教員紹介トップページへ

三重大学トップページへ

三重大学教員紹介

教員情報

職名
准教授
氏名
さとうまさゆき
佐藤 正之
生年月
1963.11
所属
部局
附属病院
学科・専攻
認知症センター
講座
 
教育研究分野
 
TEL
 
FAX
 
E-mail
bruckner@clin.medic. (末尾に mie-u.ac.jp を補ってください)
個人のホームページ
 
学歴
相愛大学音楽学部 学士課程 (1982年04月01日~1986年03月31日) 卒業・修了
三重大学医学部 学士課程 (1988年04月01日~1994年03月31日) 卒業・修了
三重大学大学院医学系研究科 博士課程・博士後期課程 (1999年04月01日~2002年03月31日) 卒業・修了
学位
2002.03 医学博士 三重大学大学院医学系研究科
1986.03 芸術学士 相愛大学音楽学部
所属学会
日本神経学会 日本内科学会 日本神経心理学会 日本神経精神医学会 日本音楽知覚認知学会 日本音楽医療研究会 日本認知症学会
社会活動
 
職歴
1986.04~1987.03 大阪府立加納高等学校 教員 教諭
1994.05~1994.05 三重大学医学部附属病院 研修医
1994.06~1995.06 山田赤十字病院神経内科 研修医
1995.07~1996.03 市立伊勢総合病院神経内科 研修医
1996.04~1998.01 市立伊勢総合病院神経内科 医員
1998.01~1998.06 三重大学医学部附属病院神経内科 医員
1998.07~1999.03 三重大学医学部附属病院神経内科 医師 助手
1999.04~2000.03 東京都神経科学総合研究所 研究者 非常勤研究員
2000.04~2001.03 日赤医療センター 医師 非常勤医師
2002.04~2003.06 三重大学医学部附属病院 医師 医員
2003.07~2004.07 三重大学医学部神経内科 医師 助手
2004.08~2005.03 三重大学医学部附属病院 医師 医員(講座の都合による降格)
2005.04~2008.12 三重聖十字病院 医師 診療部長
2009.01~2010.03 東北大学大学院医学系研究科高齢者高次脳医学寄附講座 医師 准教授
2010.04~ 三重大学大学院医学系研究科認知症医療学講座 医師 准教授
学術(芸術)賞
 
専門分野
 
現在の研究課題
音楽認知の脳内機構 認知症ネットワークの構築
担当科目
高次脳機能障害・認知症
主な業績等
10. 佐藤正之、武田克彦、葛原茂樹 「音楽療法と神経心理学:音楽の脳内認知過程からみた音楽療法への提言」 臨床神経、47: 868-870、総説、2007
Masayuki Satoh, Kaoru Furukawa, Katsuhiko Takeda, Shigeki Kuzuhara. Left hemianomia of musical signatures caused by callosal infarction. J Neurol Neurosurg Psychiatry 77:705-706, 論文,2006
Masayuki Satoh, Katsuhiko Takeda, Ken Nagata, Eku Shimosegawa, Shigeki Kuzuhara. PET of brain regions activated by recognition of familiar music. American Journal of Neuroradiology, 27:1101-1106,論文,2006
Masayuki Satoh, Katsuhiko Takeda, Ken Nagata, Jun Hatazawa, Shigeki Kuzuhara. Activated brain regions in musicians during an ensemble: a PET study. Cognitive Brain Research 12 (2001) 101-108.,論文, 2001
Masayuki Satoh, Katsuhiko Takeda, Ken Nagata, Jun Hatazawa, Shigeki Kuzuhara. The anterior portion of the bilateral temporal lobes participate in music perception: a PET study. American Journal of Neuroradiology 24:1843-1848,論文,2003.
Masayuki Satoh, Katsuhiko Takeda, Shigeki Kuzuhara. A case of auditory agnosia with impairment of perception and expression of music: cognitive processing of tonality. European Neurology, 58: 70-77,論文, 2007
Masayuki Satoh, Katsuhiko Takeda, Shigeki Kuzuhara. Agraphia in intellectually normal Japanese patients with ALS: omission of kana letters. J Neurology 256: 1455-1460, 2009.
Masayuki Satoh, Katsuhiko Takeda, Yasuo Murakami, Kenji Onouchi, Kiyoharu Inoue, Shigeki Kuzuhara. A case of amusia caused by the infarction of anterior portion of bilateral temporal lobes. Cortex 41:77-83,論文,2005.
Masayuki Satoh, Masayasu Kokubo, Shigeki Kuzuhara. A case of idiopathic musical hallucination with increasing repertoire. J Neurol Neurosurg Psychiatry, 78: 203-204, 論文, 2007.
Masayuki Satoh, Satomi Terada, Kenji Onouchi, Katsuhiko Takeda, Shigeki Kuzuhara. Somatosensory and skin temperature disturbances caused by infarction of the postcentral gyrus: a case report. J Neurology 249 (2002) 1404-1408,論文, 2002.
Masayuki Satoh, Shigeki Kuzuhara. Training in mental singing while walking improves gait disturbance in Parkinson’s disease patients. European Neurology, 60(5): 237-243, 2008.
浦川加代子,佐藤正之「ストレス対処型による BGM の効果の違いに関する研究」日本音楽療法学会誌,2:155-160, 2001.論文
浦川加代子,佐藤正之「能動的ストレスにおける対処型と BGM の種類との関連」日本音楽療法学会誌,2:137-145, 2002.論文
宮村正典,鈴木賢治,佐藤正之,楢井美穂,濱口文香,若菜一郎「偽性尺骨神経麻痺と偽橈骨神経麻痺」内科,81(2):391-393, 1998
佐藤正之 「音と音楽の認知神経学―側頭葉前部における音楽認知機能:音色と和音」 認知神経科学,7(1),40-43,総説,2005
佐藤正之 「音楽と側頭葉-側頭葉切除術、脳賦活化実験による研究-」 Clinical Neuroscience、24(5)、555-559、総説、2006
佐藤正之 「音楽の脳内処理-音色認知と扁桃体-」 高次脳機能研究,25(2):139-144,総説,2005
佐藤正之 「音楽の脳内処理機構-PET研究と失音楽症例から-」 臨床神経生理学,33(3):114-122,総説、2005
佐藤正之 「音楽の脳内処理機構-失音楽症例とPET研究から-」 臨床脳波、47(11):709-716,総説,2005
佐藤正之 「音楽認知の脳内メカニズム:神経心理学からのアプローチ」 日本音響学会誌、62;688-693, 総説、2006
佐藤正之 「音楽療法の将来性」 Medical Rehabilitation No.70:高次脳機能障害リハビリテーション実践マニュアル、205-212、総説、2006
佐藤正之 「音楽療法の有効性:脳機能画像からのアプローチ」 音楽心理学音楽療法研究年報、34, 56-61, 総説、2006
佐藤正之 「視覚失認」 Clinical Neuroscience、24(7)、807-809、総説、2006
佐藤正之 「視覚性認知 (13) 楽譜を読む―PETによる局在」 Clinical Neuroscience、23(4)、370-371、総説、2005
佐藤正之 「視床の症候」 総合リハ 34、963-970、総説、2006
佐藤正之 「失音楽症」 神経内科 特集増刊号「高次脳機能障害のすべて」、68: 387-396, 2008
佐藤正之 「騒音」Clinical Neuroscience、25(8)、930-932、総説、2007
佐藤正之 「文字を触って読む」 Clinical Neuroscience、23(12)、1346-1347、総説、2005
佐藤正之,浦川加代子「BGM はストレスによる免疫機能の低下を防止する -NK 細胞活性を指標とした研究-」日本音楽療法学会誌,2:116-120, 2001.論文
佐藤正之,葛原茂樹「パーキンソン病の高次脳機能障害と精神症状」臨床精神医学,33(1),39-43,総説,2004
佐藤正之,葛原茂樹「視床性痴呆」神経内科,60(1),28-32,総説,2004
佐藤正之,大石明徳,野田雅俊,松崎 修,矢野眞一郎「食道癌を合併し,CK 正常であった皮膚筋炎の1例」内科,80(1):174-176, 1997
佐藤正之,武田克彦,葛原茂樹「音楽の認知機能について」認知リハビリテーション研究 2001,22-34,総説,2001
佐藤正之,武田克彦,葛原茂樹「音楽認知の機能解析」最新医学,58 (2003) 438-443,総説,2003.
佐藤正之,武田克彦「脳血管性痴呆の診断基準・病型分類・重症度」 内科,85:1522-1525,2000
佐藤正之,鈴木賢治,宮村正典,加藤瑠璃子,葛原茂樹「変形視と要素性幻視の出現時期に一致して 123I-IMP SPECT で左後頭極に一過性集積像を認めた1例」臨床神経,37:631-635, 1997
佐藤正之,鈴木賢治,宮村正典,加藤瑠璃子「片麻痺が軽微な全失語を呈した左中大脳動脈起始部狭窄の1例」内科,80(5):981-984, 1997
佐藤正之,鈴木賢治,宮村正典,葛原茂樹「部分的外眼筋麻痺と pupil-sparing を特徴とする Claude 症候群を呈した中脳梗塞」神経内科,47:289-293, 1997
佐藤正之,鈴木賢治,宮村正典「悪性症候群と類似した症状を呈した無菌性髄膜脳炎の1例」最新医学,53(2):322-323, 1998
佐藤正之,鈴木賢治,宮村正典「中枢性顔面神経麻痺を呈した延髄外側症候群の1例」総合臨床,47(7):2221-2223, 1998
佐藤正之「音楽認知の機能解析」認知神経科学,6(1),36-40,総説,2004
山﨑正禎、伊藤伸朗、上田由紀人、三好正浩、佐藤正之、内藤 寛、葛原茂樹 「脅迫的反復性書字・描画行為がみられたパーキンソン病の一例」 運動障害; 16: 81-86, 論文、2006
新堂晃大、佐藤正之、葛原茂樹 「退職校長・教頭を対象とした軽度認知障害の評価法」 認知神経科学、10: 207-210、2008
神岬真実,佐藤正之,小川 剛,宮本憲一,元吉和夫,鎌倉恵子,武田克彦「脱字を主とする書字障害を呈した痴呆を伴う運動ニューロン疾患の1例」臨床神経,44:673-676,2004.論文
成田有吾,佐藤正之,葛原茂樹「三叉神経各部位と記録用鼻咽頭電極.その歴史と屍体による解剖学的位置関係の検討」臨床脳波,38:234-238,1996
鈴木賢治,佐藤正之,宮村正典,葛原茂樹「上顎洞癌の経過中に上肢運動麻痺を呈した帯状疱疹の1例」神経内科,49(4):375-378, 1998
鈴木賢治,佐藤正之,宮村正典「橋梗塞による同側顔面神経麻痺と One and a half 症候群の経過中に対側の糖尿病性顔面神経麻痺を伴った1例」総合臨床,46(10):2619-2621, 1997
鈴木賢治,佐藤正之,宮村正典「大脳基底核石灰化と Monckeberg 型動脈硬化症類似の四肢動脈石灰化がみられた姉妹例」内科,82(5):979-981, 1998
Occipital glucose metabolic decrease by donepezil treatment correlated with the improvement of visual hallucinations in dementia with Lewy bodies: The Osaki-Tajiri Project. 共著 2010 Eur. Neurol 64 337-344
共著 2011 Neurocase 17 410-417
The lateral occipital complex is activated by melody with accompaniment: foreground and background segregation in auditory processing. 2011 J Behavioral and Brain Science 1 94-101
Three cases of focal embouchure dystonia: successful therapy using a dental splint. 共著 2011 Eur Neurol 66 85-90
「音楽はなぜこころに響くのか:医学からのアプローチ」、山田真司・西口磯春編著:音楽はなぜ心に響くのか、pp154-197、2011、コロナ社、東京、分担執筆
佐藤正之 「音楽療法とmelodic intonation therapy」、高次脳機能障害のリハビリテーション Ver.2、pp218、2004、医師薬出版、東京、分担執筆
佐藤正之 「聴覚失認」、武田克彦・波多野和夫編:高次脳機能障害:その概念と画像診断、pp101-115、2006、中外医学社、東京、分担執筆
佐藤正之 「脳に耳を傾けて」、大串健吾ら編:音楽と感情の心理学、誠信書房、東京、翻訳・分担執筆
佐藤正之、葛原茂樹 「側頭葉症候群」、神経内科学(第2版)、pp183-191、2004、朝倉書店、東京、分担執筆
カルテと楽譜の間から:音楽家くずれの医者の随想 単著or編著 2011.12 新風書房


更新日 2014-04-17
教員紹介の掲載内容の更新はこちらから(学内のみ)


三重大学教員紹介の内容について無断転用を禁じます