教員紹介トップページへ

三重大学トップページへ

三重大学教員紹介

教員情報

職名
教授
氏名
たかはしひではる
高橋 秀治
生年月
1960.05
所属
部局
人文学部
学科・専攻
法律経済学科
講座
法政研究
教育研究分野
 
TEL
 
FAX
 
E-mail
 
個人のホームページ
 
学歴
1985 早稲田大学法学部
1994 早稲田大学大学院法学研究科 博士 満了
学位
1987.3 法学修士 早稲田大学
所属学会
日本法哲学学会
日本法哲学会 法哲学・社会哲学国際学会連合(IVR)
社会活動
 
職歴
1994.04 三重大学人文学部講師
1995.04 三重大学人文学部助教授
2004.04 三重大学人文学部教授
学術(芸術)賞
 
専門分野
法哲学
現在の研究課題
 
担当科目
地域社会と法倫理特講
法哲学特講
法哲学演習
法哲学
法哲学特論
外書講読など
主な業績等
〔学術論文〕法と道徳の関係に関する―考察―H・L・A・ハートの刑法哲学を中心に 早稲田法学66(3):1-137(1991)
H・L・A・ハートにおける法的概念の分析理論に関する一考察 早稲田法学67(4):1-63(1992)
法・リベラリズム・歴史―R・ドゥオーキンの法理論を中心に 法哲学年報(1994):128-136(1995)
法の効力と法の実現 大澤正男編『現代法学25講』:23-33(1997)
法学の基本的な考え方 上野逹彦編『あたらしい法学──人権・くらし・平和』:1-10(1998)
日本における真実究明と和解のために──「歴史主体」論争とリベラルな共同体の可能性(1) 法経論叢20(1):1-25(2002)
日本における真実究明と和解のために──「歴史主体」論争とリベラルな共同体の可能性(2・完) 法経論叢20(2):27-56(2003)
不処罰と共同体──日本の歴史的文脈から見た南アフリカのTRC 社会と倫理(15):40-43(2003)
法・理由・権威──J・ラズの実証主義的法理論に関する一考察 法経論叢21(2):99-131(2004)


更新日 2009-05-13
教員紹介の掲載内容の更新はこちらから(学内のみ)


三重大学教員紹介の内容について無断転用を禁じます