教員紹介トップページへ

三重大学トップページへ

三重大学教員紹介

教員情報

職名
教授
氏名
うらやま ますろう
浦山 益郎
生年月
1953.08
所属
部局
工学研究科
学科・専攻
建築学専攻
講座
建築デザイン
教育研究分野
 
TEL
059-231-9443
FAX
059-231-9452
E-mail
urayama@arch. (末尾に mie-u.ac.jp を補ってください)
個人のホームページ
学歴
1976.03 福井大学工学部卒業
1978.03 名古屋大学大学院博士前期課程修了
1978.09 名古屋大学大学院博士後期課程中退
学位
1991.02 工学博士 名古屋大学
所属学会
日本建築学会 日本都市計画学会 都市住宅学会 農村計画学会
社会活動
国土交通省中部地方整備局,国営木曽三川公園基本計画アドバイザー会議委員
東海財務局,国有財産東海地方審議会委員
三重県地域連携部,三重県土地利用審査会委員
津市,津市都市計画審議会委員
四日市市,四日市市都市計画審議会委員
松阪市,松阪市都市計画審議会委員
伊賀市,伊賀市都市計画審議会委員
一般社団法人 三重県建設業協会,三重県建築賞審査委員
職歴
1978.10~1984.03 大同工業大学 教育職 助手
1984.04~1991.03 大同工業大学 教育職 講師
1991.04~1999.07 三重大学 教育職 助教授
1999.08~2006.03 三重大学 教育職 教授
2006.04~ 三重大学大学院工学研究科 教育職 教授
学術(芸術)賞
1991.02 日本建築学会東海賞
2016.05 環境情報科学センター賞学術論文賞
専門分野
都市及び地方計画
現在の研究課題
公共的空間の地域共同管理,私的空間の緑景観のもつ公共的価値,親子近居・職住近接の視点から見た居住地再編
担当科目
建築家職能論 建築概論 建築企画設計 建築経営工学Ⅰ 建築設計製図II 建築設計製図III 建築設計製図IV 建築都市設計演習III 建築都市設計学特論 建築都市設計計画演習II 卒業研究 地域計画 地域経営工学演習 地域経営工学特論
主な業績等
[2010年以降の主な学術論文]
1.LAND USE PATTERN OF PRIVATE HOUSING DEVELOPMENT SINCE THE INTRODUCTION OF BRUNEI’S COMPACT STRATEGY(査読付),
日本建築学会計画系論文集 82(733), 705-714, 2017.2
2.戦前名古屋の耕地整理事業・土地区画整理事業における古集落の道路計画に関する研究(査読付),都市計画論文集 51(3), 1145-1151, 2016
3.重要伝統的建造物群保存地区の現状変更に関する町並み相談員制度の運用実態-福井県若狭町熊川宿重要伝統的建造物群保存地区を事例として-(査読付),都市計画論文集,第50号 pp.1084-1089,2015.11
3.緑地協定の更新・失効の実態および更新に向けた地方自治体の対応策について(査読付),環境情報科学論文集,No.28,pp.397-402,2014
4.Population Dustribution of Outer Megacity Region in the Mature Period - Case Study of Tokyo and Osaka Megacity Region in Japan,The International Symposium on City Planning 2014 in Ha Noi
5.広域合併した地方都市の周辺部において持続的な集約型居住を可能とする条件,地域問題研究,No.87,pp.24-29
6.成熟期を迎える戸建て住宅地の緑地管理に関する緑地協定制度の運用実態と課題について(査読付),環境情報科学論文集,No.27,pp.175-180,2013
7. 工場と周辺環境の調和のための工場緑化推進策:三重県四日市市における産業施策と工場立地施策を事例に(査読付),日本建築学会技術報告集,Vol.19(43),pp.1115-1120,2013
8. 民有地の樹木群が形成する緑景観に対する住民の価値意識からみた地域管理の可能性に関する研究~名古屋市東部の低層住宅地の場合(査読付),都市計画論文集,No.47,pp.247-252,2012
9. 市街化調整区域の地区計画制度による工業団地内公園設置に関する研究:三重県四日市市におけるケーススタディ(査読付),日本建築学会技術報告集,Vol.18(40),pp.1087-1092,2012
10. 歴史的住宅地内の連続した生垣空間の変遷と保全方策に関する研究~三重県松阪市殿町地区を対象にして(査読付),日本建築学会技術報告集,Vol.19(41),pp.293-298,2012
11.A Study on Management System to Control Building Activities in the Important Preservation District for Group of Historic Buildings in Japan -Focusing on the co-operative management of local government and a private architect contracted as an expert for restoration,International Conference on East Asian Architectural Culture -Contemporary Challenges in East Asian Architectural Studies,2012
12. 日本各地からのまちづくり情報(第8回)三重県における広域合併に伴う都市計画区域再編とまちづくり,新都市,Vol.66(11), pp.54-59, 2012
13. 彦根市「四番町スクエア」における低密オープンスペース創出型・住商共存型再整備に関する研究(査読付),都市計画論文集,No.46,pp.613-618,2011
14. 人口動態に着目した三大都市圏における人口増加・減少地域の分布特性(査読付),環境情報科学論文集,No.25,pp.43-48,2011
15. 関宿重要伝統的建造物群保存地区における修理修景事業に対する行政支援--専門職員が継続的に建物調査・設計から施工まで一貫して支援する三重県亀山市の場合(査読付),都市計画論文集,第45号,pp.361-366,2010
16. 都市近郊の土地利用計画と担い手に関する法制度の現状と課題,農村計画学会誌,Vol.29(3),pp.358-361,2010
17.名著探訪 増補・都市計画法の要点、日本の都市計画法,都市計画,No.59,p.84,2010
18.地域福祉を支える「地域の居間」としてのシルバーサロンの利用向上のための一考察:三重県名張市のふれあい・いきいきサロン事業を対象として,Research Reports of the Faculty of Engineering,pp.1-9,2010


[主な著書]
1. 人口減少時代における土地利用計画(共編著),2010,学芸出版社
2. ラーバンデザイン(共著), 2007, 技報堂出版
3. 幻の都市計画(共著), 2006, 樹林舎
4. 中心市街地再生と持続可能なまちづくり(共著), 2003, 学芸出版社
5. 新修名古屋市史第7巻(共著),1998,名古屋市
6. まちづくり21世紀への挑戦―中部の都市計画 歴史と展望―(共著),1995,大成出版
7. 都市近郊土地利用事典(共著),1994,建築知識


教員紹介の掲載内容の更新はこちらから(学内のみ)


三重大学教員紹介の内容について無断転用を禁じます