教員紹介トップページへ

三重大学トップページへ

三重大学教員紹介

教員情報

職名
准教授
氏名
むらばた まゆみ
村端 真由美
生年月
 
所属
部局
医学系研究科
学科・専攻
看護学専攻
講座
実践看護学領域
教育研究分野
小児看護学
TEL
 
FAX
 
E-mail
 
個人のホームページ
 
学歴
名古屋市立大学看護学研究科 博士前期課程 修了
名古屋市立大学看護学研究科 博士後期課程 修了
学位
看護学博士 (名古屋市立大学)
看護学修士 (名古屋市立大学)
所属学会
日本小児保健協会 日本小児看護学会 日本看護科学学会 日本環境感染学会 日本感染症学会 日本嫌気性菌感染症学会 日本小児がん看護学会 日本小児難治喘息・アレルギー疾患学会 日本小児・思春期糖尿病研究会
社会活動
東海地区小児糖尿病サマーキャンプ研究会 世話人
四日市市公害健康被害予防事業「チャレンジ・デイキャンプ」 運営委員
三重ファミリールームボランティアの会 顧問
愛知感染予防ネットワーク 幹事
職歴
国立療養所三重病院 看護師
三重県立看護大学 助教
愛知医科大学看護学部 講師
三重大学医学部看護学科 (2010年9月~)
三重大学大学院医学系研究科 看護学専攻(2016年4月~)
学術(芸術)賞
 
専門分野
小児看護学
感染予防看護学
現在の研究課題
長期在宅療養中の炎症性腸疾患患児の感染予防のためのシステム構築に関する研究
小児気管支ぜん息の自己管理支援に資する新しい客観的なアドヒアランス評価指標の開発と確立に関する調査研究
抗菌塗装による微生物発育阻止能の検証
抗菌塗装の長期有効性評価に関する検討
担当科目
【博士後期課程】
母子看護学特論、母子看護学演習
【博士前期課程】
小児看護学対象論、小児看護学援助論、小児看護学特論Ⅰ、小児看護学特論Ⅱ
看護研究法、特別研究
【学部】
小児看護学Ⅰ、小児看護学Ⅱ、小児看護学Ⅲ、小児看護学実習、統合実習Ⅰ(小児看護学)、統合実習Ⅱ(小児看護学)
看護学基礎ゼミナール、看護学専門ゼミナール、看護研究方法論
医学医療C(現代社会と健康)
主な業績等
病気と絵本 小児看護の立場から 単著 2010.09 医学図書館 57 250-252
短期入院や日帰りで手術を受ける小児の看護】 看護実践 短期入院で手術を受ける小児の主体性を引き出す看護 単著 2011.06 小児看護 34 715-721
感染症の看護とケアのポイント クロストリジウム・ディフィシル(Clostridium difficile)感染予防と看護 共著 2011.11 化学療法の領域 27 2762-2770
地域における感染対策の取り組み:愛知感染予防ネットワークの現状と課題 共著 2011.12 愛知医科大学看護学紀要 10 19-24
大規模災害想定地域におけるDMAT実動訓練に参加した看護学生の体験 第1報 感情に関する記述の分析 共著 2013.03 三重看護学誌 15 49-54
大規模災害想定地域におけるDMAT実動訓練に参加した看護学生の体験 第2報 学生の学びに関する記述の分析 共著 2013.03 三重看護学誌 15 55-59
子どもの生と死の概念文献検討:病気をもつ子どもたちがより良く生きる援助のために 共著 2014.03 三重看護学誌 16 1-8
がん患児入院病棟の療養環境のClostridium difficile による汚染 共著 2015.01 日本環境感染学会誌 30 22-28
早産児をもつ母親がわが子を抱いている時の思いと抱くことの意味 共著 2015.07 日本小児看護学会誌 24
新しい喘息キャンプについて:デイキャンプの取り組み 共著 2015.11 日本小児難治喘息・アレルギー疾患学会誌 13 237-242
見て覚える母性・小児看護のポイント  小児編(解説/特集) 共著 2016.09 クリニカルスタディ 37 894-904


教員紹介の掲載内容の更新はこちらから(学内のみ)


三重大学教員紹介の内容について無断転用を禁じます