教員紹介トップページへ

三重大学トップページへ

三重大学教員紹介

教員情報

職名
教授
氏名
おちあい たかし
落合  隆
生年月
1961.12
所属
部局
人文学部
学科・専攻
法律経済学科
講座
現代経済研究
教育研究分野
 
TEL
 
FAX
 
E-mail
t-ochiai@human. (末尾に mie-u.ac.jp を補ってください)
個人のホームページ
 
学歴
1985 大阪市立大学経済学部
1992 大阪市立大学大学院経済学研究科後期博士課程 博士 満了
学位
1988.3 経済学修士 大阪市立大学
所属学会
日本経済学会
社会活動
 
職歴
1992.4 大阪経済法科大学経済学部講師 1995.4 三重大学人文学部講師 1997.4 三重大学人文学部助教授
学術(芸術)賞
 
専門分野
国際経済学・産業組織論
現在の研究課題
主に静学的及び動学的ゲームを使った産業政策と貿易政策の研究
担当科目
国際社会の原理2〔国際経済論〕市民社会の構造2〔ミクロ経済学〕環境経済論
主な業績等
〔論文〕製品差別化市場における品質選択と社会的厚生 経済学雑誌91巻1号(1990)
輸入制限は輸出を削減する 経済学雑誌91巻5・6号(1991)
R&D Rivalry in a Continuum of Potential Discoveries and the Position of Firms in an Industry Osaka City University Economic Review vol.26 No.2(1991)
Country -of-Origin Effect のもとにおける国際貿易と企業の品質選択(共著) 大阪市大論叢69号(1992)
国際貿易における品質選択とCountry -of-Origin Effect (共著) 大阪経済法科大学経済学論集16巻3・4合併号(1993)
〔研究業績〕「中間財市場における価格差別化と技術選択」「三重大学法経論叢」第13巻2号(1996)
「スイッチングコスト、費用削減的技術開発、市場構造」「三重大学法経論叢」第14巻2号(1997)
”A Dynamic Game Model of Mixed Duopoly Stock with Externalities”「三重大学経済学会Discussion Paper No.9704」(共著)(1997)
「混合複占市場における組合を持つ企業間の国際暴威駅と民営化効果」「「経済学雑誌」第98巻第4号(1997)
「排出物削減除去費用と環境損害に関する非対称情報下における環境政策の政治経済」「三重大学法経論叢」第15巻2号(1998)


更新日 2008-04-29
教員紹介の掲載内容の更新はこちらから(学内のみ)


三重大学教員紹介の内容について無断転用を禁じます