教員紹介トップページへ

三重大学トップページへ

三重大学教員紹介

教員情報

職名
教授
氏名
ふじたたつお
藤田 達生
生年月
1958.10
所属
部局
教育学部
学科・専攻
社会科教育
講座
 
教育研究分野
日本史学
TEL
059-231-9218
FAX
059-231-9218
E-mail
tafujita@edu. (末尾に mie-u.ac.jp を補ってください)
個人のホームページ
 
学歴
1987.03 神戸大学大学院文化学研究科博士課程修了
学位
1984.03 文学修士 神戸大学
1987.03 学術博士 神戸大学
所属学会
織豊期研究会 日本史研究会 大阪歴史学会 歴史学研究会 中世史研究会 三重大学歴史研究会 伊予史談会
社会活動
織豊期研究会事務局
教科書副読本監修・執筆
自治体史編纂委員
自治体文化財関係委員
歴史小説などの時代考証
職歴
1987 神戸大学大学院文化学研究科 助手
1993 三重大学教育学部 助教授
2003 三重大学教育学部 教授
2009 三重大学教育学部 学部長補佐
2011 三重大学教育学部 副学部長
2013 三重大学教育学部 学部長・研究科長
2015 三重大学大学院地域イノベーション学研究科博士後期課程兼任
学術(芸術)賞
2013 愛媛出版文化賞(『秀吉と海賊大名』中公新書)
専門分野
日本近世国家成立史の研究
現在の研究課題
日本中世・近世移行期の国家像を、織田・豊臣・徳川政権論から追究する。あわせて江戸幕府の確立過程を、藩の形成から論じる。
担当科目
日本史概論 日本史演習Ⅰ 日本史演習Ⅱ 日本史史料講読 日本史特論 日本史特論演習 課題研究Ⅰ~Ⅲ 教育実地研究基礎など
主な業績等
【主な著書】
〔日本史〕
戦国・織豊期城郭論―丹波国八上城遺跡群に関する総合研究― 編著 2000 和泉書院
日本中・近世移行期の地域構造 単著 2000 校倉書房
日本近世国家成立史の研究 単著 2001 校倉書房
本能寺の変の群像―中世と近世の相剋― 単著 2001 雄山閣出版
謎とき本能寺の変 単著 2003 講談社
伊勢国司北畠氏の研究 編著 2004 吉川弘文館
江戸時代の設計者―異能の武将・藤堂高虎― 単著 2006 講談社
近世成立期の大規模戦争 戦場論(下)編著 2006 岩田書院
小牧長久手の戦いの構造 戦場論(上)編著 2006 岩田書院
都市をつなぐ 共編著 2007 新人物往来社
秀吉神話をくつがえす 単著 2007 講談社
藤堂藩の研究 論考編 編著 2009 清文堂
信長革命―「安土幕府」の衝撃 単著 2010 角川書店
秀吉と海賊大名 単著 2012 中央公論新社
蒲生氏郷 単著 2012 ミネルヴァ書房
天下統一―信長と秀吉が成し遂げた「革命」 単著 2014 中公新書
地域社会における「藩」の刻印―津・伊賀上野と藤堂藩 監修 三重大学歴史都市研究センター編 2014 清文堂出版
〔史料集・史料目録〕
篠山藩(青山家)史料目録/篠山城跡学術調査委員会/1-242/1993 共編
朽木家文書 第一 共編著 2007 八木書店
朽木家文書 第二 共編著 2008 八木書店
藤堂御家並雑書(一)~(三)・補遺/三重大学歴史研究会 ふびと/別冊史料編/6-70/2008 共編
証言 本能寺の変 単著 2010 八木書店
佐伯家資料集 共編 2014 西条市立小松温芳図書館・郷土資料室
明智光秀 共編著 2015 八木書店
豊臣秀吉文書集1・2~ 共編 吉川弘文館
〔自治体史〕
五個荘町史 古代・中世編 共編 1992
熊取町史 史料編Ⅰ 共編 1991
熊取町史 史料編補遺 編著 2000
熊取町史 史料編Ⅱ 共編 1995
熊取町史 本文編 共編 2000
新修泉佐野市史13 絵図・地図編 共編 1999
新修泉佐野市史5 史料編中世Ⅱ 共編 2001
新修泉佐野市史4 史料編古代・中世Ⅰ 共編 2004
愛知県史 史料編織豊Ⅰ 共編 2003
愛知県史 史料編織豊Ⅱ 共編 2007
愛知県史 史料編織豊Ⅲ 共編 2010
愛知県史 史料編中世・織豊 共編 2014
伊賀市史 第1巻 通史編古代・中世 共編 2011
〔科学研究費報告書など〕
三重県久居市上野遺跡に関する総合研究 平成13年度三重大学重点経費 (萌芽研究重点経費) 研究成果報告書 2002 研究代表者
近世成立期の大規模戦争と幕藩体制―占領・国分・仕置の視点から 文部科学省科学研究費補助金研究成果報告書 基盤研究(A) 2005 研究代表者
〔教育関係報告書〕
「教科力」構築のために―三重大学歴史研究会とPBL教育― 編著 2007 三重大学教育学部日本史研究室 研究代表者
「教科力」構築プロジェクト―時代に即応する新しい教員養成のために― 共編 2009 平成19・20年度三重大学教育GP成果報告書 研究代表者
附属学校の大学院化による教員養成・研修機能の高度化のためのカリキュラム研究 文部科学省平成27年度総合的な教師力向上のための調査研究事業 編著 2016 研究代表者
【主な論文】
〔日本史〕
地域的一揆体制の展開―菅浦惣荘における自治―/日本史研究/273/1-30/1985
地域的一揆体制の形成と展開―近江国甲賀郡を中心に―/ヒストリア/109/19-39/1985
和泉国日根荘について―研究の成果と課題―/ヒストリア/116/41-59/1987
地方の土一揆/戦乱の日本史/6/第一法規出版株式会社/106-109/1988
蒲生氏/日本の名族/8/新人物往来社/93-127/1989
豊臣期国分に関する一考察―四国国分を中心に―/日本史研究/342/28-48/1991
中世後期の村落/日本村落史講座/4/雄山閣出版/255-268/1991
織豊系城郭論序説/神戸大学史学年報/6/24-50/1991
室町末・戦国初期にみる在地領主制の達成―近江国朽木氏を素材として―/文化学年報(神戸大学文化学研究科紀要)/11/45-135/1992
兵農分離と売券/新しい歴史学のために/206/1―9/1992
小早川隆景の伊予支配/「社会科」学研究(愛媛大学「社会科」学研究会)/25/34-42/1993
近世初頭の開発と村落―和泉国日根郡を中心に―/日本史研究/369/25-46/1993
豊臣政権と国分/歴史学研究/648/18-31/1993
戦国・織豊期にみる都市の変容―丹波八上城とその城下町を素材として―/ヒストリア/143/1-26/1994
豊臣期の織田氏―信雄像の再検討―/安土城考古博物館特別展図録/72-81/1994
豊臣政権と天皇制―九州国分から聚楽行幸へ―/歴史学研究/667/17-32/1995
小物成の成立に関する一視点―近世初頭の山支配を素材として―/年報中世史研究/20/143-167/1995
兵農分離と郷士制度―和歌山藩隅田組を中心に/国立歴史民俗博物館研究報告/69/79-116/1996
織田政権から豊臣政権へ―本能寺の変の歴史的背景―/年報中世史研究/21/131-157/1996
村の侍と兵農分離―伊賀の事例を中心に―(上)/人民の歴史学/133/1-10/1997
村の侍と兵農分離―伊賀の事例を中心に―(下)/人民の歴史学/134/22-32/1997
近世成立期の首都京都―仁木宏氏『空間・公・共同体―中世都市から近世都市へ―』に接して―/歴史科学/154/1-11/1998
近世都市の形成過程―伊賀上野を中心に―/Mie history /9/1998
藤堂高虎の都市計画―伊勢津の場合―/伊勢街道文化に関する基盤的研究―歴史的街道を軸にした街道文化の広域的ネットワークによる地域づくりの活用に向けて―/文部省科学研究費報告書〔研究代表者菅原洋一〕/1998
秀吉書札礼にみる豊臣政権像―小林清治氏の近業に学んで―/日本史研究/437/24-39/1999
藤堂氏の伊予支配/「社会科」学研究/36/1-18/1999
「公方」から「天下」へ/ヒストリア/166/1999
織田政権と尾張―環伊勢海政権の成立―/織豊期研究/1/3-22/1999
刀剣書の成立/三重大学教育学部研究紀要/51/157-182/2000
渡り歩く武士―和泉真鍋氏の場合―/泉佐野市史研究/6/1-18/2000
徳川将軍家の創出/年報中世史研究/25/87-115/2000
海賊禁止令の成立過程/三鬼清一郎編『織豊期の政治構造』/吉川弘文館/286-308/2000
濃尾武士団と豊臣政権―「大洲加藤文書」の世界―/織豊期研究/3/68-75/2001
明智光秀の政権構想/安土城考古博物館特別展図録/70-77/2001
バテレン追放令の布達とその背景/ふびと/53/33-47/2001
北畠氏と織豊政権/伊勢北畠氏と中世都市・多気/36-40/三重県美杉村教育委員会/2001
日根荘の沿革/史跡日根荘遺跡保存管理計画書/1-4/泉佐野市教育委員会/2003
初瀬街道沿いの城郭群/歴史的・文化的資産、風情の保存活用のための社会システムの構築(研究代表者浅野聡 平成15年度三重大学・三重県「歴史文化的景観研究会」研究報告書)/67-76/2004
本能寺の変と信州/長野県立歴史館開館10周年記念秋期展図録/74-76/2004
戦争と城/日本史講座5 近世の形成/東京大学出版会/253-282/2004
「天正の陣」後の伊予国衆―新居浜市教育委員会所蔵「野田家文書」を素材として―(上)/伊豫史談/335/1-11/2004
「天正の陣」後の伊予国衆―新居浜市教育委員会所蔵「野田家文書」を素材として―(下)/伊豫史談/336/1-11/2005
「神君伊賀越え」再考/愛知県史研究/9/1-15/2005
藤堂高吉関係史料の紹介/ふびと/57/50-59/2005
伊予八藩成立以前の領主と城郭/西南四国歴史文化論叢『よど』/7/1-14/2006
近世寺内町の形成過程―伊勢一身田の場合―/Mie history /17/1-12/2006
付城戦の展開/中世城郭研究/20/219-224/2006
織田信長の東瀬戸内支配/小山靖憲編『戦国期畿内の政治社会構造』/和泉書院/307-330/2006
織田政権と謀反/ヒストリア/206/81-106/2007
港湾都市・安濃津から城下町・津へ/都市をつなぐ/新人物往来社/2007
蒲生氏/福田千鶴編『新選 御家騒動』上/新人物往来社/34-63/2007
一身田寺内町の形成過程/ふびと/59/2-13/2007
織豊期大名軍制と交戦権/織豊期研究/10/19-38/2008
小牧・長久手の戦いと羽柴政権/愛知県史研究/12/1-14/2009
「鞆幕府」論/芸備地方史研究/268・269/48-73/2010
城主由緒の創造―伊予国宇摩郡藤田氏系図を素材として―/四国中世史研究/10/57-74/2010
湯築廃城期考/伊豫史談/358/1-14/2010
関白の越中出陣/図録秀吉越中出陣/富山市郷土博物館 /6-10/2010
城下町生活の息吹を伝える古文書群/伊賀上野東町文書/伊賀市古文献刊行会/252-254/2010
伊予時代の藤堂高虎―文禄・慶長期の大名配置―/三重大学歴史都市研究センター・ニューズレター/1/32-52/2011
近世前期藤堂藩伊賀領の支配構造―/三重大学歴史都市研究センター・ニューズレター/2/18-28/2012
初期松山城縄張考/伊豫史談/366/11-29/2012
藤堂高虎の城下町づくり/環境会議/2013春/149-153/2013
豊臣政権の北国支配/能登/石川県立歴史博物館/4-17/2013
藩成立期の先覚者像―松山藩足立重信を中心に―/伊予史談/370/17-46/2013
太田城水攻めと豊臣国分/ヒストリア/240/80-103/2013
文禄四年政変と近江佐和山城/織豊期研究/17/50-71/2015
柴田勝家と本能寺の変―北国における織田体制―/富山史談/179/93-99/2016
〔書評〕
仲村研著『中世地域史の研究』/日本史研究/341/83-95/1991
1993年回顧と展望―戦国期―/史学雑誌/103-5/90-93/1994
西島太郎著『戦国期室町幕府と在地領主』/史学雑誌/117-4/81-89/2008
〔教育〕
教員養成段階の「教科力」育成のためのカリキュラム開発/共著/日本教育大学協会研究年報/28/201-215/2010
危機に瀕する教員養成―社会科の場合―/ふびと/61/22-35/2010
教職大学院と教員養成制度の将来/日本史研究/617/75-81/2014
地方国立大学に文系学部は必要か/IDE現代の高等教育/575/51-55/2015
附属学校と大学院の一体化による教員養成・教員研修機能の高度化に関する研究/日本教育大学協会年報/34/198-209/2016
〔芸術・文学〕
鼎談 安部龍太郎・桐野作人・藤田達生「本能寺の変」はどこまで解明されたか/歴史街道/2001年10月号/PHP研究所
明智光秀は逆臣だったのか?/国立劇場第246回歌舞伎公演解説図録/2005・11
対談 安部龍太郎×藤田達生 巻末解説対談/安部龍太郎著『信長街道』/新潮文庫/2006・10
対談 安部龍太郎×藤田達生 歴史を疑え――隆慶一郎の源を探る/小説新潮/2009年10月号
忠臣明智光秀考/国立文楽劇場第123回文楽公演解説図録/2011・07
安部龍太郎著『下天を謀る(下)』解説/新潮文庫/480-487/2013
〔歴史辞典〕
『兵庫県地名大辞典』(角川書店/1988 芦屋市)
『新版日本史辞典』(角川書店/1996 14項目)
『日本史辞典』(岩波書店/1999 22項目)
『日本史辞典』(小学館/2000 24項目)
『日本史文献事典』(弘文堂/2003 2項目)
【教科書副読本】
わたしかがやく―豊かな出会いのなかで―(三重県中学校用人権学習教材)/三重県教育委員会/1-92/2004 共同監修
三重の文化―郷土の文化編(三重県中学校用学習教材)/三重県教育委員会/2010/共同監修・執筆
【文化財関係】
遺跡保存と文化財行政―丹波八上城遺跡群保存運動から―/日本史研究/396/45-59/1995
八上城遺跡群保存運動/いずみ通信/19/3-5/1996
八上城遺跡群保存運動の経過/地方史研究/263/78-81/1996
丹波国八上(やかみ)城遺跡群―遺跡見学の手引き―/季刊 あるく中世/11/7-16/1997
三重県久居市上野遺跡について/日本史研究/466/77-78/2001
圃場整備がもたらすもの/会報/172/2-3/泉佐野の歴史と今を知る会/2002
三重県久居市上野遺跡の危機―消滅寸前の重要遺跡―/歴史評論/633/37-42/2003
遺跡保存運動の最前線―川岡勉・島津豊幸編『湯築城と伊予の中世』に学ぶ―/歴史評論/663/84-94/2005
津城内堀の石垣発掘に寄せて 上・下―/中日新聞/2008・09・09~10
【新聞・雑誌寄稿】
○連載
藤堂高虎と伊予/愛媛新聞/2000・11・26~12・17
天下人の構造改革―信長から秀吉へ―/中日新聞/2002・09・07~2003・05・31
「鞆幕府」と本能寺の変/中国新聞/2004・02・19~2004・02・28
道標(愛媛新聞/2011・01・30~2011・12・18)
信長―哲人の軌跡―/毎日新聞/2011・04・01~2012・03・23
泉州と遠州―時代をつくる父子/月刊遠州/2012年6月号~2013年8月号
秀吉―「革命」の軌跡―/毎日新聞/2013・04・07~2014・03・29
謎解き歴史紀行〜半島をゆく/小学館『サライ』jp/2014年6月~
○文化欄
泉州・秀頼領の山論裁許絵図/毎日新聞/1991・12・05
城郭遺跡の保存を―兵庫・八上城周辺―/毎日新聞/1994・07・28
八上城―多紀郡篠山町―の意義を考える/神戸新聞/1994・12・20
発見された秀吉の伊勢砦群/中日新聞/2001・08・30
足利義昭が守旧勢力結集/中日新聞/2003・12・10
鬼神となった将軍―足利義昭/山陽新聞/2004・01・13
津城復元整備の原動力に/中日新聞/2007・02・02
江戸期の分権国家に学ぶ/毎日新聞/2009・05・14
新時代の教員養成学部/毎日新聞/2009・12・10
秀吉の天下統一と海賊/朝日新聞/2012・07・07
○時代考証
連載小説 内田康夫氏「地の日 天の海」(日本経済新聞/2006・07~2007・09)
連載小説 安部龍太郎氏「下天を謀る」(中日新聞/2008・01~2009・05)
○エッセー・その他
実像の大坂包囲網/歴史読本/2000年10月号/新人物往来社/156-162/2000
足利義昭と本能寺の変/真説 本能寺の変/集英社/130-146/2002
藤堂高虎と伊予/文化愛媛/48/愛媛文化振興財団/65-67/2002
明智光秀伝承の広がり/本/講談社/2003年11月号
近世「古城」考/城郭研究の軌跡と展望Ⅱ/城郭談話会/8-9/2004
本能寺の変はなぜおこったか/街道をゆく37/20-21/朝日新聞社/2005
変の背後に見え隠れする将軍の意志/歴史街道/2005年8月号/PHP研究所/50-54/2005
共同研究の現在―伊勢国司北畠氏の研究/日本歴史/692/70-72/2006
共同研究の現在―近世成立期の大規模戦争と幕藩体制/日本歴史/692/72-73/2006
藤堂高虎と長宗我部盛親/本/講談社/2006年4月号
足利義昭推戴説・光秀の政権構想/新歴史群像シリーズ⑨本能寺の変/学研/86-89・102-105/2007
似て非なるもの/本/講談社/2007年10月号
文学と歴史学のコラボレーション/本の旅人/角川書店/2008年7月号
今よみがえる「家康の参謀」/波/新潮社/2009年11月号
戦国史を知るための100冊 中国・四国の諸相―当時の政治を意外にもリード/中央公論/中央公論新社/2011年1月号
京都復帰を画策する足利義昭と「鞆幕府」/ここまでわかった!本能寺の変/新人物往来社・新人物文庫/2012
風雅を愛した流転の猛将/究/ミネルヴァ書房/38・39頁/2013
高虎の縁/日本経済新聞 交遊抄/2016年4月16日朝刊


教員紹介の掲載内容の更新はこちらから(学内のみ)


三重大学教員紹介の内容について無断転用を禁じます