教員紹介トップページへ

三重大学トップページへ

三重大学教員紹介

教員情報

職名
教授
氏名
いまい なみ
今井 奈妙
生年月
1967.12
所属
部局
医学系研究科
学科・専攻
看護学専攻
講座
基盤看護学領域
教育研究分野
 
TEL
059-231-5093
FAX
059-231-5093
E-mail
nami-i@nurse.medic. (末尾に mie-u.ac.jp を補ってください)
個人のホームページ
学歴
三重大学人文学部社会科学科 学士課程 卒業
大阪大学大学院医学系研究科 博士前期・後期課程 修了
学位
1998.03 社会科学士 三重大学
2000.03 修士(保健学) 大阪大学大学院
2005.03 博士(看護学) 大阪大学大学院
所属学会
日本室内環境学会
日本臨床環境学会
Sigma Theta Tau International Honor Society of Nursing
日本看護研究学会
日本難病看護学会
日本看護科学学会
社会活動
聖バルナバ助産師学院非常勤講師
職歴
1989年 医療法人遠山病院看護師
1992年 三重大学医学部附属病院看護師
2000年 大阪府立看護大学医療技術短期大学部助手
2004年 三重大学医学部看護学科助手
2006年 三重大学医学部看護学科助教授
2007年 三重大学医学部看護学科准教授
2011年 三重大学医学部看護学科教授
学術(芸術)賞
 
専門分野
基礎看護学
臨床環境看護学
現在の研究課題
臨床環境医学分野における専門看護師養成プランのための基礎的研究
担当科目
【大学院】
看護理論,看護倫理,看護研究法,実践基礎看護学Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ・Ⅳ,
【学部】
基礎看護論,医療倫理Ⅰ,医療倫理Ⅱ,看護研究(卒論),看護研究方法論,基礎看護学実習Ⅰ,基礎看護学実習Ⅱ,統合実習Ⅰ,統合実習,暮らしと看護(共通教育)
主な業績等
化学物質過敏症患者の病気に関する思いの分析 共著 2012 日本臨床環境医学会誌 日本臨床環境医学会 in press

Psychosocial Factors that Aggravate the Symptoms of Sick Building Syndrome and a Cure for Them, Sick Building syndrome in Public Buildings and Workplaces, 105-111,共著,2011,Springer.

Necessity of Counseling Institutions for Sick Building Syndrome Patients, Sick Building syndrome in Public Buildings and Workplaces,261-267,共著,2011,Springer.

Is it Safe Enough to Depend on Ventilation? Recommendation of Radical Measures for Addressing Sick Building Syndrome,335-340,共著,2011,Springer.

Demand and Nursing Intervention of People who Related to Chemical Sensitivity,International Journal of Qualitative Methods,8(3),10, 2009.

Chalcones from Angelica keiskei Induce Apoptosis in Stomach Cells 共著 2008 Jurnal of Herbs, Spices&Medicinal Plants 14 3-4 166-174.

Psychosocial factors that aggravate the symptoms of sick house syndrome in Japan 共著 2008 Nursing & Health Sciences 10 2 101-109.

化学物質過敏症看護相談室の設置効果に関する検証 共著 2008 日本臨床環境医学 日本臨床環境医学会 17 1 21-28.

看護学生の健康状態と大学内の空気質 共著 2008 三重看護学誌(MNJ) 三重大学医学部看護学科 10 59-64.

Induction of apotosis by rhapontin having stilbene moiety, a component of rhubarb (Rheum officinale Baillon) in human stomach cancer KATO Ⅲcells 共著 2007 ONCOLOGY REPORTS 18 347-351.

アメリカにおける化学物質過敏症の診断と治療 共著 2007 三重看護学誌(MNJ) 三重大学医学部看護学科 第9巻 103-109.

化学物質過敏症看護外来の役割に関する検討 単著 2006 三重看護学誌(MNJ) 三重大学医学部看護学科 第8巻 87-92.

シックハウス症候群の発症から回復までの軌跡とソーシャルサポートの必要性 単著 2006 環境技術 環境技術学会 第35巻 第4号 251-255.

新築住宅内の有害化学物質により健康障害に至った人々の診断確定までの経験 共著 2004 日本難病看護学会誌 第9巻 第2号 120-129.

低位前方切除術・前方切除術を受けた大腸癌患者のQuality of Life (QOL) 共著 2001 日本看護科学学会 第21巻 第3号 1-10.

疾病と治療 共著 2008 メディカ出版
症状別看護技術 パート1 共著 2006
ヘルスプロモーション 共著 2006 ヌーヴェルヒロカワ
悪夢のスイートホーム シックハウスとの戦い 共著 2005 幻冬舎ルネッサンス


教員紹介の掲載内容の更新はこちらから(学内のみ)


三重大学教員紹介の内容について無断転用を禁じます