教員紹介トップページへ

三重大学トップページへ

三重大学教員紹介

教員情報

職名
教授
氏名
あさのまさこ
麻野 雅子
生年月
1966.02
所属
部局
人文学部
学科・専攻
法律経済学科
講座
法政研究
教育研究分野
 
TEL
 
FAX
 
E-mail
 
個人のホームページ
 
学歴
京都大学法学部 学士課程 (~1989年)
京都大学大学院法学研究科 博士課程・博士後期課程 (~1994年) 単位取得満期退学
学位
法学修士
所属学会
日本政治思想学会 日本比較政治学会
社会活動
 
職歴
 
学術(芸術)賞
 
専門分野
政治思想史、現代政治理論
現在の研究課題
現代政治理論(公共性論・正義論)
担当科目
政治思想史、政治思想史演習、現代政治理論、専門PBLセミナー、社会研究総論、政治学G、公共政策の政治哲学特講、政治思想史特講、政治思想史演習
主な業績等
代議制民主主義に対する不信の広がりと「熟議」の意義(一) 単著 2017.03 三重大学法経論叢 34 1-20
代議制民主主義に対する不信の広がりと「熟議」の意義(二)・完 単著 2018.03 三重大学法経論叢 35 1-20
政治不信は民主主義の危機か(一) 単著 2015.03 三重大学法経論叢 32 1-19
政治不信は民主主義の危機か(二)・完 単著 2016.03 三重大学法経論叢 33 21-35
国家への信頼低下(政治不信)をめぐる一般的考察:民主主義の不安定化要因を探って 単著 2013.03 科学研究非補助金成果報告書「アジア通貨危機の政治的遺産:政治の不安定をめぐる比較研究」 175-189
日本における外国人の存在とナショナル・アイデンティティ意識の変容可能性:外国人政策の近年の動向を踏まえて 単著 2012.03 科学研究費補助金研究成果報告書「移民外国人の社会統合をめぐる地域間比較研究:「内包」と「排除」の議論を超えて」 111-128
日本におけるポピュリズムと「外国人問題」:その距離をめぐって 単著 2011.01 『移民と政治:ナショナル・ポピュリズムの国際比較』 241-273
日本における「外国人問題」と多文化共生理念 単著 2010.03 法経論叢 27 19-33
日本におけるポピュリズムと「外国人問題」 単著 2009.03 科学研究費報告書「移民外国人問題とナショナル・ポピュリズム運動に関する比較地域研究」 177-198
ポピュリズムの経験:その意味と帰結を考える 単著 2009.03 法経論叢 26 1-18
日本における外国人政治参加の現状:多文化共生を目指す自治体の取り組みを中心に 単著 2006.11 『外国人参政権問題の国際比較』 284-316
政治哲学としての共同体主義の可能性(1) 単著 2003.08 法経論叢 21 33-57
政治哲学としての共同体主義の可能性(2)・完 単著 2005.03 法経論叢 22 1-21
アイデンティティの社会的承認という問題:現代日本女性のアイデンティティをめぐる言説を題材に 単著 2004.09 法経論叢 22 1-42
共同体主義の政策理念 単著 2003.04 『公共政策学』 357-370
少子化の現状と未来 共著 2004.03 『少子化を受けての意識、制度両面における若年層に対する支援策に関する基礎研究 研究報告書』 5-24
市民参加論から協働論へ:現代社会における参加と協働 単著 2001.03 共同研究「情報をキーワードとした参画と協働」研究報告書 37-49
震災ボランティア活動と公共性(1) 単著 2000.02 法経論叢 17 1-42
震災ボランティア活動と公共性(2) 単著 2000.03 法経論叢17 17 1-42
「無縁化」と公共性:J・ロールズ「原初状態」論の解釈をめぐって 単著 1997.02 法経論叢1 14 1-37
公共性論における親密さの意義 :アンソニー・ギデンズの議論を中心に 単著 1995.08 法経論叢 13 1-53
公的世界における人々の絆(一):リチャード・セネットの公共性論 単著 1993.11 法学論叢 134 52-79
公的世界における人々の絆(二)・完:リチャード・セネットの公共性論 単著 1994.08 法学論叢 135 57-90
忠誠のゆくえ(一):E・H・エリクソンの政治心理学 単著 1991.12 法学論叢 130 83-110
忠誠のゆくえ(二)・完:E・H・エリクソンの政治心理学 単著 1992.02 法学論叢 130 102-124


教員紹介の掲載内容の更新はこちらから(学内のみ)


三重大学教員紹介の内容について無断転用を禁じます