教員紹介トップページへ

三重大学トップページへ

三重大学教員紹介

教員情報

職名
准教授
氏名
くりはら ゆきと
栗原 行人
生年月
1971.12
所属
部局
教育学部
学科・専攻
理科教育
講座
 
教育研究分野
地質学,古生物学,地学教育
TEL
 
FAX
 
E-mail
ykurihara@edu.(末尾に mie-u.ac.jp を補ってください)
個人のホームページ
 
学歴
1994.03 筑波大学第一学群自然学類 卒業
2001.03 筑波大学大学院地球科学研究科 修了
2001.04-2003.03 筑波大学大学院環境科学研究科 研究生
2003.04-2004.03 国立科学博物館 特別研究生
2006.04-2006.05 国立科学博物館 特別研究生
学位
2001.03 博士(理学)筑波大学
所属学会
日本古生物学会,日本地質学会,日本貝類学会
社会活動
2009.06- 三重県 新博物館展示設計監修員
2010.03- 東松山市葛袋地区化石調査検討委員会委員
職歴
2001.04-2004.03 学校法人 中央工学校 非常勤講師
2001.05-2009.07 宇都宮大学 非常勤講師
2004.04-2006.03 埼玉県立自然史博物館 学芸員
2006.06-2009.09 国立科学博物館 支援研究員
2009.10- 三重大学教育学部 准教授

学術(芸術)賞
 
専門分野
新生代軟体動物古生物学
現在の研究課題
日本および東南アジアにおける新生代貝類相成立過程の解明
担当科目
基礎地学II, 地学講義III, 小学校専門理科II, 小学校専門生活,理科実験(地学),地学実験,理科情報基礎(地学),理科ゼミナール
主な業績等
●学術論文(2007年以降)

・Kurihara, Y. (2010): Middle and Late Miocene marine Bivalvia from the northern Kanto Region, central Japan. National Museum of Nature and Science Monograph, no. 41, 87 p.

・Kurihara, Y. and Tokita, T. (2010): Occurrence of Halicardia sp. cf. houbricki Poutiers & Bernard, 1995 (Bivalvia: Verticordiidae) from the Miocene of Japan. Venus, 68 (3?4): 179?182.

・Nakano, T., Kurihara, Y., Miyoshi, H. and Higuchi, S. (2010): Molecular phylogeny of Neptunea (Gastropoda: Buccinidae) inferred from mitochondrial DNA sequences, with description of a new species. Venus (Malacological Society of Japan), 68 (3?4): 121?137.

・栗原行人(2009):新生代貝類から見た太平洋における反熱帯分布の成立過程.化石,85: 45-55.

・三好博文・樋口滋雄・中野智之・栗原行人(2009):遠州灘から採取されたNeptunea sp. ちりぼたん, 39 (2): 85?87.

・Amano, K., Jenkins, R.G., Kurihara, Y. and Kiel, S. (2008): A new genus for Vesicomya inflata Kanie and Nishida, a lucinid shell convergent with that of vesicomyids, form Cretaceous strata of Hokkaido, Japan. The Veliger, 50 (4): 255?262.

・Kase, T., Kitao, F., Aguilar, Y. M., Kurihara, Y. and Pandita, H. (2008): Reconstruction of color markings in Vicarya, a Miocene potamidid gastropod (Mollusca) from SE Asia and Japan. Paleontological Research, 12 (4): 345?353.

・Karasawa, H., Kato, H., Kase, T., Aguilar, Y. M., Kurihara, Y., Hayashi, H. and Hagino, K., (2008): Neogene and Quaternary crabs (Crustacea: Decapoda) from the Philippines. Bulletin of the National Museum of Nature and Science, Series C, (34): 53?78.

・Fernando, A. G. S., Fernendez, A. R. C., Aguilar, Y. M., Kurihara, Y. and Kase, T., (2008): Late Miocene calcareous nannofossils from Danao Basin, Bohol (Visayan Basin), Philippines. Bulletin of the National Museum of Nature and Science, Series C, (34): 29?40.

・Wani, R., De Ocampo, R. P., Aguilar, Y. M., Zepeda, M. A., Kurihara, Y., Hagino, K., Hayashi, H. and Kase, T. (2008): First discovery of fossil Nautilus pompilius Linnaeus, 1758 (Nautilidae, Cephalopoda) from Pangasinan, northwestern Philippines. Paleontological Research, 12 (1): 89?95.

・Kurihara, Y. and Ohta, S. (2008): Basilissopsis hakuhoae, a new abyssal seguenziid gastropod from the oceanward slopes of the Japan and Kurile Trenches. Venus, 66 (3?4): 113?118.

・Kurihara, Y. and Kase, T. (2008): First record of the northeastern Pacific patellogastropod genus Acmaea (Gastropoda: Mollusca) from the Miocene of Japan and its paleobiogeographic implications. The Veliger, 50 (1): 39-47.

・Kase, T., Kurihara, Y. and Hagino, K. (2007): Middle Miocene chemosynthetic thraciid Nipponithracia gigantea (Shikama, 1968) from central Japan is a large lucinid bivalve (Lucinoidea: Mollusca). The Veliger, 49 (4): 294?302.

・Kurihara, Y. (2007): Fossil occurrence of Epilucina californica (Conrad)(Bivalvia: Lucinidae) from the Neogene of Japan, with notes on the biogeographic history of Epilucina. Paleontological Research, 11 (1): 29?39.

● 学会発表(2007年以降)

・栗原行人・加瀬友喜・Yolanda Maac Aguilar・Allan Gil S. Fernando・田中省吾 (2010): 日本および東南アジアの漸新・中新統におけるテチス系腹足類Melongena lainei (Basterot)の初産出記録とその古生物地理学的意義.日本古生物学会第159回例会(草津).

・ 芳賀拓真・栗原行人・加瀬友喜(2009):中新統茂庭層産ウミヘビ卵化石Moniopterus japonicumの再検討. 日本古生物学会2009年年会(千葉).

・ 栗原行人(2008): 新生代貝類からみた太平洋における反熱帯分布の成立過程.日本古生物学会第157回例会(宇都宮).




更新日 2010-06-21
教員紹介の掲載内容の更新はこちらから(学内のみ)


三重大学教員紹介の内容について無断転用を禁じます