教員紹介トップページへ

三重大学トップページへ

三重大学教員紹介

教員情報

職名
教授 
氏名
はっとりのりこ 
服部 範子 
生年月
 
所属
部局
人文学部 
学科・専攻
文化学科 
講座
ヨーロッパ・地中海研究 
教育研究分野
 
TEL
 
FAX
 
E-mail
hattori@human. (末尾に mie-u.ac.jp を補ってください) 
個人のホームページ
 
学歴
 
学位
1989.6 Ph. D. ロンドン大学 
所属学会
日本音韻論学会 日本英語学会 日本英文学会 日本音声学会  
社会活動
放送大学客員助教授(2000.9 - 2002. 3) British Council Japan Association 
職歴
1987.4 三重大学人文学部講師 1989.4 三重大学人文学部助教授 2003.4 三重大学人文学部教授 
学術(芸術)賞
 
専門分野
英語音声学・音韻論 
現在の研究課題
音変化のメカニズム 現代英語における進行中の変化とその言語的・社会的要因の研究 言語の知覚と産出 
担当科目
英語学演習 比較言語論 言語学概論 英米言語論  
主な業績等
〔著書〕Mechanisms of Word Accent Change 篠崎書林(1991)
社会言語学概論(共著) くろしお出版(1997) 
言語研究入門(分担執筆)研究社(2002)
〔翻訳〕ヴェールをとる科学(共訳)誠信書房(1997)
〔学術論文〕Recent word-accent changes in Standard Japanese, European Studies in Japanese Linguistics 1988?90, 27?38(1991)
Stress changes in present-day British English, Synchronic and Diachronic Approaches to Language, Liber Press, 213?218(1994)
Suprasegmental changes in progress: Parallels between Japanese and English. Proceedings of the Twelfth Northwest Linguistics Conference, 77?85(1996)
Acquisition and retention of phonological rules in contact situations, Studies in English Linguistics, 大修館書店,893?901(1997)
Base transparency in suprasegmental changes, Language Variation and Change 10: 85 - 96(1998)
アクセント型の収束について?変異にみられる定向変化(drift) 『音韻研究』第2号(1999). 日本音韻論学会(編).開拓社,37?44.
Stress variants in present-day English, Philologia 33 (2001) : 1 - 22.
英語の強勢変異形と枝分かれ制約 『音韻研究』第6号(2003). 日本音韻論学会(編).開拓社,1-10.
進行中の音変化をとらえる『音韻研究』第8号(2005). 日本音韻論学会(編).開拓社,1-8. 


更新日 2007-07-30 
教員紹介の掲載内容の更新はこちらから(学内のみ)


三重大学教員紹介の内容について無断転用を禁じます