教員紹介トップページへ

三重大学トップページへ

三重大学教員紹介

教員情報

職名
教授
氏名
はっとりのりこ
服部 範子
生年月
 
所属
部局
人文学部
学科・専攻
文化学科
講座
ヨーロッパ・地中海研究
教育研究分野
 
TEL
 
FAX
 
E-mail
hattori@human. (末尾に mie-u.ac.jp を補ってください)
個人のホームページ
 
学歴
 
学位
1989.06 Ph.D. University of London
所属学会
日本音韻論学会 日本音声学会 日本英語学会
社会活動
放送大学三重学習センター客員助教授(2000.9 - 2002. 3)
放送大学三重学習センター客員教授(2011.4 - 2014.3) 
British Council Japan Association
職歴
1987.04~1989.03 三重大学人文学部 講師
1989.04~2003.03 三重大学人文学部 助教授
2003.04~ 三重大学人文学部 教授
学術(芸術)賞
 
専門分野
英語音声学・音韻論
現在の研究課題
ことばのリズムと音楽の接点 現代英語における進行中の音変化とその言語的・社会的要因の研究 音声言語の知覚と産出
担当科目
英語学演習、言語科学概論、文化学セミナー(言語科学)、ヨーロッパ・地中海研究総論
主な業績等
〔著書〕
Mechanisms of Word Accent Change(単著)(1991) 篠崎書林.
『社会言語学概論: 日本語と英語の例で学ぶ社会言語学』(中尾俊夫・日比谷潤子と共著)(1997) くろしお出版.
『言語研究入門:生成文法を学ぶ人のために』(大津由紀雄・池内正幸・今西典子・水光雅則(編)、分担執筆)(2002) 研究社.
『はじめて学ぶ社会言語学』(日比谷潤子(編著)、分担執筆)(2012) ミネルヴァ書房.
『入門英語音声学』(単著)(2012) 研究社.
〔翻訳〕
『ヴェールをとる科学』(共訳)(1997) 誠信書房.
〔学術論文〕
Recent word-accent changes in Standard Japanese (単著) (1991) European Studies in Japanese Linguistics 1988-90, 27-38.
Stress changes in present-day British English(単著)(1994) Synchronic and Diachronic Approaches to Language, Liber Press, 213-218.
Suprasegmental changes in progress: Parallels between Japanese and English(単著)(1996) Proceedings of the Twelfth Northwest Linguistics Conference, 77-85.
Acquisition and Retention of Phonological Rules in Contact Situations(単著)(1997) Studies in English Linguistics, 大修館書店,893-901.
Base Transparency in Suprasegmental Changes(単著)(1998) Language Variation and Change 10: 85 - 96.
「アクセント型の収束について-変異にみられる定向変化(drift) 」(単著)(1999) 日本音韻論学会(編)『音韻研究』第2号37-44.
Stress Variants in Present-day English(単著)(2001) Philologia 33, 1-22.
「英語の強勢変異形と枝分かれ制約」(単著)(2003) 日本音韻論学会(編)『音韻研究』第6号 1-10.
Stress Variants in Present-day British English (単著)(2003) Philologia 35, 5-21.
English Stress Variants and Branching Constraints(単著)(2003) A New Century of Phonology and Phonological Theory: A Festschrift for Professor Shosuke Haraguchi on the Occasion of His Sixtieth Birthday. Kaitakusha. 290-299.
「進行中の音変化をとらえる」(単著)(2005) 日本音韻論学会(編)『音韻研究』第8号 1-8.
「英語の強勢変異形出現における韻律の果たす役割」 (単著)(2005)言語処理学会第11回年次大会発表論文集 P3-8.
「句境界における英語の主強勢移動について」 (単著)(2006) 言語処理学会第12回年次大会発表論文集 905-906.
English Stress Change in Progress (単著)(2007) Philologia 38, 97-108.
Structured Heterogeneity of English Stress Variants (単著)(2008) Proceedings of Interspeech 2008. 544.
Stress Shift Revisited: What does Stress Variation in English Suggest? (単著)(2008) Philologia 39, 121-132.
Accent/Dialect Divide: Vernacular as a window to tradition (単著)(2009) Philologia 40, 99-109.
Experiencing English Rhythm through Note Values (単著)( 2010) Philologia 41, 37-48.
「プロソグラムによるピッチ曲線抽出」(単著)(2011) Philologia 42, 5-11.
「視覚化および数値化を用いた英語リズムの分析について」(単著)(2011) 日本英語学会機関誌 JELS 28, 29-32.
Language Discrimination Using Low-pass Filtered Songs: Perception of Different Rhythm Classes (Takeyasu, Hajimeと共著)(2011) Proceedings of the 17th International Congress of Phonetic Sciences. 1946-1949.
「東西アクセントの出会う地域で音声変異について学ぶということ」(単著)(2011)『ことばの事実をみつめて:言語研究の理論と実証』開拓社.32-41.
Textsetting in English Vocal Music (単著)(2013)Philologia 44, 3-14.
Durational Patterns of Syllables in English(単著)(2013) Proceedings of the 2013 International Conference on English Linguistics: English Linguistics: Past, Present & Future. 353-354.
Accent and Beat Matching: The Correspondence of English Stress and Japanese Pitch in Terms of Textsetting (単著)(2015) Proceedings of the 18th International Congress of Phonetic Sciences. 277-280.
Apparent Exceptions to the Syllabic Distribution Algorithm for English (単著)(2015)Philologia 46, 1-18.
「歌から探る英語の好韻律性について」(単著)(2016) 日本音韻論学会(編)『現代音韻論の動向』 92-95.




教員紹介の掲載内容の更新はこちらから(学内のみ)


三重大学教員紹介の内容について無断転用を禁じます