教員紹介トップページへ

三重大学トップページへ

三重大学教員紹介

教員情報

職名
教授
氏名
せきねよしひこ
関根 義彦
生年月
1952.04
所属
部局
生物資源学研究科
学科・専攻
共生環境学専攻
講座
地 球 システム学
教育研究分野
海洋気候学
TEL
059-231-9550
FAX
059-231-9571
E-mail
sekine@bio.mie-u.ac.jp
個人のホームページ
 
学歴
東北大学(理学部) 学士課程 (~1975年)
東北大学理学研究科 博士課程・博士後期課程 (~1982年) 卒業・修了
学位
1982.04 理学博士 東北大学
所属学会
日本海洋学会, 日仏海洋学会,水産海洋学会
社会活動
 
職歴
1981.4 日本学術振興会奨励研究員 1983.7 防衛大学地学科講師 1987.4 防衛大地学科助教授 1988.10 三重大学生物資源学部助教授 1990.4 三重大学生物資源学部教授

学術(芸術)賞
1995.6 日仏海洋学会賞
専門分野
日本南岸の黒潮流路の変動 親潮の異常南下に関連する大気海洋変動 オホーツク海の海洋循環と海氷面積の変化 紀伊半島に接近する黒潮系暖水 伊勢湾内外の各種フロントの形成過程日本の気温・降水量の変動とグローバルな大気海洋変動 エル・ニーニョとラ・ニーニャの変換過程
現在の研究課題
親潮中層水の分布の研究
担当科目
海洋気候学特論 海洋物理学 地球流体力学特論
主な業績等
Alomalous southward intrusion of the Oyashio. Journal of Geophysical Research 93:2247-2255 (1988)
A numerical experiment on the path dynamics of the Kuroshio. Deep Sea Research, 37 (3):359-380 (1990)
Seasonal Variation in volume transport of the Kuroshio south of Japan (共著) Journal of Physical Oceanography 24 (2):261-272 (1994)
親潮異常南下に関連する日本の気温・降水量の変動(共著) 天気45(2):105-117 (1998)
Why does the sea level difference between Kushimoto and Uragami show the periods of large meander path of the Kuroshio south of Japan (共著) Journal of Ocearography, 55 (1):43-51 (1991)
Direct current measurements with special difference to velocity fields of the Kuroshio in the Shikoku Basin 単著 2004.02 La mer 42 21-34
伊勢湾の水温、塩分、密度場の季節変動特性 共著 2006.07 海と空 82 39-47
親潮の異常南下に関連する親潮中層水の存在 共著 2007.10 海と空 83 95-103
日本南岸の黒潮の数値モデルについて


教員紹介の掲載内容の更新はこちらから(学内のみ)


三重大学教員紹介の内容について無断転用を禁じます