教員紹介トップページへ

三重大学トップページへ

三重大学教員紹介

教員情報

職名
教授
氏名
トガシケンジ
冨樫健二
生年月
1964.08
所属
部局
教養教育機構
学科・専攻
 
講座
 
教育研究分野
 
TEL
059-231-9295
FAX
059-231-9295
E-mail
togashi@edu. (末尾に mie-u.ac.jp を補ってください)
個人のホームページ
 
学歴
筑波大学体育専門学群 学士課程 (~1987年03月) 卒業・修了
筑波大学大学院修士課程体育研究科 修士課程・博士前期課程 (~1989年03月) 卒業・修了
学位
1989.03 体育学修士 筑波大学
2004.07 博士(医学) 三重大学
所属学会
日本体育学会 日本体力医学会 日本肥満学会 日本運動生理学会 日本健康支援学会 運動疫学研究会 アメリカスポーツ医学会 日本学校保健学会 日本発育発達学会 東海学校保健学会 日本DOHaD研究会
社会活動
 
職歴
1990.04~1991.03 福岡大学体育学部 助手
1991.04~1992.03 三重大学教育学部保健体育科 助手
1991.04~1991.10 国立津病院看護学校 非常勤講師 助教授
1992.04~1995.03 椙山女学園大学 生活科学部 非常勤講師
1992.04~1997.03 三重大学教育学部保健体育科 講師
1993.04~1999.07 椙山女学園大学 人間科学部 非常勤講師
1993.04~1999.07 愛知県立大学 非常勤講師
1997.04~2007.03 三重大学教育学部保健体育科 助教授
2002.04~2014.03 名古屋大学総合保健体育科学センター 非常勤講師
2007.04~2009.03 三重大学教育学部保健体育科 准教授
2009.04~ 三重大学教育学部保健体育科 教授
2012.09~2014.03 愛知淑徳大学 非常勤講師
学術(芸術)賞
第8回国際肥満学会渡航奨励賞
第49回東海学校保健学会奨励賞,小児における肥満進展予防に関する一連の研究,東海学校保健学会
第55回東海学校保健学会奨励賞,高等学校生徒における 生活状況と疲労の関係,2012.09,東海学校保健学会
専門分野
運動生理学、スポーツ医学、健康科学、バドミントン
現在の研究課題
運動系ゲームを用いた小児肥満改善プログラムの検討 児童のアレルギー・喘息症状と身体活動量との関連 地域発祥型健康づくりプログラムくまのウエストメジャーリーグの効果と課題 発育発達期における身体活動と骨密度との関連
担当科目
スポーツ健康科学ゼミナール スポーツ健康学概論 スポーツ健康学実習Ⅰ スポーツ健康学実習Ⅱ 課題研究Ⅰ 課題研究Ⅱ 課題研究Ⅲ 健康管理学 健康管理学演習 健康管理特論Ⅰ 健康管理特論演習Ⅰ 保健体育学ゼミナール
主な業績等
肥満小児の長期予後 単著 2013.09 小児保健研究 72(5) 649-654
思春期女子における高PBM獲得に必要な至適身体活動量、栄養摂取量の検討 単著 2014.07 Osteoporosis Japan 22 134-139
小児肥満症ガイドライン:小児肥満にみられる健康障害に関して 単著 肥満研究
小児肥満・肥満症に対する予防・治療 共著 2013.03 日本臨床 71(2) 310-314
高血圧に対する効果的な運動療法:高血圧の運動療法に関するケースレポート:小児期の運動療法 共著 2012.11 臨床スポーツ医学 29(11) 1129-1133
これだけは知っておきたい小児の肥満とやせQ & A 単著 2012.09 小児科学レクチャー 2(5) 1118-1124
性差を考慮した肥満小児への対応:-生活習慣病予備軍の増加とその対策における性差を考慮した治療戦略の重要性- 共著 2011.10 小児科臨床 64 50-56
子どもの身体組成 単著 2011.03 体育の科学 61 185-190
性差からみた肥満小児の腹部脂肪分布とインスリン抵抗性 共著 2010.11 医学のあゆみ 235 858-862
熊野古道馬越峠コースウォーキングによるリラックス効果 共著 2010.11 ウォーキング研究 14 191-195
メタボリックシンドロームを合併した肥満小児における動脈硬化の危険性と体脂肪分布 共著 2010.04 発育発達研究 48 1-10
Effect of Diet and Exercise Treatment for Obese Japanese Children on Abdominal Fat Distribution 共著 2010.01 Research in Sports Medicine: An International Journal 118 62-70
小児におけるメタボリックシンドロームへの介入 運動療法からのアプローチ 共著 2010.01 小児科診療 173 297-302
肥満小児の腹部脂肪分布、インスリン抵抗性と出生時体重 共著 2010.01 保健の科学 52 32-36
家庭用エクササイズ支援ゲーム機(Exergame)を用いた肥満小児の減量効果に関する研究 共著 2009.06 デサントスポーツ科学 30 172-180
保健体育教育科目におけるアダプテッドスポーツ受講生の指導事例について 共著 2008.09 三重大学授業研究交流誌 16 11-20
体脂肪を減らす賢い食べ方 単著 2008.08 灯台 26-28
肥満小児のための運動指導 単著 2008.08 体育の科学 58 549-553
小児のメタボリックシンドローム・肥満症に対する運動療法 共著 2007.12 アディポサイエンス 4 421-427
肥満小児に対する食事療法と運動療法を主体とした減量が血中グレリン濃度に及ぼす影響 共著 2007.08 体力科学 56 419-428
予防の対象としての小児肥満 単著 2007.08 臨床スポーツ医学 24 855-862
肥満小児におけるメタボリックシンドロームの現状とその改善 単著 2007.04 臨床栄養 110 387-391
Threshold-like pattern of neuronal activation in the hypothalamus during treadmill running: Establishment of a minimum running stress (MRS) rat model 共著 2007.04 Neuroscience Research 58 341-348
学生の健康・運動・食事・生活に関する調査結果について-前期(4月)と後期(1月)の比較 共著 2007.03 三重大学授業研究交流誌 15 35-40
Decreased High-Molecular Weight Adiponectin to Total Adiponectin Ratio in Sera Is Associated with Insulin Resistance in Japanese Metabolically Obese, Normal-Weight Men With Normal Glucose Tolerance 共著 2006 Diabetes Care 29 2327-2328
肥満小児のインスリン抵抗性獲得における内臓脂肪の影響 共著 2006.06 デサントスポーツ科学 27 49-55
Increased oxdative stress is associated with decreased circulating levels of adiponectin in Japanese metabolically obese, normal-weight men with normal glucose tolerance 共著 2006.05 Diabetes Research and Clinical Practice 43 310-314
小児肥満とその問題点 単著 2006.04 体育の科学 56 300-305
身体組成からみた思春期 単著 2006.03 子どもと発育発達 3 220-224
Decreased circulating levels of active ghrelin are associated with increased oxidative stress in obese subjects 共著 2005.10 European Journal of Endocrinology 153 403-407
Quantitative insulin sensitivity check index is a useful indicator of insulin resistance in Japanese metabolically obese, normal-weight subjects with normal glucose tolerance 共著 2005.04 Endcrine Journal 52 253-257
肥満小児に対する遺伝子解析を用いた内臓脂肪蓄積症候群の病態解明 共著 2005.03 医科学応用研究財団研究報告 22 199-202
保健体育教育における授業評価 ~スポーツ健康学実習及びスポーツ健康学概論~ 共著 2005.03 三重大学授業研究交流誌 13 7-13
Abdominal fat distribution and exercise treatment in obese Japanese children 共著 2003 Clin Paediatr Endocrinol 12 41-48
A 12-year follow-up study of treated obese children in Japan 共著 2002 Int J Obes Relat Metab Disord 26 770-777
ニュー運動生理学Ⅱ 共著 2015.01 真興交易医書出版部
スポーツ生理学 単著or編著 2013.02 化学同人
健康づくりのための運動の科学 共著 2013.01 化学同人
小児の生活習慣病ハンドブック 共著 2012.08 中外医学社
創造とスポーツ科学 単著or編著 2011.03 杏林書院
健康づくりトレーニングハンドブック 共著 2010.01 朝倉書店
身体トレーニング 共著 2009.04 新興交易出版
小児のメタボリックシンドローム 共著 2008.04 診断と治療社
小児メタボリックシンドローム 共著 2009.03 中山書店
新版 使えるスポーツサイエンス 共著 2007.10 講談社
メタボリック症候群と栄養 共著 2007.10 幸書房
最新スポーツ科学事典 共著 2006.09 平凡社
運動生理学 共著 2005.03 化学同人
小児ぜん息の病態とコントロール状態を反映する新しい客観的評価手法確立に関する研究報告書 共著
気道炎症評価にもとづく小児ぜんそく患者の効果的な長期管理法と自己管理支援の確立に関する研究報告書 共著
気道炎症評価にもとづく小児ぜんそく患者の効果的な長期管理法と自己管理支援の確立に関する研究報告書 共著
小児期メタボリックシンドロームに対する効果的な介入方法に関する研究 平成20~22年度 総合研究報告書 共著
小児期メタボリックシンドロームに対する効果的な介入方法に関する研究 平成22年度 総括・分担研究報告書 共著
平成19年度~平成22年度科学研究費補助金 基盤研究B 研究成果報告書 単著
熊野古道ウォーキングによるリラックス効果確認試験 -馬越峠コース- 共著
小児期メタボリックシンドロームに対する効果的な介入方法に関する研究
紀南地域生活習慣病対策用生活習慣病予防プログラムの開発 単著
みえメディカル研究会平成21年度報告書 単著
電化厨房から発信するヘルスプロモーションに関する調査報告 共著
小児期メタボリック症候群の概念・病態・診断基準の確立及び効果的介入に関するコホート研究 共著
平成18年度、平成19年度 三重県における児童・生徒の生活習慣病対策事業 調査結果報告書 単著
小児期メタボリック症候群の概念・病態・診断基準の確立及び効果的介入に関するコホート研究 共著
肥満小児におけるメタボリックシンドロームの実態と食事、運動による改善 単著
三重県における児童・生徒の生活習慣病対策事業調査結果報告書 単著
平成15年度~平成16年度科学研究費補助金 基盤研究C(2) 研究成果報告書 単著

<a href="https://kaken.nii.ac.jp/ja/search/?kw=%E5%86%A8%E6%A8%AB%E5%81%A5%E4%BA%8C">冨樫健二の科研費獲得状況</a>


教員紹介の掲載内容の更新はこちらから(学内のみ)


三重大学教員紹介の内容について無断転用を禁じます