教員紹介トップページへ

三重大学トップページへ

三重大学教員紹介

教員情報

職名
准教授
氏名
おいかわしんじ
及川 伸二
生年月
1961.07
所属
部局
医学系研究科
学科・専攻
生命医科学専攻
講座
基礎医学系講座
教育研究分野
 
TEL
 
FAX
 
E-mail
s-oikawa@doc.medic. (末尾に mie-u.ac.jp を補ってください)
個人のホームページ
学歴
1985 北海道大学水産学部
1993 北海道大学大学院環境科学研究科 博士 修了
学位
博士(環境科学)
所属学会
日本衛生学会 日本癌学会 日本生化学会 日本環境変異原学会 環境科学会 日本光医学・光生物学会
社会活動
 
職歴
1992.4 日本学術振興会特別研究員 1995.3 東京慈恵会医科大学助手 1997.3 三重大学医学部助手
学術(芸術)賞
第22回日本光医学・光生物学会奨励賞
専門分野
環境医学
現在の研究課題
環境中に存在する発がん物質の予知と発がん機構の解明,炎症による NO を介した発がん機構の研究,老化の研究,環境ホルモンの研究
担当科目
 
主な業績等
〔著書〕分子予防医学(共著)医学書院(1999)
〔学術論文〕Oxidative and non-oxidative mechanisms of site-specific DNA cleavage induced by copper-containing metallothioneins.(共著)Biochemistry, 34, 8763-8770 (1995).
Site-specific DNA damage induced by NADH in the presence of copper(?):role of active oxygen species.(共著)Biochemistry, 35, 4584-4590 (1996).
Copper-mediated DNA damage by metabolites of p-dichlorobenzene.(共著)Carcinogenesis, 17, 2733-2739 (1996).
Distinct mechanisms of site-specific DNA damage induced by endogeneous reductants in the presence of iron(?) and copper(?).(共著)Biochim. Biophys. Acta. 1399, 19-30 (1998).
Cytotoxicity and site-specific DNA damage induced by nitroxyl anion (NO-) in the presence of hydrogen peroxide:implications for diverse pathophysiological conditions.(共著)J. Biol. Chem. 274,20909-20915(1999).
N-Acetylcysteine, a cancer chemopreventive agent, causes oxidative damage to cellular and isolated DNA.(共著)Carcinogenesis, 20,1485-1490(1999).
Site-specific DNA damage at GGG sequence by oxidative stress may accelerate telomere shortening.(共著)FEBS Letters, 453,365-368(1999).
外因性内分泌攪乱化学物質(環境ホルモン)問題の現状と今後(共著)労働の科学 54 (6):340-344 (1999).
Oikawa S., Hirosawa I. Hirakawa K. Kawanishi S. Site Specificity and Mechanism of Oxidative DNA Damage Induced by Carcinogenic Catechol. Carcinogenesis 22, 1239-1245, 2001
Oikawa S. Tada-Oikawa S. Kawanishi S. Site-specific DNA Damage at GGG Sequence by UVA Involves Acceleration of Telomere Shortening. Biochemistry 40, 4763-4768, 2001


教員紹介の掲載内容の更新はこちらから(学内のみ)


三重大学教員紹介の内容について無断転用を禁じます