教員紹介トップページへ

三重大学トップページへ

三重大学教員紹介

教員情報

職名
准教授
氏名
いまなか-よしだきょうこ
今中-吉田 恭子
生年月
 
所属
部局
医学系研究科
学科・専攻
生命医科学専攻
講座
基礎医学系講座
教育研究分野
 
TEL
 
FAX
 
E-mail
 
個人のホームページ
 
学歴
 
学位
1988.7 医学博士 三重大学
所属学会
日本内科学会 日本循環器病学会 日本細胞生物学会 American Society for cell biology International Society for Heart Research
社会活動
 
職歴
1988.7 医療法人武内病院内科医員 1990.1 Univ. of Pensylvania Dept. of Anatomy Postdoctoral fellow 1992 .1 三重大学医学部助手
学術(芸術)賞
 
専門分野
循環器病理学 細胞生物学 発生生物学
現在の研究課題
心血管系の発生・循環器病理学
担当科目
K. Imanaka-Yoshida, K. Yokoyama, and T. Sakakura. possible roles of the tenascin family during heart development and myocardial tissue remodelig. in The Hypertrophied Heart.(eds: N. Takeda, M. Nagano and N.S.Dhalla, Kluwer Academic, Boston), pp123-129
主な業績等
K. Imanaka-Yoshida, M. Enomoto-Iwamoto, T. Yoshida and T. Sakakura. Vinculin, talin, integrin α6β1 and Iaminin can serve as components of attachment complex mediating contraction for ce transmission from car diomyocytes to extracellular matrix. Cell Mot
K. Imanaka-Yoshida, K.A.Knudsen, and K.K.Linask. N-cadherin is required for the differentiation and initial myofibrillogenesis of chick cardiomyocytes. Cell Motil. Cytoskel.39:52-62(1998)
今中-吉田恭子.動脈硬化と細胞外マトリックス.New メディカルサイエンス 細胞外マトリックス,羊土社,東京,pp142-150(1995)


教員紹介の掲載内容の更新はこちらから(学内のみ)


三重大学教員紹介の内容について無断転用を禁じます