教員紹介トップページへ

三重大学トップページへ

三重大学教員紹介

教員情報

職名
助教
氏名
やがみ ひさのり
八神 寿徳
生年月
1978.01
所属
部局
地域イノベーション推進機構
学科・専攻
知的財産統括室
講座
 
教育研究分野
 
TEL
 
FAX
059-231-9743
E-mail
yagami@crc. (末尾に mie-u.ac.jp を補ってください)
個人のホームページ
学歴
2002.3 名古屋大学情報文化学部自然情報学科卒業
2004.3 名古屋大学大学院人間情報学研究科 物質・生命情報学専攻 博士前期課程修了
2007.3 名古屋大学大学院情報科学研究科 複雑系科学専攻 博士後期課程修了
学位
2007.03 博士(情報科学) 名古屋大学
所属学会
日本混相流学会、日本機械学会、日本知財学会、粉体工学会、産学連携学会、日本食品化学学会
社会活動
2016.4~ 東海地区産学連携大学コンソーシアム 起業家教育プログラム委員会委員
2016.6~ 国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構 新技術調査委員
2016.11~2017.6 日本食品化学学会 第23回総会・学術大会実行委員会委員
2017.5~ 三重大学生活協同組合 理事
職歴
2007.4 株式会社三重ティーエルオー(~2007.7)
2007.8 独立行政法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(~2010.3)
2010.4 国立大学法人三重大学 知的財産統括室 助教(~2011.3)
2011.4 国立大学法人三重大学 社会連携研究センター知的財産統括室 助教(~2016.10)
2015.4 三重短期大学 非常勤講師(~2016.3)
2015.4 国立大学法人三重大学 大学院地域イノベーション学研究科 助教(兼)
2016.11 国立大学法人三重大学 地域イノベーション推進機構知的財産統括室 助教
学術(芸術)賞
2011.5 2010年度(第9回)APT Distinguished Paper Award 賞(粉体工学会)
専門分野
産学官連携、知的財産、数値解析、流体力学、混相流
現在の研究課題
(1)知的財産を効果的に活用する理論、方策の体系化、および、知的財産活用(契約等)の戦略的手法に関する研究
(2)大学ブランド商品に関する研究
(3)数値解析に関する研究
担当科目
(共通教育)知財学、地域と仕事、社会連携型実践
(工学部・工学研究科)知的財産権出願特論、知的財産権概論、特別講義Ⅱ
(地域イノベーション学研究科)工学イノベーション特論Ⅳ、工学イノベーション専門英語Ⅰ、社会イノベーション特論Ⅳ、企業経営特論、研究開発倫理特論、プロジェクトマネジメント演習Ⅰ、プロジェクトマネジメント演習Ⅱ、インターンシップ研修Ⅰ、社会連携実践
主な業績等
1. Uchiyama, T. and Yagami, H., Numerical Analysis of Gas-Particle Two-Phase Wake Flow by Vortex Method, Powder Technology, Vol.149, 2005年, pp.112-120.
2. Yagami, H. and Uchiyama, T., Numerical Simulation of Particle-Laden Plane Mixing Layer by Three-Dimensional Vortex Method, JSME International Journal, Series B, Vol.49, No.4, 2006年, pp.1027-1035.
3. Yagami, H. and Uchiyama, T., Numerical Simulation of Plane Mixing Layer by Three-Dimensional Vortex Method, International Journal of Turbo & Jet-Engines, Vol.24, 2007年, pp.93-101.
4. 八神寿徳・内山知実,渦輪と固体粒子群の干渉の数値解析,混相流研究の進展2,2007年,pp.181-188.
5. Uchiyama, T., Yagami, H. and Sugiyama, M., Particle Simulation of the Plume Diffusion Field around a Circular Cylinder, International Journal of Modelling and Simulation, Vol.28, No.3, 2008年, pp.323-328.
6. Uchiyama, T. and Yagami, H., Numerical Simulation for the Collision between a Vortex Ring and Solid Particles, Powder Technology, Vol.188, 2008年, pp.73-80.
7. 八神寿徳・内山知実,渦輪による固体粒子群の輸送の数値シミュレーション,粉体工学会誌,45巻12号,2008年,pp.827-834.
8. Uchiyama, T. and Yagami, H., Numerical Simulation of Low Reynolds Number Particle-Laden Gas Jet by Vortex Method, J. Fluid Science and Technology, JSME, Vol.4, No.2, 2009年, pp.335-347.
9. Uchiyama, T. and Yagami, H., Vortex Simulation for Non-axisymmetric Collision of a Vortex Ring with Solid Particles, Advanced Powder Technology, Vol.20, 2009年, pp.447-454.
10. 八神寿徳・内山知実,固体粒子が付加された低Reynolds数気相噴流の渦法解析,日本機械学会論文集,76巻766号B編,2010年,pp. 953-960.
11. Yagami, H. and Uchiyama, T., Numerical Simulation for the Transport of Solid Particles with a Vortex Ring, Advanced Powder Technology, Vol.22, 2011年, pp.115-123.
12. M. F. Abdul Kadir, Tsuruoka, S., Takase, H., Kawanaka, H., Okuyama, F., Uji, Y., Matsubara, H. and Yagami, H., Automatic Extraction of Retinal Disease Area for Optical Coherence Tomography Image Using Regional Statistics, AWERProcedia Information Technology and Computer Science, Vol. 1, 2012, pp.1250-1255.
13. Yagami, H., Kato, H., Tsumoto, K. and Tomita, M., Monoclonal Antibodies based on Hybridoma Technology, Pharmaceutical Patent Analyst, Vol.22, No. 2, 2013年, pp.249-263.
14. N. A. H. Nguyen, S. Tsuruoka, H. Takase, H. Kawanaka, H. Matsubara, H. Yagami and F. Okuyama, "3D Effect of Treatment on Optical Coherence Tomography (OCT) Image Using 3D Disease Generating Model", Australian J. of Basic and Applied Sciences, 8(4) Special, 2014年, pp.325-331.
15. I. Nakahara, S. Tsuruoka, H. Takase, H. Kawanaka, H. Yagami, H. Matsubara and F. Okuyama, "Extraction Method of Retinal Disease Part Using Three Dimensional Regional Statistics from OCT Images", Australian J. of Basic and Applied Sciences, 8(4) Special, 2014年, pp.649-655.


教員紹介の掲載内容の更新はこちらから(学内のみ)


三重大学教員紹介の内容について無断転用を禁じます