教員紹介トップページへ

三重大学トップページへ

三重大学教員紹介

教員情報

職名
講師 
氏名
かさいゆういち 
笠井裕一 
生年月
1961.01 
所属
部局
附属病院 
学科・専攻
外科系診療科 
講座
整形外科 
教育研究分野
 
TEL
059-231-5022 
FAX
059-231-5211 
E-mail
ykasai@clin.medic. (末尾に mie-u.ac.jp を補ってください) 
個人のホームページ
学歴
1986 三重大学医学部
1990 三重大学大学院医学研究科 博士 修了 
学位
1990 医学博士 三重大学 
所属学会
日本整形外科学会 日本脊椎外科学会 North American Spine Society  French Scoliosis Society  American Academy of Orthopaedic Surgeons 
社会活動
東海脊椎外科研究会幹事 
職歴
1990 紀南病院医員 1992 三重大学医学部整形外科助手 
学術(芸術)賞
 
専門分野
脊椎外科 脊椎のバイオメカニクス 
現在の研究課題
腰椎不安定症の病態 脊椎のバイオメカニクス 新しい腰椎インストルメンテーションの開発 側弯症の原因―肋骨の長さの検討― 脊椎疾患の患者の性格と手術成績 
担当科目
整形外科 
主な業績等
Mixture ratios of local bone to artificial bone in lumbar posterolateral fusion. J Spinal Disord. 16: 31-37,2003
Change of barometric pressure influences low back pain in patients with vacuum phenomenon within lumbar intervertebral disc. J Spinal Disord. 15: 290-293, 2002
Metal concentrations in serum and hair of patients with titanium alloy spinal implants. Spine 28: 200328
Superelastic Ti-Ni alloy wire intramedullary nails for metastatic femoral pathologic fracture; a case report. J Surgical Oncology: 2003
Length of the ribs inpatients with idiopathic scoliosis. Arch Orthop Trauma Surg. 122: 161-162,2002
New evaluation method using preoperative magnetic resonance imaging for cervical spondylotic myelopathy. Arch Orthop Trauma Surg. 121:508-510, 2001
Factors related to the correction of pelvic obliquity in patients with poliomyelitis-related scoliosis Journal of Orthopaedic Surgery 6:53?60(1998)
Operative treatment of poliomyelitis-related scoliosis:A comparison of non-instrumentation,Harrington instrumentation and segmental spinal instrumentation Journal of Orthopaedic Surgery 7:19-26(1999)
脊椎インストルメンテーション使用例における血清中の金属温度 東海脊椎外科13:64?66(1999)
脊椎手術の患者選択におけるMaudsley性格テストの有用性 整形外科 50:776?777(1999)
脊椎疾患の患者に対する術前インフォームドコンセント 整形外科 50:650?651(1999)
頚椎症性脊髄症に対する手術的治療の限界 中部整災誌 41:25?26(1998)
発育性脊柱管狭窄を伴う頚椎症性脊髄症患者の身体的特徴 中部整災誌 42:131?132(1999)
骨粗鬆症性脊椎骨折後に生じた下肢麻痺例における画像所見と手術的治療 中部整災誌 42:47?48(1999)
腸骨スペーサーの使用経験 中部整災誌 40:869?870(1997)
経皮的髄核摘出術の治療成績 東海脊椎外科 12:70?71(1998)
頚椎手術例における腰殿部痛の改善 東海脊椎外科 12:95?96(1998)
脊椎instrumentation後の遅発性感染 中部整災誌45:23-24、2002
ラット腰椎椎間板の硬度 ?加齢と性別の影響ー 整形外科 53:576-577、2002
患者の性格と術後疼痛 整形外科53:469-472、2002
新しい腰椎不安定性の判定法 整形外科53:107-109、2002
脊椎圧迫骨折のリハビリテーション 骨関節靱帯 15:23-29、2002
Day surgery で行う経皮的髄核摘出術の実際と問題点 中部整災誌44:855-856、2001
腰椎退行疾患における進行過程の検討 整形外科52:1465-1467、2001
頸椎疾患における椎間関節肥厚 整形外科 52:1178-1179、2001
気圧の変化によって腰痛は悪化するか 骨関節靱帯14:855-857、2001
Day surgery で行う経皮的髄核摘出術 整形外科52(7):832-833、2001
気圧の変化と腰痛 -vacuum phenomenon に着目して-  東海脊椎外科15:103-104、2001
腰椎椎間板ヘルニア再手術例における性格テストの検討 中部整災誌44:373-374、2001
頚椎脊柱管拡大術の限界と問題点 中部整災誌44:63-64、2001
新しい位置覚評価法(leg replacing test )の試み 中部整災誌43:1059-1060、2000
特発性側弯症患者における第11,12肋骨の長さの検討 脊柱変形41(1):19 - 23,1999
脊椎疾患の手術患者における神経症的傾向 整形外科54:329-331、2003
腰椎不安定性を有する患者の臨床症状 臨床整形外科38:463-467、2003
腰部脊柱管狭窄症における臨床症状の新知見 骨関節靱帯16:117-122、2003 


更新日 2007-07-30 
教員紹介の掲載内容の更新はこちらから(学内のみ)


三重大学教員紹介の内容について無断転用を禁じます