教員紹介トップページへ

三重大学トップページへ

三重大学教員紹介

教員情報

職名
教授
氏名
たまるゆたか
田丸  浩
生年月
1967.07
所属
部局
生物資源学研究科
学科・専攻
生物圏生命科学専攻
講座
マリンバイオテクノロジー
教育研究分野
水圏生物利用学
TEL
 
FAX
 
E-mail
ytamaru@bio. (末尾に mie-u.ac.jp を補ってください)
個人のホームページ
 
学歴
三重大学水産学部 学士課程 (~1991年) 卒業
三重大学大学院生物資源学研究科 博士前期課程・博士後期課程 (~1997年) 修了
学位
1997.03 海洋細菌Vibrio fluvialis I MA-138株の産生するβ-1,4-マンナナーゼに関する研究 三重大学
所属学会
American Society for Microbiology 日本農芸化学会 日本分子生物学会 日本生物工学会 日本薬理学会 日本生化学会 「生命をはかる」研究会
社会活動
People-to-People Foundation (Delegate)
バイオマス研究会(幹事)
職歴
1997.04~2000.06 カリフォルニア大学デイビス校 研究職 リサーチ・アソシエイト
2000.07~2002.10 三重大学 生物資源学部 文部科学教官 助手
2002.11~2007.03 三重大学 生物資源学部 文部科学教員 助教授
2007.04~ 三重大学 大学院生物資源学研究科 文部科学教員 准教授
学術(芸術)賞
第9回バイオビジネスコンペJAPAN 奨励賞(平成20年度)
2011年度日本生物工学会 大会トピックス賞(平成23年度)
2012年度日本農芸化学会 第9回農芸化学研究企画賞(平成23年度)
専門分野
分子生物学 生物工学 比較機能ゲノミクス
現在の研究課題
魚類を用いた次世代型ポストゲノム研究開発
未利用バイオマスからのバイオリファイナリーに関する研究開発
担当科目
水圏生物工学 水圏生物利用学実験 水圏生物利用学演習 水圏生物利用学特論 生体機能物質解析学
主な業績等
【原著論文2001〜】
Pectate lyase A, an enzymatic subunit of the Clostridium cellulovorans cellulosome 共著 2001.07 Proc. Natl. Acad. Sci. USA 98 7 4125-4129
Heterologous production of Clostridium cellulovorans engB, using protease-deficient Bacillus subtilis, and preparation of active recombinant cellulosomes 単著 2002.01 J. Bacteriol. American Society for Microbiology 184 1 76-81
Cell-surface-anchoring role of N-terminal surface layer homology domains of Clostridium cellulovorans EngE 共著 2002.04 J. Bacteriol. American Society for Microbiology 184 4 884-888
Formation of protoplasts from cultured tobacco cells and Arabidopsis thaliana by the action of cellulosomes and pectate lyase from Clostridium cellulovorans 共著 2002.05 Appl. Environ. Microbiol. American Society for Microbiology 68 5 2614-2618
Novel carbohydrate-binding module of β-1,3-xylanase from a marine bacterium, Alcaligenes sp. strain XY-234 共著 2002.09 J. Bacteriol. American Society for Microbiology 184 9 2399-2403
A new class of glutathione S-transferase from the hepatopancreas of the red sea bream Pagrus major 共著 2005.04 Biochem. J. 388 1 299-307
Molecular cloning and characterization of Alpha-class glutathione S-transferase genes from the hepatopancreas of a red sea bream, Pagrus major 共著 2005.06 Comp. Biochem. Physiol, PartC ELSEVIER
The first crystal structure of a family 31 carbohydrate-binding module with affinity to beta-1,3-xylan. 共著 2005.10 FEBS Lett. Elsevier 579 20 4324-4328
The first thermodynamic characterization of beta-1,3-xylanase from a marine bacterium. 共著 2005.11 Protein J. Elsevier 24 7-8 413-421
Cloning of the novel gene encoding beta-agarase C from a marine bacterium, Vibrio sp. strain PO-303, and characterization of the gene product. 共著 2006 Appl. Environ. Microbiol. American Society for Microbiology 72 9 6399-6401
Molecular Cloning, Expression, and Characterization of a beta-Agarase Gene, agaD, from a Marine Bacterium, Vibrio sp. Strain PO-303. 共著 2007 Biosci Biotechnol Biochem. Nippon Nougei Kagakukaishi
A unique beta-agarase, AgaA, from a marine bacterium, Vibrio sp. strain PO-303. 共著 2007.03 Appl. Microbiol. Biotechnol. American Society for Microbiology 74 6 1248-1255
Construction of an expression vector containing a beta-actin promoter region for gene transfer by microinjection in red sea bream Pagrus major 共著 2007.04 Fisheries Science 日本水産学会 73 440-445
Femtosecond pulsed lazer as a microscalpel for microdissection and isolation of specific sections from biological samples. 共著 2007.09 Jpn. J. Appl. Phys. 日本応用物理学会誌 46 9A 5859-5864
Purification, characterization and initial X-ray diffraction study of the zinc-finger domain of zebrafish Nanos. 共著 2009 Acta Cryst. Internatioal Union of Crystallography F65 959-961
Cloning and characterization of a beta-1,4-mannanase 5C possessing a family 27 carbohydrate-binding module from a marine bacterium, Vibrio sp. strain MA-138 共著 2009.01 Biosci Biotechnol Biochem. 日本農芸化学会 73 1 109-116
A novel application of metabolomics in vertebrate development. 共著 2009.04 Biochem. Biophys. Res. Commun. ELSEVIER 386 1 268-272
Enhancing the tolerance of zebrafish (Danio rerio) to heavy metal toxicity by the expression of plant phytochelatin synthase. 共著 2006.04 J. Biotechnol. Elsevier 122 3 316-325
Application of the arming system for the expression of the 380R antigen from red sea bream iridovirus (RSIV) on the surface of yeast cells 共著 2006.07 Biotechnol. Prog. ACS 22 4 949-953
Genome sequence of the cellulosome-producing mesophilic organism Clostridium cellulovorans 743B. 共著 2010.02 J. Bacteriol. American Society for Microbiology 92 3 901-902
Protein O-mannosylation is necessary for normal embryonic development in zebrafish. 共著 2010.07 Glycobiology Oxford journals
Comparison of the mesophilic cellulosome-producing Clostridium cellulovorans genome with other cellulosome-related clostridial genomes. 共著 2010.10 Microb Biotechnol. 4 1 64-73
Crystal structure of zinc-finger domain of Nanos and its functional implications. 共著 2010.11 EMBO Reports 欧州分子生物学会誌 11 11 848-853
Tissue-restricted expression of Nrf2 and its target genes in zebrafish with gene-specific variations in the induction profiles. 共著 2011 PLos One
6 10 e26884
Putative role of cellulosomal protease inhibitors in Clostridium cellulovorans by their gene expression and measurement of the activities. 共著 2011.07 J. Bacteriol. American Society for Microbiology 93 19 5527-5530
Functional and heterologous expression of human protein O-linked mannose β-1,2-N-acetylglucosaminyltransferase 1 in zebrafish. 共著 2012.08 J. Biosci. Bioengin. 119 8

【著書・総説】
・バイオマス利用関係
The Clostridium cellulovorans Cellulosome: An Enzyme Complex with Plant Cell Wall Degrading Activity 単著 2001.01 The Chemical Records 1 1 24-32
Genetic analysis of β-1,3-xylanases from marine bacteria: Functions and applications 共著 2003.06 Rec. Adv. Marine Biotech. 10 123-137
Structure and function of Clostridium cellulovorans cellulosome and its application of degradation to plant biomass 共著 2003.07 Rec. Res. Develop. Microbiol. Research Sympost 7 23-39
Cellulosomes from mesophilic bacteria 単著 2003.10 J. Bacteriol. American Society for Microbiology 185 20 5907-5914
Comparative genomics of the mesophilic cellulosome-producing Clostridium cellulovorans and its application to biofuel production via consolidated bioprcessing. 共著 2010.02 Environ. Technol. Taylor & Francis Group 31 8-9 889-903
ソフトバイオマス完全糖化の新バイオ技術 共著 2010.05 配管技術 日本工業出版 52 7 1-6
バイオマスを完全分解・糖化する革新的微生物前処理技術 共著 2010.05 ブレインテクノニュース 独立行政法人 農業・食品産業技術総合研究機構 139 20-27
ソフトバイオマス完全糖化を目指したデザイナブルセルロソームの構築 共著 2010.07 生物工学会誌 88 7 336-339
セルロソーム生産菌Clostridium cellulovorans 743Bの全ゲノム解析 共著 2011.02 三重大学大学院生物資源学研究科紀要 三重大学生物資源学研究科 37 1-9
ゲノム解析とバイオマス完全利用への応用 共著 2011.06 ケミカルエンジニアリング 化学工業社 56 6 30-37
セルロソーム生産菌Clostridium cellulovorans 743Bの全ゲノム解析. 共著 2011.09 三重大学大学院生物資源学研究科紀要 37 37 1-9
微生物によるものづくり-化学法に代わるホワイトバイオテクノロジーの全て- 共著 2008.06 シーエムシー出版
第二世代バイオマス燃料の開発と応用展開 共著 2009.04 シーエムシー出版
セルロース系バイオエタノール製造技術-食料クライシス回避のために- 共著 2010.03 NTS
エコバイオリファイナリー —脱石油社会へ移行するための環境ものづくり戦略— 単著or編著 2010.12 株式会社シー・エム・シー出版
Carbohydrate Modifying Biocatalysts 共著 2011.07 Pan Stanford Publishing Pte. Ltd.(Singapore)
バイオマス分解酵素研究の最前線-セルラーゼ・ヘミセルラーゼを中心として— 単著or編著 2012.03 シーエムシー出版

・魚類バイテク関係
先端バイオ研究の進めかた 共著 2001.04 羊土社
ポストゲノム時代のモデル動物:ゼブラフィッシュ「ゼブラフィッシュによるトキシコゲノミクス研究」 共著 2003.01 バイオサイエンスとインダストリー 61 1 31-34
ゼブラフィッシュによるポストゲノム時代のマリンバイオテクノロジー研究 単著 2004.02 BIO INDUSTRY 21 2 63-70
コンビナトリアル・バイオエンジニアリングの最前線 共著 2004.10 シーエムシー出版
ゼブラフィッシュによるタンパク質生産系の開発 共著 2006.08 日本生物工学会誌 日本生物工学会 84 8 322-324
抗体医薬の最前線 共著 2007.07 シーエムシー出版
魚類による抗体生産系の構築と創薬ターゲットへの応用 共著 2009.10 ケミカルエンジニアリング 化学工業社 54 10 1-6
ゼブラフィッシュによるコンビナトリアル・バイオエンジニアリング 共著 2009.11 薬学会誌 日本薬学会 129 11 1285-1293
臓器まで透けて見えるキンギョ 共著 2010.02 化学 日本化学会 65 2 72-72
今日の話題:始原生殖細胞の維持に関わるナノスの立体構造. 共著 2011.10 化学と生物 社団法人日本農芸化学会 49 10 662-663
遺伝子工学 単著or編著 2012.03 化学同人(京都)


教員紹介の掲載内容の更新はこちらから(学内のみ)


三重大学教員紹介の内容について無断転用を禁じます