教員紹介トップページへ

三重大学トップページへ

三重大学教員紹介

教員情報

職名
助教
氏名
たなか きょうすけ
田中 匡介
生年月
1971.11
所属
部局
附属病院
学科・専攻
光学医療診療部
講座
 
教育研究分野
 
TEL
 
FAX
 
E-mail
kyosuket@clin.medic. (末尾に mie-u.ac.jp を補ってください)
個人のホームページ
 
学歴
三重大学 医学部 学士課程 (1990年~1996年) 卒業・修了
三重大学大学院 博士課程・博士後期課程 (~2006年) 卒業・修了
学位
2006.03 医学博士 三重大学
所属学会
日本内科学会 日本消化器病学会 日本消化器内視鏡学会 日本消化管学会 日本胃癌学会 日本臨床腫瘍学会 日本癌治療学会 日本食道学会 日本超音波医学会 American Society for Gastrointestinla Endoscopy European Society of Gastrointestinal Endoscopy American Gastroenterological Association
社会活動
 
職歴
1996 三重大学医学部附属病院
1997 市立伊勢総合病院 内科
1998 山田赤十字病院 内科
1999 松阪中央総合病院 内科
2000 三重県立一志病院 内科
2000 岡波総合病院 内科
2001 愛知県がんセンター 消化器内科
2003 松阪中央総合病院 胃腸科
2004 三重大学医学部附属病院
2011 Karolinska University Hospital, Sweden
2013 三重大学医学部附属病院
学術(芸術)賞
学会賞,第17回(平成19年度)日本消化器内視鏡学会学会賞,日本消化器内視鏡学会
平成21年度 がん研究助成,消化器がんに対する画像強調内視鏡の有用性に関する研究,日本対がん協会三重県支部
平成20年度医学部(系)新研究プロジェクト,蛍光拡大内視鏡の開発とその有用性の検討に関する研究,三重大学医学部
専門分野
消化器内視鏡による診断と治療
現在の研究課題
消化器疾患の内視鏡診断と治療
担当科目
癌治療最前線 食道癌
主な業績等
【Barrett食道・腺癌治療へのアプローチ】 Barrett食道癌及び食道胃接合部早期癌の治療 多発性早期Barrett食道腺癌の1例(原著論文/症例報告/特集/抄録あり)

Author:田中匡介(愛知県がんセンター 消化器内科), 中村常哉, 鈴木隆史, 加藤徹哉, 澤木明, 原和生, 大久保賢治, 森山一郎, 松本学也, 福田浩介, 葛原正樹, 河合宏紀, 横井太紀雄, 山雄健次

Source:消化器医学(1348-7167)1巻 Page84-93(2003.10)

【胃悪性リンパ腫にどう対応するか】 胃悪性リンパ腫の診断をどう進めるか 内視鏡診断の進め方(解説/特集/抄録あり)

Author:豊田英樹(三重大学医学部附属病院 光学医療診療部), 田中匡介, 青木雅俊, 濱田康彦, 小坂良, 野田知宏, 山口素子, 井本一郎, 片山直之, 竹井謙之

Source:消化器の臨床(1344-3070)10巻3号 Page257-261(2007.06)

【切開・剥離法(ESD)時代の胃癌術前診断】 切開・剥離法(ESD)に必要な胃癌術前診断 新しい診断法 酢酸撒布(解説/特集)

Author:豊田英樹(三重大学医学部附属病院 光学医療診療部), 田中匡介, 斉藤知規, 門脇重憲, 松崎晋平, 向克巳, 今井奈緒子, 直田浩明, 珠玖洋, 山中光規朗, 白石泰三, 井本一郎, 足立幸彦

Source:胃と腸(0536-2180)40巻5号 Page801-808(2005.04)

1.5%酢酸を用いた拡大内視鏡による下部食道・胃食道接合部観察の有用性の検討(原著論文/抄録あり)

Author:豊田英樹(三重大学医学部附属病院 光学医療診療部), 足立幸彦, 田中匡介, 門脇重憲, 松崎晋平, 井本一郎, RubioCarlos, JaramilloEdgar

Source:Therapeutic Research(0289-8020)26巻4号 Page692-696(2005.04)

Endoscopic Submucosal Dissectionにおける酢酸併用拡大内視鏡の有用性(原著論文/抄録あり)

Author:田中匡介(三重大学医学部附属病院 光学医療診療部), 門脇重憲, 濱田康彦, 小坂良, 井坂利史, 直田浩明, 今井奈緒子, 山中光規朗, 白石泰三, 豊田英樹

Source:Gastroenterological Endoscopy(0387-1207)49巻1号 Page12-20(2007.01)

Hookナイフを用いた内視鏡的粘膜下層剥離術にて切除し得た直腸カルチノイドの2例(原著論文/症例報告/抄録あり)

Author:濱田康彦(三重大学医学部附属病院 消化器肝臓内科), 田中匡介, 小坂良, 門脇重憲, 井本一郎, 豊田英樹

Source:Gastroenterological Endoscopy(0387-1207)49巻5号 Page1273-1280(2007.05)

NBI・酢酸併用拡大内視鏡観察が範囲診断に有用であった表在Barrett食道腺癌の1例(原著論文/症例報告/抄録あり)

Author:田中匡介(三重大学 医学部光学医療診療部), 豊田英樹, 井本一郎, 門脇重憲, 濱田康彦, 小坂良, 青木雅俊, 葛原正樹, 中村美咲, 井上宏之, 山中光規朗, 白石泰三, 佐瀬友博, 斉藤知規, 向克己, 加藤正美

Source:胃と腸(0536-2180)41巻11号 Page1480-1483(2006.10)

Tanaka K, Toyoda H, Aoki M, Noda T, Aota T. An incarcerated prosthetic tooth in the vermiform appendix.Gastrointest Endosc. 2007 Aug;66(2):400-1; discussion 401.
Tanaka K, Toyoda H, Hamada Y, Aoki M, Kosaka R, Noda T, Katsurahara M, Nakamura M, Ninomiya K, Inoue H, Imoto I, Takei Y. A relapse case of acute necrotizing esophagitis.Endoscopy. 2007 Feb;39 Suppl 1:E305. Epub 2007 Oct 24.
Tanaka K, Toyoda H, Hamada Y, Aoki M, Kosaka R, Noda T, Katsurahara M, Nakamura M, Ninomiya K, Inoue H, Imoto I. Duodenal metastasis of malignant melanoma observed by magnification endoscopy.Endoscopy. 2008 Feb 18.
Tanaka K, Toyoda H, Imoto I, Hamada Y, Aoki M, Kosaka R, Noda T, Takei Y. Anemia caused by a gastric inflammatory fibroid polyp.Gastrointest Endosc. 2008 Feb;67(2):345-6. Epub 2007 Dec 26.
Tanaka K, Toyoda H, Inoue H, Hamada Y, Aoki M, Kosaka R, Takamura M, Imoto I. Depressed-type early duodenal carcinoma (carcinoma in situ) observed by enhanced magnification endoscopy.Endoscopy. 2007 Feb;39 Suppl 1:E125-6. Epub 2007 Apr 18.
Tanaka K, Toyoda H, Kadowaki S, Hamada Y, Kosaka R, Matsuzaki S, Shiraishi T, Imoto I, Takei Y. Surface pattern classification by enhanced-magnification endoscopy for identifying early gastric cancers.Gastrointest Endosc. 2008 Mar;67(3):430-7.
Tanaka K, Toyoda H, Kadowaki S, Hamada Y, Kosaka R, Yamanaka M, Imoto I. Use of proton pump inhibitors may cause squamous epithelial masking of intramucosal carcinoma in Barrett's esophagus.Endoscopy. 2007 Feb;39 Suppl 1:E105-6. Epub 2007 Apr 18.
Tanaka K, Toyoda H, Kadowaki S, Kosaka R, Shiraishi T, Imoto I, Shiku H, Adachi Y. Features of early gastric cancer and gastric adenoma by enhanced-magnification endoscopy.J Gastroenterol. 2006 Apr;41(4):332-8.
手技の解説 拡大内視鏡によるspecialized intestinal metaplasia診断(解説)

Author:豊田英樹(三重大学 医学部附属病院光学医療診療部), JaramilloEdgar, 齊藤知規, 田中匡介, 門脇重憲, 松崎晋平, 今井奈緒子, 直田浩明, 向克己, 井本一郎, 足立幸彦

Source:臨床消化器内科(0911-601X)19巻4号 Page501-506(2004.03)

手技の解説 酢酸併用NBIの有効性について(解説)

Author:豊田英樹(三重大学医学部附属病院 光学医療診療部), 田中匡介, 濱田康彦, 青木雅俊, 小坂良, 野田知宏, 井本一郎, 竹井謙之

Source:臨床消化器内科(0911-601X)22巻9号 Page1259-1262(2007.07)

手技の解説 酢酸法を用いた内視鏡観察(解説)

Author:豊田英樹(三重大学医学部附属病院 光学医療診療部), 田中匡介, JaramilloEdgar, 竹井謙之

Source:Gastroenterological Endoscopy(0387-1207)49巻7号 Page1706-1718(2007.07)

消化管の拡大内視鏡観察2007】 酢酸法(解説/特集)

Author:田中匡介(三重大学 光学医療診療部), 豊田英樹, 濱田康彦, 葛原正樹, 青木雅俊, 中村美咲, 小坂良, 野田知宏, 二宮克仁, 井上宏之, 井本一郎, 竹井謙之

Source:胃と腸(0536-2180)42巻5号 Page891-897(2007.04)

Large retention cyst with chondromatous metaplasia in the esophagus. 共著 2011.08 Endoscopy 43 262-263
Usefulness of endoscopic submucosal dissection for the treatment of rectal carcinoid tumors. 共著 2012.07 European Journal of Gastroenterology and Hepatology 24 770-774
Magnifying endoscopy for diagnosis of residual/local recurrent gastric neoplasms after previous endoscopic treatment. 共著 2012.08 Surgical Endoscopy 26 2299-2305
Usefulness of endoscopic submucosal dissection for the treatment of rectal carcinoid tumors. 共著 2013.01 Modern Rheumatology
Traditional serrated adenoma in a patient with Barrett's esophagus. 共著 2013.04 Anticancer Research 33 1743-1745
Narrow-band imaging magnifying endoscopy in adult patients with eosinophilic esophagitis/esophageal eosinophilia and lymphocytic esophagitis. 共著 2013.10 Gastrointestinal Endoscopy 78 659-664
Colonic xanthoma: a rare non-neoplastic polypoid lesion. 共著 2014.02 Endoscopy 46 E53-E53
Pancreatic hamartoma: a rare cause of obstructive jaundice. 共著 2014.04 Endoscopy 46 E157-8-E157-8
Pyogenic granuloma mimicking a colon cancer. 共著 2014.04 Endoscopy 46 E153-E154
Large polypoid lymphoid follicles in the stomach causing anemia. 共著 2014.08 Endoscopy 46 E351-E352
Interleukin-17 induces an atypical M2-like macrophage subpopulation that regulates intestinal inflammation. 共著 2014.09 Plos One 9 e108494-


教員紹介の掲載内容の更新はこちらから(学内のみ)


三重大学教員紹介の内容について無断転用を禁じます