofrequency Ablation versus Radical Nephrectomy: Clinical Outcomes for Stage T1b Renal Cell Carcinoma. Radiology 270(1) 292-299 (2014),
The usefulness of diffusion-weighted magnetic resonance imaging in bladder cancer staging and functional analysis. Journal of cancer research and therapeutics 10(4) 878-882(2014),
A case of IgG4-positive plasma cell-rich tubulointerstitial nephritis in a kidney allograft mimicking IgG4-related kidney disease. Nephrology 19(S3) 52-56(2014),
Successful treatment of non-invasive bladder tumour in a haemophilia A patient with high-responding inhibitors: a case report. Haemophilia 20(6) e399–e401( 2014),
Activation of FGF2-FGFR Signaling in the Castrated Mouse Prostate Stimulates the Proliferation of Basal Epithelial Cells. Biol Reprod. 2013 Oct 4;89(4):81. doi: 10.1095/biolreprod.112.107516 (2013),
Radiofrequency Ablation versus Radical Nephrectomy: Clinical Outcomes for Stage T1b Renal Cell Carcinoma. Radiology. 2013 Aug 7. [Epub ahead of print]
Manserin as a novel histochemical neuroendocrine marker in prostate cancer. Urologic Oncology 31(6) 787-795(2013),
Oral naftopidil suppresses human renal-cell carcinoma by inducing G(1) cell-cycle arrest in tumor and vascular endothelial cells. Cancer Prev Res (Phila). 2013 Sep;6(9):1000-6. doi: 10.1158/1940-6207.CAPR-13-0095. Epub 2013 Jul 30.
Renal cell carcinoma: radiofrequency ablation with a multiple-electrode switching system--a phase II clinical study. Radiology. 2013 Apr;267(1):285-92. doi: 10.1148/radiol.12121070. Epub 2013 Jan 11.
Low incidence of benign lesions in resected suspicious renal masses greater than 2 cm: Single-center experience from Japan. International journal of urology 19(8)729-734(2012),
Heterogenous induction of carcinoma-associated fibroblast-like differentiation in normal human prostatic fibroblasts by co-culturing with prostate cancer cells. Journal of Cellular Biochemistry 112 : 3604–3611(2011),
The impact of the pre-operative serum albumin level and post-operative C-reactive protein nadir for the survival in the non-metastatic renal cell carcinoma with vessel thrombus after nephrectomy. Current urology 5 190-195(2011),
Management of renal tumors in Von Hippel-Lindau disease by percutaneous CT fluoroscopic guided radiofrequency ablation: preliminary results. Familial Cancer 10(3) 529-534(2011)
Naftopidil, a subtype selective alpha1-adrenoceptor antagonist, suppresses human prostate tumor growth by altering interactions between tumor cells and stroma. Cancer Prevention Research 4 87-96(2011),
Endocrine disrupter bisphenol A increases in situ estrogen production in mouse urogenital sinus. Biology of Reproduction 84(4) 734-742(2011),
The impact of body mass index and subcutaneous fat volume on the need for extended incision during minimum incision endoscopic surgery for radical nephrectomy. The Nishinihon journal of urology 73(12) 647-53(2011),
Combination chemotherapy comprising docetaxel and zoledronic acid plus dexamethazone for hormone-refractory prostate cancer patients. The Nishinihon journal of urology 73(11) 605-610(2011),
Brain Metastasis from Urothelial Cancer :A Report of Four Cases The Nishinihon journal of urology 73(2) 80-83(2011),
Case of local advanced penile cancer treated with multimodality therapy. International Journal of clinical oncology 15 523-527(2010),
Effect of transforming growth factor α overexpression on urogenital organ development in mouse.Differentiation 80(2-3) 82-88(2010),
Structural changes in alpha1-adrenoceptor antagonist-treated human prostatic stroma.
Clinical and experimental medicine 10(2) 99-106(2010),
Third-line gemcitabine monotherapy for platinum-resistant advanced urothelial cancer.
The International Journal of Clinical Oncology 15 376-381(2010),
Midterm results of radiofrequency ablation versus nephrectomy for T1a renal cell carcinoma. Japanese Journal of Radiology 28 460-468(2010),
A case of local advanced penile cancer treated with multimodality therapy. The International Journal of Clinical Oncology 15 523-527(2010),
Complications of Radiofrequency Ablation and Cryoablation for small RCC. Recent Advances in Endourology 11 131-136(2009),
Evidence that androgen-independent stromal growth factor signals promote androgen-insensitive prostate cancer cell growth in vivo. Endocrine-Related Cancer 16 415-428(2009),
Improvement to predict tumorigenic phenotype of androgen-insensitive human LNCaP prostatic cancer cell subline in recombination with rat urogenital sinus mesenchyme.Cancer Science 99(12) 2435-2443(2008),
Naftopidil, a selective α-1 adrenoreptor antagonist, inhibits growth of human prostate cancer cells by G1 cell cycle arrest.International Journal of Cancer 122 444-451(2008)
Adjuvant M-VAC(methotrexate,vinblastine, adriamycin and cisplatin)chemotherapy prevent recurrent of bladder tumors after operation in upper urinary tract transitional cell carcinoma. International Journal of Urology 15(9)800-803(2008),
Comparison of radical nephrectomy under the minimal incision with portless endscopic surgery (PLES) versus transperitonial laparoscopic surgery. International Journal of Urology 15 1018-1021 (2008),
Undetectable level of prostate specific antigen (PSA) nadir predicts PSA biochemical failure in local prostate cancer with delayed-combined androgen blockade.Japan Journal of Clinical Oncology 38 617-622(2008),
Uretero-appendiceal fistula. Int J Urol Vol. 15(2) 180-181(2008),
Small cell carcinoma of the prostate treated with amrubicin.Int J Clin Oncol 13(2)169-172(2008),
Image-guided radiofrequency ablation for adrenocortical adenoma with Cushing syndrome:Outcome after mean follow-up of 33 months. Urology 70 407-411(2007),
Percutaneous radiofrequency ablation with transarterial embolization is useful for treatment of stage 1 renal cell carcinoma with surgical risk: Results at 2-year mean follow-up. International Journal of Urology 14 585-590(2007),
Bisphenol A induces permanent squamous change in mouse prostatic epithelium. Differentiation 75 745-756(2007),
Paclitaxel Carboplatin chemotherapy as a second-line chemotherapy for advanced platinum resistant urothelial cancer in Japanese cases. International Journal of Urology 14 828-832(2007),
Prostate-specific antigen half-life and pretreatment prostate-specific antigen: Crucial predictors for prostate-specific antigen tred in delayed-combined androgen blockade therapy. International Journal of Urology 14 192-197(2007),
Assesment of health-related quolity of life after radiofrequency ablation or laparoscopic surgery for small renal cell carcinoma: a prospective study with medical outcomes study 36-item health survey(SF-36) Jpn J Clin Oncol 37 750-754(2007),
A G/A Polymorphism in the Androgen Response Element 1 of Prostate-specific Antigen Gene Correlates with the Response to Androgen Deprivation Therapy in Japanese Population. Anticancer Research 26 3365-3371(2006),
Radiofrequency Ablation Combined with Renal Arterial Embolization for the Treatment of Unresectable Renal Cell Carcinoma Larger than 3.5cm— Initial Experience. CardioVascular and Interventional Radiology 29 389-394(2006),
Ureteral obstruction associated with pelvic inflammatory disease in a long-term intrauterine contraceptive device user. International Journal of Urology 13 315-317(2006),
Down-regulation of Skp2 is Correlated with p27-associated Cell Cycle Arrest Induced by Phenylacetate in Human Prostate Cancer Cells. Anticancer Research 25 1881-1888(2005),
Papillary adenocarcinoma of the renal pelvis and ureter producing carcinoembryonic antigen, carbohydrate antigen 19-9 and carbohydrate antigen125. International Journal of Urology 12 214-216(2005),
Successful management of interior vena cava thrombus complicating advanced germ cell testicular tumor with temporary inferior vena cava filter. International Journal of Urology 12 513-515(2005),
The natural history of human prostate gland : Morphometric and histopathological. Prostate 65 4 355-364(2005),
Radiofrequency ablation combined with selective renal arterial embolization of small renal cell carcinoma : Early experience.Journal of Urology 171 : 342-343(2004),
Decreased expression of KAI1 metastasis suppressor gene is a recurrence predictor in primary pTa and pT1 urothelial bladder carcinoma. International Journal of Urology 11:74-82(2004),
Radiofrequency ablation combined with selective renal arterial embolization of renal cell carcinoma. British Joournal of Urology International. 94 supplement 2:283(2004),
Tuberculid of the penis with a scab on the nodule. International Journal of Urology 11(10):931-3(2004),
Mitogen-activated protein kinase pathway is involved in androgen-independent PSA gene expression in LNCaP cells. The Prostate 56(4):319-325(2003),
Proliferative status is a risk index for recurrence in primary superficial(pTa/T1) low-grade urothelial bladder carcinoma. Acta Urol.Jpn. 49(11):649-658(2003),
Recurrent eosinophilic cystitiswith peripheral eosinophilia and hyperimmunoglobulinemia E.Urologia Internationalis 70 : 327-329(2003),
The usefulness of power Doppler ultrasonography for diagnosing prostate cancer: histological correlation of each biopsy site. British Joournal of Urology International 85(9). 1049-1052(2000),
α-Fetoprotein Producing Urachal Tumor. J Urol. 163:547(2000),
Nephrotic Syndrome due to Membranous Nephropathy Associated with Metastatic Prostate Cancer; Rapid Remission after Initial Endocrine Therapy. Nephron84.75-78(2000),
Effects of pamidronate and interferon-alpha on bone and lung metastases and hypercalcemia in a patient with renal cell carcinoma. Urology 21:14-15(2000),
Paravesical Granuloma after Inguinal Herniorrhaphy. Urologia Internationalis 62:220-222(1999),
Prediction of residual Total Renal Function befor Nephron-Sparing Surgery 99mTc-DMSA Renal Scintigraphy. Clin Exper Nephrol 2. 245-248(1998),
Stereologically estimated mean nuclear volume of prostatic cancer is a reliable prognostic parameter. British Journal of Cancer 76:234-237 (1997)
Balloon-occluded arterial infusion as a usful neoadjuvant chemotherapy for bladder cancer. British Joournal of Urology 80:417-420(1997),
Endorectal MRI of the prostate gland: report of representative images. Nichinihon Journal of Urology59:86-90(1997),
Prognostic factors of peripheral blood lymphocyte subsets in patients with renal cell carcinoma. Urologia Internationalis 57:93-99 (1996),
Age-related Changes of the Prostate Gland in the Senescence Accelerated Mouse(SAM). The SAM Model of Senescence: 283-286, Excepta Medica(1994),
Mean nuclear volume of bladder cancer:Stereological estimation and its clinical value. Urol Int 51:62-66 (1993),
Clinical experience of the Kock continent ileal urinary reservoir in 20 cases focusing on complications. Acta Urol Jpn 38:161-166 (1992),
Werner’s syndrome associated with malignancies: Five case reports with a survey of case histories in Japan. Gerontology 34:212-218(1988),
Release of unilateral complete obstruction 49 days after ureteral ligation in hysterectomy. Mie Medical Journal 35(1985),
Primary adenocarcinoma of the bladder. Mie Medical Journal 33: 373-376(1984),
A case of mixed gonadal dysgenesis. Mie Medical Journal 34: 151-156(1984),
A case of XXmale. Mie Medical Journal 34: 123-126(1984),
The valve of double contrast retrograde urethrography in the etiological study of anterior urethral diverticula. Mie Medical Journal 33: 183-187(1983),

副腎腫瘍に対する局所療法 泌尿器外科 29(10) 1543-1550(2016),
小さな腎がんの低侵襲治療 医学のあゆみ257(9) 907-912(2016),
臨床病期分類 Jewett staging systemとTNM分類 臨床泌尿器科 68(4)(増刊号) 88-92(2014),
腎腫瘍 わかりやすい内科学第4版(井村裕夫・編集主幹): 896-899 文光堂(2014),
腎盂尿管腫瘍の診断における腎盂尿管鏡の有用性に関する検討Japanese Journal of Endourology 27(1) 200-206(2014),
腎癌に対するラジオ波熱凝固術 radio frequency ablation(RFA)Japanese Journal of Endourology 27(2) 316-322(2014),
ビルハルツ住血吸虫症の1例 泌尿器科紀要 60(2) 91-94(2014),
当院における膀胱癌MRI診断成績 拡散強調の有用性の検討 日本腎泌尿器疾患予防医学研究会誌22(1)61-63(2014)
後腹膜軟部肉腫10例の臨床的検討 泌尿器外科 26(10) 1593-1596(2013),
男性更年期外来受診者62例の臨床的検討 泌尿紀要 59(8)491-5(2013),
MRIにて特徴的所見を呈した前立腺原発悪性リンパ腫の1例 泌尿紀要 59(6)377-80(2013),
膀胱アミロイドーシスに対しDimethyl sulfoxide(DMSO)貼付療法が有効であった1例 泌尿紀要 59(10) 673-676(2013),
ミニマム創内視鏡下手術による前立腺全摘除の経験 日本ミニマム創泌尿器内視鏡外科学会雑誌 4(1) 35-39(2012),
ミニマム創内視鏡下手術による腎尿管全摘除の経験 日本ミニマム創泌尿器内視鏡外科学会雑誌 4(1) 95-98(2012),
ミニマム創内視鏡下手術によるドナー腎摘除の経験 : single port手術とtwo port手術の比較も含めて 日本ミニマム創泌尿器内視鏡外科学会雑誌4(1) 89-93(2012),
重症尿路感染症におけるDIC に対する遺伝子組み換えトロンボモジュリンの使用経験 泌尿器科紀要 58(2) 71-74(2012),
Sunitinib 投与に関する副作用対策 泌尿器科紀要 58(11) 639-646(2012),
当院におけるミニマム創内視鏡下前立腺全摘除術の臨床的検討 日本ミニマム創泌尿器内視鏡外科学会雑誌 4(1) 35-39(2012),
膀胱転移を来たした腎細胞癌の1例 泌尿器科紀要 58(5) 231-235(2012),
特集Focal therapy 副腎腫瘍のradiofrequency ablation, Japanese Journal of Endourology 24 188-193(2011),
特発性腎出血 泌尿器科診療ガイド 110-113金芳堂(2011),
手術 (3)腎温存:ラジオ波熱凝固 腎がん・膀胱がん 改訂第2版 76-84最新医学社(2011),
肥満患者におけるミニマム創内視鏡下根治的腎摘除術(MIES-RN)における手技の工夫:創切開延長のrisk評価も含めて,西日本泌尿器科 73(2) 80-83(2011),
腎腫瘤に対するCTガイド下針生検組織の病理診断における、ラジオ波焼灼術(RFA)もしくは動脈塞栓術(TAE)の影響 Japanese Journal of Endourology 24(2) 370-374(2011),
系統的経直腸的前立腺針生検の臨床的検討 西日本泌尿器科 73(5) 234-239(2011),
腎部分切除術での尿管断裂の1例および腎移植後の被膜下血腫の1例 泌尿器外科 24(12) 1989-1987(2011),
LH-RH agonist monotherapy 先行、anti-androgen追加投与(Delayed-CAB)療法の
長期臨床結果 JUA日本化薬抄録集(2011),
初回治療としての免疫療法に耐性の進行性腎細胞癌に対するGemcitabine / Capecitabine療法の効果 腎癌研究会会報38 25-27(2010),
リンパ節転移と鑑別が困難であった閉鎖神経原発神経鞘腫の1例 泌尿器科紀要 56 323-326(2010),
副腎腫瘍のfocal therapy, 泌尿器外科 22 859-865 (2009),
特集 副腎腫瘍Update : 副腎腫瘍に対するRadiofrequency凝固療法,Urology View 12 114-117(2008)
新しい手術器械の応用:腎・副腎腫瘍に対するラジオ波熱凝固療法, 臨床泌尿器科 62(1). 21-26(2008),
腎・尿路疾患、水・電解質異常:水腎症 わかりやすい内科学第3版:1066-1068文光堂(2008),
ホルモン治療抵抗性前立腺癌に対する、間欠的投与によるdocetaxel(DCT) /estramustine(EP)療法の有効性について,泌尿器外科21 1107-1109( 2008),
腹腔鏡下経腹的腎摘除術時におけるLap DiscTMの使用位置の工夫:特にポート位置の変遷,
日本Endourology & ESWL学会雑誌 21 187-191(2008),
尿中survivin mRNA測定による尿路上皮癌スクリーニングの有用性,日本腎泌尿器疾患予防医学研究会誌, 16(1), 131-133(2008),
鼻腔転移を契機に発見された腎細胞癌の1例, 西日本泌尿器科 70(6) 322-324(2008),
新しい診断と治療のABC45 腎癌・膀胱癌 第1章 腎癌 最新医学別冊: 68-74,最新医学社(2007),
三重県内の市町村及び事業所での前立腺健診における前立腺癌患者と食生活習慣等に関する検討 日本腎泌尿器疾患予防医学研究会誌, 15(1) : 62-64(2007),
異時性両側性に発生した精巣原発悪性リンパ腫の1例 泌尿器科紀要, 53(9) : 671-5 (2007),
敗血症性ショック、ARDS,DICを合併した気腫性腎盂腎炎の1例 西日本泌尿器科, 69(3) : 159-161 (2007),
腎癌に対するラジオ波凝固療法 Jpn J Intervent Radiol 21 : 255-259 (2006),
【副腎のすべて one-stop shopping】副腎疾患のIVR 画像診断 26 (10) : 1273-1281(2006),
尿路変更術 -手術成功への秘訣- 回腸導管 共著 泌尿紀要 52 421-425 (2006),
膀胱癌の微小血管形態は癌細胞分化と進展に相関する 西日本泌尿器科 67 : 73-78(2005),
健常者における下部尿路障害の加齢による変化 
-将来的なLUTSによるQOL低下を早期にスクリーニング可能か? 腎泌予防医誌 Vol.13, No.1 : 92-94(2005),
糖尿病と膀胱障害 よくわかる糖尿病生活セミナー -インスリンで治療している方々のために
147-149, (編:日本糖尿病協会) 日本医学出版(2004),
【特集:悪性腫瘍との鑑別が困難な各領域の諸病変】悪性腫瘍との鑑別が困難な膀胱病変 臨床泌尿器科 58(12) :947-951 (2004),
前立腺生検における6カ所生検と10カ所生検の比較検討 腎泌予防医誌 Vol.10, No.1 : 35-36(2004),
前立腺検診におけるPSA値と食生活習慣等に関する検討 腎泌予防医誌 Vol.12, No.1 : 49-51(2004),
腎癌に対するラジオ波凝固療法 低温医学 Vol.30(3) : 49-52(2004),
腎移植後自己腎に発生した腎細胞癌の2例 -本邦26例における臨床的検討と文献的考察- 泌尿紀要 50 :81-85(2004),
甘草誘発性偽性アルドステロン症の1例 泌尿紀要 50 :215-217(2004),
仙骨前部 Dermoid cyst の1例 泌尿紀要 50 : 817-820(2004),
排尿障害の最近の話題 三重県保険医新聞371:7(2004),
選択的動脈造影下CTが診断に有用であった嚢胞状腎細胞癌の1例 泌尿紀要 49:475-477(2003),
内分泌療法中に血小板減少を契機として急性骨髄性白血病の合併が判明した前立腺癌の2例 泌尿紀要 49:87-90(2003),
特集=各疾患治療の最近の話題 慢性腎盂腎炎の診断と治療 MEDICAMENT NEWS 1721号: 16-1(2002),
胃MALTリンパ腫を合併した偶発腎細胞癌の1例 泌尿器外科 15(5):587-589(2002),
腎・尿路疾患、水・電解質異常:水腎症 わかりやすい内科学第2版 文光堂(2002),
経尿道的膀胱腫瘍説叙述(TURBT) 臨床泌尿器科55
:715-719(2001),
泌尿器科手術における合併症管理のすべて Ⅳ.術後合併症とその管理 吃逆 臨床泌尿器55(4):293-295(2001),
結節性硬化症に反復する気胸、両側腎血管筋脂肪腫を合併した1例 西日本泌尿器科63:601-603(2001),
腸肋筋および腰方形筋内に進展し、骨形成を伴う腫瘤を形成した脱分化型後腹膜脂肪肉腫の1例 泌尿紀要47.877-879(2001),
腎疾患は画像診断でどう診断するか Heart View 4(6) 18-2(2000),
検診にて偶然発見された後腹膜傍神経節腫の1例 泌尿紀要46.393-395(2000),
炎症が原因と思われるS状結腸膀胱瘻の2例 泌尿器外科13.1.55-58(2000),
前立腺癌の臨床的検討 ー当科における最近12年間107例の成績 泌尿器紀要 46:873-878(2000),
Cyclophosphamideにより誘発されたと思われる腎盂腫瘍の1例 泌尿紀要 46:177-180(2000),
嚢胞形成を伴った前立腺癌の一例 泌尿器外科 13.3
:289-292(2000),
局所浸潤性膀胱癌に対する阻血動注化学療法 ー膀胱温存のための正確なstaging 泌尿紀要 45:139-143(2000),
膀胱癌と前立腺癌の病期画像診断の進歩:Endorectal MRI and MTC 泌尿紀要45:553-557(1999),
(特集)腎疾患の治療―薬物治療を中心に:
腎盂腎炎 医学と薬学 41.2:221-227(1999),
自己末梢血幹細胞を併用した大量化学療法にて完全寛解を得た進行性性腺外胚細胞腫の1例 日本泌尿器科学会雑誌 90.4:521-525(1999),
高齢者の上部尿路結石に対するESWLの臨床的検討 泌尿紀要 45:393-396(1999),
サルモネラ感染による膿腎症を合併した尿管弁膜状構造物の1例 泌尿紀要 45:261-264 (1999),
気腫性膀胱炎を合併した気腫性腎盂腎炎の1例 泌尿紀要 45:625-628(1999),
mass screeningにおける尿細胞診の有用性について 腎泌予防医誌 7.1:45-47 (1999),
膀胱肉腫様癌の一例 臨床泌尿器科53.1:82-84(1999),
進行陰茎癌の1例 泌尿器外科 12(3) :217-219(1999),
腎疾患の治療 腎盂腎炎 医学と薬学41:221-227(1999)
わかりやすい内科学(共著)文光堂(1999)
総説:細胞計量からみた尿路腫瘍の予後規定因子―平均核容積(MNV)の有用性―臨泌52:7-15(1998),
出血性素因を有する患者におけるESWLの経験 泌尿紀要 44:657-660(1998),
【特集:Women´s Medicine-ここまで対処できる境界領域-】尿路結石(腎結石・尿管結石) 産婦人科の実際 47.10:1665-1671 金原出版(1998),
泌尿器科腫瘍―膀胱  ´98癌化学療法ハンドブック 5(1):122-123 協和企画通信(1998),
【特集:患者のQOLを考慮した私の第一選択薬】腎盂、尿管、膀胱 治療(増刊号)80:562-563 南山堂(1998),
経皮的リンパ管硬化療法が有効であった下肢リンパ浮腫を伴う乳糜尿症の1例 泌尿紀要44.25-27(1998),
Direx Triptor X-1 を用いた上部尿路結石に対する対する体外衝撃波結石破砕術単独療法 泌尿器外科 11(7) :863-866(1998),
脂肪変性を伴う副腎皮質腺腫の1例 内分泌外科 15.1:33-37(1998),
前立腺集団検診における前立腺生検に関するアンケ-ト調査報告 腎泌予防医誌 6.1:46-48(1998),
複視を契機として発見され,斜台部骨転移を疑われた腎細胞癌の1例 泌尿紀要44:319-321(1998),
陰茎海綿体膿瘍の1例 泌尿紀要 44:893-895(1998),
腎移植後に生じたリンパ嚢腫に対し腹腔鏡下腹膜開窓術を施行した2例 泌尿紀要 44:323-32(1998),
フルタミドにより惹起された重症肝炎 臨床泌尿器科 52.11 :851-853(1998),
膀胱癌に対する一時的血流遮断下阻血動注療法 ー近接効果および長期予後 日本癌治療学会誌 32(1):27-35(1998),
限局性前立腺癌に対する術前内分泌療法の有用性の検討 西日本泌尿器科 59:15-18(1997),
腎嚢胞性腫瘤に対するMRI及び血管造影の有用性の検討-Bosniak分類カテゴリーIIIの5例 日本泌尿器科学会雑誌88(9):826-829(1997),
三重大学医学部泌尿器科学教室における生体および死体腎移植の臨床統計 泌尿紀要 43:437-441(1997),
選択的腎動脈瘤塞栓術を施行した腎動脈瘤の3例 日本腎臓学会誌 39(7) :771-775(1997),
当科における尿路結石に対するESWL(体外衝撃波結石破砕術)三重医学 41:73-77(1997),
前立腺乳頭状嚢胞腺癌の1例 日本泌尿器科学会雑誌 88(12):1028-1031(1997),
両側腎梗塞の1例 泌尿紀要 43:781-784(1997),
鼠径ヘルニア術後,膀胱に発生した黄色肉芽腫の1例 泌尿紀要 43:679-682(1997),
尿管結石による自然腎盂外溢流の4例 西日本泌尿器科 59 :479-482(1997),
膀胱後部肉腫の1例 臨床泌尿器科 51(1) :59-61(1997),
腎盂腎炎 治療78:945-947(1996),
180 専門家による私の処方(共著)日本医事新報社(1996),
腎癌患者の末梢血中免疫学的パラメーターからみた予後不良例と再発例の特徴 泌尿器外科9:393-397(1996),
von Recklinghausen病に合併した膀胱癌の1例 泌尿紀要43.585-588(1996),
下大静脈に腫瘍塞栓を伴う腎細胞癌の臨床的検討 泌尿紀要 42:487-491(1996),
肺,骨転移および高カルシウム血症を伴う腎細胞癌に対しPamidronateとインターフェロン-αの併用療法が奏功した1例 泌尿紀要42:879-881(1996),
肝転移の疑いで化学療法および肝左葉切除を施行した傍精巣横紋筋肉腫の1例 西日本泌尿器科 58 :678-681(1996),
腎Angiomyolipoma-診断と治療 泌尿紀要41:737-743(1995),
内視鏡的切開を行った骨盤腎の腎盂尿管移行部狭窄 臨床泌尿器科49.7 :486-488(1995),
嚢胞を伴った無症候性片側副腎髄質過形成の1例 泌尿紀要41.793-796(1995),
前立腺癌の臨床的検討-当科における最近21年間184例の成績ー 泌尿紀要 41:447-453(1995),
多房性嚢胞状腎細胞癌の1例 西日本泌尿器科 57 :701-703(1995),
IFN-αによる皮膚炎を合併した腎癌寛解の1例 西日本泌尿器科57.3 :257-259(1995),
死体腎移植8年後に発症したCryptococcus性敗血症の1例 移植30(2):200-205(1995),
多房性嚢胞状腎細胞癌の1例 西日本泌尿器科 57 :701-703(1995),
嚢胞を伴った無症候性片側副腎髄質過形成の1例 泌尿紀要41:793-796(1995),
99mTc-DMSA腎摂取率による体外衝撃波結石破砕術(ESWL)の腎機能に及ぼす影響の検討―経皮的腎結石破砕術(PNL)との比較― 泌尿紀要40: 1061-1067(1995),
三重大学医学部泌尿器科における1989-1994年の6年間の外来患者臨床統計 三重医学 39.169-174(1995),
三重大学医学部泌尿器科における1989-1994年の6年間の入院患者臨床統計 三重医学 39.175-178(1995),
男子尿道炎:最近のトピックス 三重医報 420:13-14(1995),
腎細胞癌の画像診断法の時代的変遷 日本画像医学雑誌13:32-42(1994),
腎摘除術あるいはInterferon-α投与による腎癌患者の末梢血リンパ球サブセットの変動 泌尿紀要40:469-474(1994),
前立腺癌骨転移における血清オステオカルシンの評価 西日本泌尿器科 56.12 :1522-1527 (1994),
自然発生したと思われる膀胱腔瘻 臨床泌尿器科48.1 66-68(1994),
悪性リンパ腫を疑わせた尿管腫瘍局所再発の1例 泌尿紀要40:143-146(1994),
腎平滑筋腫の1例 西日本泌尿器科56.9 :1033-1036 (1994),
前立腺癌における経直腸的超音波像、MRIおよびCT画像との比較:前立腺全摘出術6症例の検討 三重医学37.579-583(1994),
当科における副腎偶発腫瘍の内分泌学的検討 三重医学 38.199-202(1994),
複雑性尿路感染症に対するTosufloxacinの再発予防効果 泌尿紀要40:279-284(1994),
前立腺および膀胱頸部病変における経直腸的MRIの有用性 泌尿紀要 40:31-36(1993),
結石外来における栄養指導:特に栄養指導前後における尿中排泄物質の変化について 泌尿紀要39:593-598(1993),
経直腸的前立腺超音波画像と生検組織との関連 日本画像医学雑誌12(4):381-386(1993),
尖圭コンジローマの現況 三重医報398:9-10(1992),
腎癌術後補助化学療法の検討―VBL治療群、MMC治療群、INF-α治療群での比較 泌尿器外科5(7) :589-592(1992),
腎血管性高血圧を合併した小児異所性褐色細胞腫の1例 泌尿紀要38:1027-1030(1992),
新生児精巣梗塞の3例 西日本泌尿器科 54 :924-926(1992),
陰茎腫瘍にたいして皮膚再建術を行った2例 泌尿紀要38:725-729(1992),
STDの最近のトピックスーAIDS 三重医報387:15(1991),
尿路結石症:基礎と臨床―促進物質としての蓚酸の役割 泌尿紀要37:1111-1114(1991),
三重県下の尿路結石症に関わる疫学的調査 泌尿紀要37:235-242(1989),
三重大学泌尿器科における1974-1988年の15年間の入院、手術統計 三重医学33:505-511(1989),
三重大学泌尿器科における1980-1988年の9年間の外来患者臨床統計 三重医学33:513-519(1988),
泌尿器科におけるT-3262の臨床的検討 Chemotherapy36:1037-1042(1988),
PVP療法を行った睾丸腫瘍14例の成績 西日本泌尿器科 50 :1585-1588(1987),
膀胱腫瘍を合併したWerner症候群の1例 泌尿紀要33:269-274(1987),
排泄性尿路造影における非イオン性低侵透圧性造影剤イオパミロン300の造影効果と安全性 日独医報32:604-611(1986),
三重県下の尿路結石症の発生に関わる疫学的研究 泌尿紀要32:1225-1230(1986),
三重大学泌尿器科における尿路結石症の臨床的観察 泌尿紀要32:561-565(1986),
男子不妊症の臨床的観察 日不妊会誌31:127-131(1986),
泌尿器科領域における染色体異常 三重医学29:125-128(1985),
腎移植 三重医学29:47-56(1985),
小児原発性膀胱尿管逆流症の手術成績 三重医学28:543-547(1985),
性腺形成不全をともなった46,Xp+, Yの1例 泌尿紀要32:125-128(1986),
自然腎盂外溢流の6例 泌尿紀要31:1171-1182(1985),
前立腺貯留嚢腫の1例 泌尿紀要31:1053-1058(1985),
男子不妊症における塩酸ジラゼプの使用経験 薬理と治療12 :3177-3181(1984),
Sulbactum/Cefoperazoneの複雑性尿路感染症に対する臨床効果について Chemotherapy32:526-530(1984),
三重大学泌尿器科における外来・入院患者由来尿中分離菌の変遷 泌尿紀要30:1899-1909(1984),
副腎嚢腫の1例 三重医学28:271-273(1984),
腎盂腔外浸潤を主としていたため診断困難であった腎盂尿管膀胱腫瘍の1例三重医学28:105-108(1984),
偏側閉塞腎尿中アミカシン移行濃度 泌尿紀要30:1127-1134(1983),
蓚酸カルシウム結石患者における尿中蓚酸排泄量におよぼす食餌の影響に関する研究 泌尿紀29:1587-1603(1983),
原発性尿管癌24例の臨床的観察 泌尿紀要29:1019-1025(1983),
慢性尿路性器炎症に対するST合剤の長期使用 薬理と治療10 :483-497(1982),
男子不妊症の臨床統計的観察 日不妊会誌27:161-169(1982),
平成14年度ー平成16年度科学研究費補助金研究成果報告書
科学研究費補助金(基盤研究B・2)研究成果報告書:前立腺の異常増殖機構:ミクロ環境相互作用における多面的分子病態の解析,
科学研究費補助金(基盤研究C・2)研究成果報告書:前立腺癌における転移メカニズムの分子生物学的解析:特にPhoGTPaseの役割,


教員紹介の掲載内容の更新はこちらから(学内のみ)


三重大学教員紹介の内容について無断転用を禁じます