職名 教授
氏名 ほりひろき
堀  浩樹
生年月 1958.08
所属 部局 医学系研究科
学科・専攻 生命医科学専攻
講座 基礎医学系講座
教育研究分野 医学医療教育学分野
TEL 059-231-6003
FAX 059-231-6013
E-mail hhori@clin.medic. (末尾に mie-u.ac.jp を補ってください)
個人のホームページ  
学歴 三重大学医学部 学士課程 (~1984年)
三重大学大学院 博士課程・博士後期課程 (~1990年) 卒業・修了
学位 1990.03 医学博士 三重大学
所属学会 日本小児科学会(指導医・専門医)・日本血液学会(指導医・専門医)・日本小児血液・がん学会(指導医・専門医)・日本臨床腫瘍学会(暫定指導医)・日本癌学会・国際小児がん学会[SIOP]・アメリカ癌学会[AACR]・日本医学教育学会(医学教育専門家)・国際小児保健研究会[JICHA]
社会活動 三重ファミリールーム運営委員会・代表
日本小児科学会・代議員・専門医試験出題委員・東海地方会幹事
日本小児血液・がん学会・評議員
国際小児保健研究会・運営委員
小児白血病研究会(JACLS)・理事
日本小児がんグループ(JCCG)・理事
東海小児脳腫瘍研究会・幹事
中部小児がんトータルケア研究会・幹事
三重県看護職員確保対策検討会・座長
公益財団法人三重県国際交流財団・評議員
特定非営利活動法人三重県日本中国友好協会・理事
職歴 1990.12~1993.01 JICAガーナ大学野口記念医学研究所プロジェクト・長期専門家(プロジェクトチームリーダー)
1994.09~1996.10 カリフォルニア大学サンディエゴ校医学部・研究員
1997.05~2000.09 三重大学医学部小児科・助手
2000.10~2004.02 三重大学医学部小児科・講師
2004.03~2009.10 三重大学大学院医学系研究科小児科学分野・准教授
2005.1-2 JICAンザニア母子保健プロジェクト短期専門家
2009.11~ 現在 三重大学大学院医学系研究科医学医療教育学分野・教授 医学部医学看護学教育センター長
2013.4-2015.3 三重大学理事
2013.4-2019.3 三重大学副学長・国際交流センター長
学術(芸術)賞 三重大学医学部教育貢献賞
専門分野 医学教育学・小児科学・血液腫瘍学・国際保健医療学・地域医療学
現在の研究課題 小児血液腫瘍学、医学教育、国際医療協力、地域医療教育
担当科目 医療と社会(地域基盤型保健医療教育実習)・医学英語(講義)・国際保健と地域医療(講義)・チュトリアル教育(チューター)・基本的臨床技能教育(プレゼンテーションおよび身体診察のまとめの講義)・研究室研修(指導)・臨床実習(指導)
主な業績等 1. Usami I, H, Hori H, et al. Discontinuation of L-asparaginase and poor response to prednisolone are associated with poor outcome of ETV6-RUNX1-positive pediatric B-cell precursor acute lymphoblastic leukemia. Int J Hematol. 2019 Jan 28. doi: 10.1007/s12185-019-02599-w. [Epub ahead of print]
2. Ishida Y, Hori H, Kuroda T, et al. Secondary bone/soft tissue sarcoma in childhood cancer survivors: a nationwide hospital-based case-series study in Japan. Jpn J Clin Oncol. 2018 Sep 1;48(9):806-814.
3. Ishida Y,Hori H, Kuroda T, et al. Secondary cancer after a childhood cancer diagnosis: viewpoints considering primary cancer. Int J Clin Oncol. 2018 Dec;23(6):1178-1188.
4. Alexander TB, Hori H, Inaba H, Mullighan CG, et al. The genetic basis and cell of origin of mixed phenotype acute leukaemia. Nature. 2018 Oct;562(7727):373-379.
5. Ishida Y, Hori H, Kuroda T, et al. Secondary bone/soft tissue sarcoma in childhood cancer survivors: a nationwide hospital-based case-series study in Japan. Jpn J Clin Oncol. 2018 Sep 1;48(9):806-814.
6. Nishii R, Moriyama T, Hori H, Yang JJ, et al. Preclinical evaluation of NUDT15-guided thiopurine therapy and its effects on toxicity and antileukemic efficacy. Blood. 2018 May 31;131(22):2466-2474.
7. Sakamoto K, Imamura T, Hori H, et al. Low Incidence of Osteonecrosis in Childhood Acute Lymphoblastic Leukemia Treated With ALL-97 and ALL-02 Study of Japan Association of Childhood Leukemia Study Group. J Clin Oncol. 2018 Mar 20;36(9):900-907.
8. Yano M, Imamura T, Hori H, et al. Clinical significance of SH2B3 (LNK) expression in paediatric B-cell precursor acute lymphoblastic leukaemia. Br J Haematol. 2018 Oct;183(2):327-330.
9. Moriyama T, Yang JJ, Hori H, et al. The effects of inherited NUDT15 polymorphisms on thiopurine active metabolites in Japanese children with acute lymphoblastic leukemia. Pharmacogenet Genomics. 2017. June: 27(6):236-239.
10. Horibe K, Hori H, et al. Long-term Results of the Risk-adapted Treatment for Childhood B-Cell Acute Lymphoblastic Leukemia: Report From the Japan Association of Childhood Leukemia Study ALL-97 Trial. J Pediatr Hematol Oncol. 2017 Mar;39(2):81-89.
11. Hori H, et al. Acute and late toxicities of pirarubicin in the treatment of childhood acute lymphoblastic leukemia: results from a clinical trial by the Japan Association of Childhood Leukemia Study. Int J Clin Oncol. 2017 Apr;22(2):387-396.
12. Kobayashi K, Hori H. Health-related quality of life in Japanese children with acute lymphoblastic leukemia during and after chemotherapy. Pediatr Int. 2017 Feb;59(2):145-153.
13. Imamura T, Hori H, et al. IKZF1 deletion is enriched in pediatric B-cell precursor acute lymphoblastic leukemia patients showing prednisolone resistance. Leukemia. 2016 Aug;30(8):1801-3.
14. Moriyama T, Hori H, Yang JJ, et al. NUDT15 polymorphisms alter thiopurine metabolism and hematopoietic toxicity. Nat Genet. 2016 Apr;48(4):367-73.