教員紹介トップページへ

三重大学トップページへ

三重大学教員紹介

教員情報

職名
教授
氏名
たぐちおさむ
田口  修
生年月
1953.05.17
所属
部局
保健管理センター
学科・専攻
 
講座
 
教育研究分野
 
TEL
 
FAX
 
E-mail
taguchio@hac. (末尾に mie-u.ac.jp を補ってください)
個人のホームページ
 
学歴
三重大学医学部 学士課程 (~1980年)
博士課程・博士後期課程 (~) 満了
学位
1994.11 医学博士 三重大学
所属学会
日本呼吸器学会 日本呼吸器内視鏡学会 日本内科学会 日本肺癌学会 日本結核病学会 日本アレルギー学会 日本感染症学会 日本内科学会 米国胸部疾患学会(ATS) 欧州胸部疾患学会(ERS)
社会活動
 
職歴
1982.1 四日市社会保険病院 1983 国立療養所鈴鹿病院 1984 国立津病院 1987 三重大学第三内科助手 1997 三重大学第三内科講師
学術(芸術)賞
 
専門分野
呼吸器内科
現在の研究課題
慢性呼吸不全の病態 気管支喘息における気道炎症とリモデリングの解析 肺線維症の発症機序と凝固線溶系の関与
担当科目
呼吸器病学(肺癌 肺抗酸菌感染を含む呼吸器感染症 アレルギー 間質性肺疾患 慢性閉塞性肺疾患 呼吸不全等)
主な業績等
[学術論文]Differential role of regulatory T cells in early and late stages of pulmonary fibrosis、Immunobiology. 2012 May 23.
Correlation between circulating fibrocytes, and activity and progression of interstitial lung diseases. Respirology. 2012 May;17(4):693-8.
Role of thrombin-activatable fibrinolysis inhibitor in allergic bronchial asthma. Lung. 2012
Development and preclinical efficacy of novel transforming growth factor-β1 short interfering RNAs for pulmonary fibrosis. Am J Respir Cell Mol Biol. 2012 Mar;46(3):397-406.
Atypical Pathogen Study Group. Clinical potential of diagnostic methods for the rapid diagnosis of Mycoplasma pneumoniae pneumonia in adults.Eur J Clin Microbiol Infect Dis. 2011 Mar, 30(3): 439-46.
a slowly growing, nonchromogenic species isolated from human clinical specimens. Int J Syst Evol Microbiol. 2010 Sep 10.
Inhibition of Allergic Bronchial Asthma by Thrombomodulin is Mediated by Dendric Cells. Am J Respir Crit Care Med. 2010 Aug 13.
Community-acquired macrolide-resistant Mycoplasma pneumoniae pneumonia in patients more than 18 years of age. J Infect Chemother, 2010 Jul 31.
Efficacy of 23-valent pneumococcal


教員紹介の掲載内容の更新はこちらから(学内のみ)


三重大学教員紹介の内容について無断転用を禁じます