教員紹介トップページへ

三重大学トップページへ

三重大学教員紹介

教員情報

職名
教授
氏名
YOSHIMATSU, Takao (Professor, PhD)
吉松 隆夫
生年月
1956
所属
部局
生物資源学研究科
学科・専攻
生物圏生命科学専攻
講座
海洋生物学
教育研究分野
浅海増殖学 Laboratory of Shallow Sea Aquaculture
TEL
059-231-9528
FAX
059-231-9540
E-mail
takaoyos@bio. (末尾に mie-u.ac.jp を補ってください)
個人のホームページ
学歴
広島大学水畜産学部水産学科卒業 (Hiroshima Univ.)
九州大学大学院農学研究科水産学専攻修士課程修了 (Graduate School, Kyushu Univ.)
九州大学大学院農学研究科水産学専攻博士課程修了 (Graduate School, Kyushu Univ.)
学位
農学博士(九州大学): PhD, Kyushu University
所属学会
日本水産学会 (The Japanese Society of Fisheries Science)
日本水産増殖学会 (Japanese Society for Aquaculture Research)
Asian Fisheries Society
World Aquaculture Society
社会活動
三重大学学長補佐(国際交流)
三重大学大学院生物資源学研究科国際交流委員長
日本水産増殖学会会長
日本水産学会中部支部評議員
国内外各種学会誌査読員
JICA技術協力派遣専門家
JICA技術協力研修コース講師
JSPS各種選考委員
Asian Institute of Technology客員教授(タイ)
University of Malaya博士学位外部審査員(マレーシア)
職歴
JICA青年海外協力隊(リベリア)
九州大学農学部附属水産実験所助手(JICA派遣専門家:フィジー,南太平洋大学海洋研究課程,文部省在外研究員:ベルギー,ゲント大学アルテミア研究センター他)
九州大学大学院農学研究院高次動物生産システム学講座助教授
(独)水産総合研究センター養殖研究所生産システム部飼餌料研究グループ長
2009年4月より現職
学術(芸術)賞
日本生物工学会技術賞,酸素濃度制御による栽培漁業用餌料ワムシの超高密度培養法の開発と実用化,日本生物工学会
専門分野
水産増養殖 (Aquaculture)
実験海洋生物学 (Experimental Marine Biology)
現在の研究課題
浅海域における有用水圏生物の生産技術に関する研究 (Studies on the production technologies for aquatic animals in shallow water zones)
担当科目
水圏生物生産演習 水圏生物生産学特別研究 浅海増殖学 水族増殖生態学 水産飼餌料学 種苗生産技術論 浅海増殖学演習 浅海増殖学実習 無脊椎動物増殖学演習他
主な業績等
I. 原著論文 Original Papers (2005年以降):

1. Temporal change of salinity stress in Manila clam Ruditapes philippinarum: implication for biodefense mechanism in response to climate change. N. Arisman, N. Istiqomah, H. Oka and T. Yoshimatsu. Aquaculture, Aquarium, Conservation & Legislation, 10 (2):210-2016 (2017)

2. Dietary supplementation of red alga Pyropia spheroplasts on growth, feed utilization and body composition of sea cucumber, Apostichopus japonicus (Selenka). A M Shahabuddin, M. N. D. Khan, K. Mikami, T. Araki and T. Yoshimatsu,Aquaculture Research, Apr. 2017 DOI: 10.1111/are.13350 (2017)

3. 採卵用アコヤガイに対するRhodomonas sp.の餌料価値. 山本慧史,藤村卓也,岡内正典,吉松隆夫. 水産増殖64 (3), 265-271 (2016)

4. マナマコApostichopus japonicus浮遊期幼生に対する微細藻類Rhodomonas sp.の餌料価値. 山本慧史,岡内正典,吉松隆夫 Nippon Suisan Gakkaishi, 81(6), 973-978 (2015)

5. クロロフィルa量を用いた吸光度法による微細藻類Rhodomonas sp.細胞密度の推定. 山本慧史,岡内正典,吉松隆夫. 水産増殖63 (3), 353-355 (2015)

6. Effect of replacement of fish meal by Pyropia spheroplasts on growth and feed utilization of koi carp Cyprinus carpio. A. Kalla, M. N. D. Khan, T. Araki and T. Yoshimatsu. Aquaculture Sci. 63 (3), 325-332 (2015)

7. Length-weight Relationship and Condition Factor of Juvenile Nile Tilapia Oreochromis niloticus (Linnaeus 1758) Fed Diets with Pyropia spheroplasts in Closed Recirculating System. A. M. Shahabuddin, M. N. D. Khan, D. Saha, E. Ayna, K. Wonkwon, W. W. Murray, T. Yoshimatsu and T. Araki. Asian Fisheries Science 28 (2015):117-129

8. Use of Pyropia spheroplasts as a live food substitute for culturing Japanese short-neck clam Ruditapes philippinarum. A. M. Shahabuddin, Mohammad Nakib Dad Khan, Novi Arisman, Debasish Saha, Takao Yoshimatsu, and Toshiyoshi Araki. Aquaculture Sci. 63 (2): 195-197 (2015) 

9. Ingestion by Japanese eel Anguilla japonica larvae on various minute zooplanktons. Stenly Wullur, Takao Yoshimatsu, Hideki Tanaka, Masataka Ohtani, Yoshitaka Sakakura, Hee-Jin Kim and Atsushi Hagiwara. Aquaculture Sci. 61(4), 341-347 (2013)

10. Bacterial diversity associated with the rotifer Brachionus plicatilis sp. complex determined by culture-dependent and -independent methods. Ryota Ishino, Shunpei Iehata, Miyo Nakano, Reiji Tanaka, Takao Yoshimatsu and Hiroto Maeda. Biocon. Sci., 17, 51-56 (2012)

11. 広島湾における天然クロダイの筋肉成分の季節変化.藤田辰徳,海野徹也,斉藤英俊,小櫃剛人,徳田雅治,奥 宏海,吉松隆夫,石丸恵利子,陀安一郎.日本水産学会誌,77(6), 1034-1042 (2011)

12. Early development of preleptocephalus larvae of the Japanese eel in captivity with special reference to the organs for larval feeding. Takao Yoshimatsu. The Bulletin of the Graduate School of Bioresources Mie University, 37, 11-18 (2011)

13.Effect of dietary ascorbate on lipogenesis and lipolysis activities in black sea bream, Acanthopagrus schlegelii. Hong Ji, Ahamd Daud Om, Takao Yoshimatsu, Tetsuya Umino, Heisuke Nakagawa, and Shuichi Sakamoto. Fish Physiol. Biochem., 36, 749-755(2010)

14. Utilization of waste Porphyra products as eco-friendly feed ingredients. Tsuyoshi Sugita, Takeshi Yamamoto and Takao Yoshimatsu. Bulletin of Fisheries Research Agency, 29, 19-27, (2010)

15.Effect of Oligosaccharide-rich Supernatant from Porphyra with Enzymatic Treatment as a Feed Additive for Black Sea Bream. Mohammad Nakib Dad Khan, Takao Yoshimatsu, Yoshiaki Umemoto, Toshiyoshi Araki and Shuichi Sakamoto. Aquaculture Science, 57 (2): 321-327(2009)

16. High density culture of marine zooplankton, Brachionus plicatilis as initial food organism for aquaculture. Kenji Tanaka, Hiroyuki Takahashi, Yuji Hamasaki, and Takao Yoshimatsu. Current Topics in Biotechnology, 4, 41-46 (2009)

17.Effect of different particle size of Porphyra spheroplasts diet for short-neck clam. Mohammad Nakib Dad Khan, Takao Yoshimatsu, Alok Kalla, Yuka Ishihi, Toshiyoshi Araki and Shuichi Sakamoto. Aquaculture Science, 57 (1): 31-38 (2009)

18.Novel Diet for Short-Neck Clam by Using Porphyra Spheroplasts. Alok Kalla, Takao Yoshimatsu, Junya Higano, Yoshiaki Umemoto, Shuichi Sakamoto and Toshiyoshi Araki. Aquaculture Science, 56(3): 465-466 (2008)

19.Comparison between alpha-LNA and DHA in early developmental stages of Takifugu obscurus and Takifugu rubripes. Soon Young Wang, Kyung Nam Han and Takao Yoshimatsu. Fisheries Science, 74 (4): 853-859 (2008)

20. Supplemental effect of Porphyra spheroplasts on the growth and feed utilization of black sea bream. Nohammad Nakib Dad Khan, Takao Yoshimatsu, Alok Kalla, Toshiyoshi Araki, and Shuichi Sakamoto. Fisheries Science, 74 (2), 397-404 (2008)

21. Preliminary trials on the effect of lighting for the population growth of the rotifer, Brachionus plicatilis. Takao Yoshimatsu, Takahiro Higuchi, Yuji Hamasaki, Kenji Tanaka. JARQ, 42 (2) 131-136 (2008)

22.Dietary effect of Porphyra spheroplasts for short-neck clams: a preliminary report. Alok Kalla, Takao Yoshimatsu, Mohammad Nakib D. Khan, Junya Higano, Toshiyoshi Araki, Shuichi Sakamoto. Aquaculture Scienece, 56 (1) 51-56 (2008)

23.Utilization of Porphyra spheroplasts as a feed additive for red sea bream.
Alok Kalla, Takao Yoshimatsu, Toshiyoshi Araki, Dong-Ming Zhang, Takeshi Yamamoto and Shuichi Sakamoto. Fisheries Science, 74 (1), 104-108, (2008)

24. Effect of dietary docosahexaenoic acid on lipogenesis and lipolysis in black sea bream,Acanthopagrus schlegelii. Hong Ji, Ahamd Daud Om, Takao Yoshimatsu, Tetsuya Umino, Heisuke Nakagawa, Makoto Furuhashi, Shuichi Sakamoto. Acta Oceanologica Sinica, 26 (1): 112-121 (2007)

25. The endogenous presence of L-carnitine in live foods used for larviculture. Dong-Ming Zhang, Takao Yoshimatsu, and Mitsuhiro Furuse. Aquaculture, 255:272-278,(2006)

26. Effect of dietary cobalt supplementation on the population growth of rotifer Brachionus rotundiformis
Takao Yoshimatsu, Takahiro Higuchi, Dongming Zhang, Norma R. Fortes, Kenji Tanaka, and Kenji Yoshimura. Fisheries Science, 72: 214-216,(2006)

27. Effect of dietary laurate on lipid accumulation and vitality in juvenile Pagrus major. JI Hong, Ahmad Daud Om, Tetsuya Umino, Takao Yoshimatsu, Masahiro Hayashi,Heisuke Nakagawa, Masaya Asano, and Atsushi Nakagawa. J. of Fisheries of China, 29(6):804-810,(2005)

28. Early development of laboratory-reared common dentex, Dentex dentex (L.)
Apostolos Miherakakis, Christos Tsolkas and Takao Yoshimatsu. Aquaculture Science, 53 (4), 367-376(2005)

29. Effect of Co supplementation on the vitamin B12 production and population growth of rotifer, Brachionus plicatilis: A preliminary report. Takao Yoshimatsu, Takahiro Higuchi, Dong Ming Zhang, Yuji Hamasaki, Kenji Tanaka, Tsugiyo Yukino and Masahiro Hayashi. Rep. Sch. Human.-Ori. Sci. Engi. Kinki Univ., 3: 1-6, (2005)

30. Effect of L-carnitine enrichment on the population growth, egg ratio and body size of the marine rotifer, Brachionus rotundiformis. Dong-Ming Zhang, Takao Yoshimatsu, and Mitsuhiro Furuse. Aquaculture, 248, 51-57, (2005)



II. 総説,報告書,著書,業界専門誌等 Others (2005年以降):

1. Takao Yoshimatsu. Climate change and its impact on aquaculture in shallow seas. Proceedings of the International Conference 2015 Fisheries Resource Management and conservation with a focus on selective fishing gears and methods, p.108, Busan Korea, October 30 (2015)

2. Takao Yoshimatsu. Climate Change and Its Impact on Mariculture: A Review. Proceedings of The 22nd Tri-U International Joint Seminar and Symposium, Jiangsu University, China, October 18 –23 (2015)

3. 吉松隆夫,萩原篤志,田中賢二 LED等を用いた光照射技術の活用による動物性餌料生物培養の省エネルギー生産技術の開発. 研究成果536,農林水産技術会議事務局,農林水産省,44-49,(2015)

4. 吉松隆夫. 魚類・二枚貝類の飼料への有効利用. 日本水産学会誌, 80(5), 835 (2014)

5. 吉松隆夫.平成25年度日本水産学会秋季大会を開催して.  日本水産学会誌, 80(1), 141-143 (2014)

6. T. Yoshimatsu and M. A. Hossain. Recent advances in the high-density rotifer culture in Japan, Aquacult. Int.,22(5),1587-1603(2014)

7. 吉松隆夫 気候変動が養殖業に与える影響,アクアネット,17(2):32-35(2014)

8. M. A. Hossain and T. Yoshimatsu. Dietary calcium requirement in fish. Aquaculture Nutrition, 20, 1-11 (2014)

9. Takao Yoshimatsu. Effect of light conditions on the population growth of rotifer. Larvi 2013 Fish and Shellfish Larviculture Symposium, Ghent, Belgium,509-512 (2013)

10. 吉松隆夫. 初期餌料生物の培養と光環境. 日本水産学会誌, 79(5), 889 (2013)

11. 吉松隆夫 光制御でより多くの初期餌料生物を安定生産する,アクアネット,16(7):36-40(2013)

12. 酒本秀一,荒木利芳,吉松隆夫 養魚用初期飼料原料としてのスサビノリスフェロプラスト ニューフードインダストリー 54(10), 62-68, 2012-10

13. Takao Yoshimatsu  Individual futurecasts for the future of aquafeeds. In “The future aquafeeds (ed by NOAA/USDA Alternative Feeds Initiative) , NOAA/USDA, Washington, USA, 81-84 (2010)

14. Takao Yoshimatsu Early development of preleptocephalus larvae of the Japanese eel in captivity. Short communications and abstracts, Larvi 2009 Fish and Shellfish Larviculture Symposium, European Aquaculture Society Special Publication No. 38, 493-494 (2009)

15. Takao Yoshimatsu, Alok Kalla, Nakib Dad Khan, Toshiyoshi Araki, and Shuichi Sakamoto. Novel culture feed for short-neck clam using single-cell material from Porphyra., In “Aquaculture Technologies for Invertebrates – Proceedings of the thirty-sixth U.S.-Japan Aquaculture Panel Symposium (ed. by Robert Stickney, Robert Iwamoto, and Michael Rust), U.S. Dep. of Com., Nat. Ocean. Atomos. Adm., NOAA Technical Memorandum NMFS-F/SPO-99, p. 65,(2009)

16. 吉松隆夫 米国における養魚飼料研究の方向性,アクアネット,12(7):64-67(2009)

17.吉松隆夫 養魚飼料の未来を論じた第37回のUJNR水産増養殖専門部会科学シンポジウム養殖研究レター,No.3,p.8,(2009)

18. 吉松隆夫,増田賢嗣 ウナギ仔魚用新規飼餌料と給餌法の開発,農林水産技術会議委託プロジェクト研究「ウナギ及びイセエビの種苗生産技術の開発」平成19年度研究報告書,水産総合研究センター,72-79(2008)

19. A. Kalla, T. Yoshimatsu, T. Araki, M. N. D. Khan, T. Yamamoto, J. Higano, and S. Sakamoto. Dietary effect of Porphyra spheroplasts on short-neck clam. Proceedings of the World Fisheries Congress 2008, October 20-24, Yokohama, 2pp. (2008)

20. T. Yoshimatsu, A. Kalla, N. D. Khan, T. Araki, and S. Sakamoto. Single-cell material from Porphyra as a novel feed stuff for culturing marine finfish: a review. Proceedings of the World Fisheries Congress 2008, October 20-24, Yokohama, 2pp. (2008)

21. Takao Yoshimatsu, Alok Kalla, Toshiyoshi Araki, Dong-Ming Zhang, and Shuichi Sakamoto. A preliminary report on the use of Porphyra protoplasts as a live food substitute for culturing aquatic animals. In “Aquaculture and stock enhancement of finfish– Proceedings of the thirty-fourth U.S.-Japan Aquaculture Panel Symposium (ed. by Robert Stickney, Robert Iwamoto, and Michael Rust), U.S. Dep. of Com., Nat. Ocean. Atomos. Adm., NOAA Technical Memorandum NMFS-F/SPO-85, pp.63-67,(2007)

22. 吉松隆夫 アマノリプロトプラストの水産用飼料材としての利用. 日本水産学会誌,73(5), 946-947 (2007)

23. 吉松隆夫 初期餌料生物の重要性.金魚三昧,第1号,80-85(2007)

24. 吉松隆夫 魚類養殖に求められる初期餌料と配合飼料.FRANEWS,Vol.12,14-15(2007)

25. 吉松隆夫,荒木利芳,酒本秀一 農林水産技術会議平成18年度先端技術を活用した農林水産研究高度化事業研究結果報告書,水産総合研究センター,97pp.(2007)

26. 吉松隆夫,増田賢嗣 ウナギ仔魚用新規飼餌料と給餌法の開発,農林水産技術会議委託プロジェクト研究「ウナギ及びイセエビの種苗生産技術の開発」平成18年度研究報告書,水産総合研究センター,69-76(2007)

27. 吉松隆夫 ビタミンB12とワムシの培養,養殖,43(6):72-75(2006)

28. 吉松隆夫,荒木利芳,酒本秀一 農林水産技術会議平成17年度先端技術を活用した農林水産研究高度化事業研究結果報告書,水産総合研究センター,43pp.(2006)

29. 吉松隆夫,徳田雅治 ウナギ仔魚用新規飼餌料と給餌法の開発,農林水産技術会議委託プロジェクト研究「ウナギ及びイセエビの種苗生産技術の開発」平成17年度研究報告書,水産総合研究センター,53-58(2006)

30. 吉松隆夫 日米水産増養殖会議と米国の養殖事情,アクアネット,9(1):66-69(2006)

31. 吉松隆夫 栄養と飼料.1)仔稚魚,(水産総合研究センター編),水産大百科事典,朝倉書店,東京,317-318 (2006)

32.吉松隆夫,荒木利芳,酒本秀一 農林水産技術会議平成16年度先端技術を活用した農林水産研究高度化事業研究結果報告書,水産総合研究センター,18pp.(2005)

33. 吉松隆夫 アルテミアの系統的差異とその利用,アクアネット,8(12):40-44(2005)



III. 国際協力,海外派遣実績等 International Activities (2005年以降):

1. JISNAS事業,ミャンマー,March (2017)

2. JICABOP事業,モザンビーク,November (2016)

3. Tri-U International Seminar and Symposium, Bogor, Indonesis, Oct. (2016)

4. JICABOP事業,モザンビーク,October (2016)

5. JICABOP事業,モザンビーク,July (2016)

6. JICABOP事業,モザンビーク,April (2016)

7. Korean Federation of Fisheries Science and Technology Societies 招待講演,Busan BEXCO, Busan, Korea, Oct 30
015)

8. The 22nd Tri-U International Joint Seminar and Symposium, Jiangsu University, China, October 18 –23 (2015)

9.海女文化をテーマとする日韓学生文化交流による韓国訪問 (日韓国交正常化50周年事業),韓国,2015年9月

10. JICA草の根支援事業「フィジー共和国ガウ島統合的開発支援事業」(JICA受託事業),フィジー,2015年 5月
11. ゲント大学,ワーヘニンゲン大学との交流協定事業 JSPS頭脳循環を加速するための若手研究者戦略的派遣プログラム(研究学生交流事業支援調整)ベルギーゲント市,オランダワーヘニンゲン市 2015年 3月

12. 国際シンポジウム基調講演 日韓水産増殖シンポジウム 三重大学生物資源学研究科(研究学生交流事業支援調整)韓国郡山市 2014年10月

13. JICA草の根支援事業「フィジー共和国ガウ島統合的開発支援事業」(JICA受託事業),フィジー,2014年 9月

14. 国際シンポジウム基調講演 パジャジャラン大学,スリウィジャヤ大学との交流協定事業 三重大学生物資源学研究科(研究学生交流事業支援調整)インドネシアバンドン市,パレンバン市 2014年9月

15. ゲント大学,ワーヘニンゲン大学との交流協定事業 JSPS頭脳循環を加速するための若手研究者戦略的派遣プログラム(研究学生交流事業支援調整)ベルギーゲント市,オランダワーヘニンゲン市 2014年 3月

16. JICA草の根支援事業「フィジー共和国ガウ島統合的開発支援事業」(JICA受託事業),フィジー,2014年 2月

17. パジャジャラン大学との交流協定事業 三重大学生物資源学研究科(研究学生交流事業支援調整)インドネシアバンドン市 2013年12月

18. ゲント大学,ワーヘニンゲン大学との交流協定事業 JSPS頭脳循環を加速するための若手研究者戦略的派遣プログラム(研究学生交流事業支援調整)ベルギーゲント市,オランダワーヘニンゲン市 2013年 12月

19. 気候変動が世界の養殖業に与える影響調査(研究調査) 科学研究費補助金助成事業,ベルギー 2013年 9月

20. JICA草の根支援事業「フィジー共和国ガウ島統合的開発支援事業」(JICA受託事業),フィジー,2013年 4月

21. JICA草の根支援事業「フィジー共和国ガウ島統合的開発支援事業」(JICA受託事業),フィジー,2013年 3月

22. 持続的養殖開発研究 経常研究予算(国際研究集会研究発表)オランダ,ベルギー 2012年 7月

23. 気候変動が世界の養殖業に与える影響調査(研究調査) 科学研究費補助金助成事業,インドネシア 2012年 3月

24. 気候変動が世界の養殖業に与える影響調査(研究調査) 科学研究費補助金助成事業,フィジー共和国 2011年 7月

25. 持続的養殖開発研究 経常研究予算(国際研究集会研究発表)中国 2011年 4月

26. ハワイ大学,ハワイパシフィック大学との学術連携の強化に向けて(研究学生交流事業支援調整) 三重大学国際交流基金事業アメリカ合衆国ハワイ 2011年 2月

27. 交流協定校Asian Institute of Technology(タイ王国)における講義(Aquatic Seed Production)の実施 タイ王国バンコク市,2010年8-9月

28. 上海海洋大学との交流協定事業 三重大学国際交流基金事業(研究学生交流事業支援調整)中国上海市 2010年 3月

29. アジア太平洋域との学術連携の強化に向けて 三重大学国際交流基金事業(研究学生交流事業支援調整)アメリカ合衆国ハワイ 2010年 2月‐3月

30. ベルギーおよびオランダにおける農業・水産研究開発動向調査 三重大学国際交流基金事業(研究発表,共同研究協議の実施担当)ベルギーおよびオランダ 2009年 9月

31.水産物の安全・安心に関わる研究 ノルウェー王国漁業・沿岸省招聘事業 (国際会議参加,招待講演)ノルウェー 2008年8月

32.持続的養殖開発研究 経常研究予算(国際研究集会研究発表)韓国 2008年 5月

33.持続的養殖開発研究 米国商務省NOAA招聘事業(国際会議参加,研究発表) 米国 2008年 2月-2008年 3月

34.米国における養殖研究開発動向調査 UJNR水産増養殖専門部会事業 (研究発表,調査研究の実施担当)米国 2007年 12月

35.米国における養殖研究開発動向調査 UJNR水産増養殖専門部会事業 (研究発表,調査研究の実施担当)米国 2007年 10月-2007年 11月

36.持続的養殖開発研究 国際研究集会・シンポジウム等派遣事業 (国際研究集会研究発表)ベトナム 2007年 8月

37.持続的養殖開発研究 国際研究集会・シンポジウム等派遣事業 (国際研究集会研究発表) フランス 2006年 5月

38.オランダにおける養殖研究開発動向調査 農林水産技術会議二国間研究協力事業 (国際会議参加,調査研究の実施担当) オランダ2006年 3月

39.米国における養殖研究開発動向調査 UJNR水産増養殖専門部会事業 (研究発表,調査研究の実施担当)米国 2005年 11月

40.中国における水産研究・教育支援 中国科学院研究者招聘事業 (招待講演,研究教育交流の実施担当)中国 2005年10月

41.持続的養殖開発研究 国際研究集会・シンポジウム等派遣事業 (国際研究集会研究発表) ベルギー2005年 5月

42.スペインにおける水産研究・教育支援 スペインAZTI研究所招聘事業 (国際会議参加,研究発表) スペイン 2005年 2月


教員紹介の掲載内容の更新はこちらから(学内のみ)


三重大学教員紹介の内容について無断転用を禁じます