教員紹介トップページへ

三重大学トップページへ

三重大学教員紹介

教員情報

職名
講師
氏名
さかい まさる
坂井 勝
生年月
1979.12
所属
部局
生物資源学研究科
学科・専攻
共生環境学専攻
講座
農業農村工学
教育研究分野
土壌圏循環学研究室
TEL
059-231-9251
FAX
 
E-mail
sakai-m@bio. (末尾に mie-u.ac.jp を補ってください)
個人のホームページ
学歴
三重大学生物資源学研究科 博士課程・博士後期課程 (2004年04月~2007年09月) 卒業・修了
東京大学大学院農学生命科学研究科 修士課程・博士前期課程 (2002年04月~2004年03月) 卒業・修了
東京大学農学部 学士課程 (1998年04月~2002年03月) 卒業・修了
学位
2007.09 博士(学術) 三重大学
所属学会
農業農村工学会 土壌物理学会 Soil Science Society of America American Geophysical Union 土壌肥料学会 日本地球惑星科学連合
社会活動
 
職歴
2007.09~2009.08 カリフォルニア大学リバーサイド校 ポスドク研究員
2009.09~2011.03 ユタ州立大学 ポスドク研究員
学術(芸術)賞
 
専門分野
土壌物理学
現在の研究課題
植物根の吸水と土壌水分移動について
担当科目
土壌物理学
主な業績等
A Hysteretic Model of Hydraulic Properties for Dual-Porosity Soils 共著 2013.06 Soil Science Society of America Journal 77 1182-1188
渡辺晋生, 紀藤哲矢, 坂井勝, 取出伸夫, 2010, 凍結面近傍の不凍水量変化に基づく凍土の水分特性曲線と不飽和透水係数の検討, 土壌の物理性, 116, 9-18.
渡辺晋生, 大森陽介, 和気朋己, 坂井勝, 2010, サーモTDRによる凍土の不凍水分量・熱伝導率の同時測定, 雪氷, 72, 157-168.
Khalil, M., K. Seki, T. Miyazaki, M. Mizoguchi, and M. Sakai, 2006, Analysis of zero flux plane behavior under periodical water supply, Trans. of JSIDRE, 246, 33-40.
Khalil, M., M. Sakai, M. Mizoguchi, and T. Miyazaki, 2003, Current and prospective applications of Zero Flux Plane (ZFP) method, J. Jpn. Soc. Soil. Phys., 95, 75-90.
斎藤広隆, 坂井勝, J. Šimůnek, 取出伸夫, 2006, 不飽和土中の水分移動モデルにおける境界条件, 土壌の物理性, 104, 63-73.
取出伸夫, 坂井勝, 斎藤広隆, 2006, 土中の溶質移流分散モデルにおける境界条件, 土壌の物理性, 104, 75-84.
渡辺晋生, 取出伸夫, 坂井勝, J. Šimůnek, 2007, 凍結をともなう土中の水分・熱・溶質移動モデル, 土壌の物理性, 106, 21-32.
取出伸夫, 渡辺晋生, 坂井勝, 2009, 土中への水の浸潤 1. フラックス境界と圧力境界条件, 土壌の物理性, 113, 31-41.
取出伸夫, 渡辺晋生, 久行雄大, 坂井勝, 2010, 土中への水の浸潤, 3. Green and Amptモデル, 土壌の物理性, 115, 51-60.
Sakai, M., S.B. Jones, and M. Tuller, 2011, Numerical evaluation of subsurface soil water evaporation derived from sensible heat balance, Water Resour. Res., 47, W02547 doi:10.1029/2010WR009866.
Watanabe, K., T. Kito, T. Wake, and M. Sakai, 2011, Freezing experiments on unsaturated sand, loam and silt loam, Ann. Glaciol., 52, 37-43.
Sakai, M., N. Toride, and J. Šimůnek, 2009, Water and vapor movement with condensation and evaporation in a sandy column, Soil Sci. Soc. Am. J., 73, 707-717.
Twarakavi, N.K.C., M. Sakai, and J. Šimůnek, 2009, An objective analysis of the dynamic nature of field capacity, Water Resour. Res., 45, W10410, doi:10.1029/2009WR007944.
坂井勝, 取出伸夫, 2009, 水分保持曲線と不飽和透水係数の水分移動特性モデル, 土壌の物理性, 111, 61-73.
Sakai, M., J. Šimůnek, and H. Saito, 2008, Evaluating evapotranspiration from meteorological data using HYDRUS-1D, Proceedings of the HYDRUS workshop in Prague, Prague, March 26-27, 2008, pp. 93-97, ISBN 978-80-213-1783-3.
Sakai, M., J. Šimůnek, and H. Saito, 2008, Surface boundary conditions from meteorological data using HYDRUS-1D, Proceedings of the third HYDRUS workshop, Tokyo, June 28, 2008, pp. 53-57, ISBN 978-4-9901192-5-6.
Sakai, M. and N. Toride, 2008, Estimating hydraulic property for a dune sand and a volcanic ash soil using evaporation method, Proceedings of the third HYDRUS workshop, Tokyo, June 28, 2008, pp. 120-125, ISBN 978-4-9901192-5-6.
坂井勝, 取出伸夫, 2007, 蒸発法における不飽和水分移動特性推定の最適条件の検討, 土壌の物理性, 106, 33-46.
坂井勝, 取出伸夫, 2007, 砂質土と団粒土に対する水分移動特性関数の検討, 土壌の物理性, 107, 63-77.
坂井勝, 取出伸夫, 2006, 古典を読む J.R. Philip and D.A. de Vries著「温度勾配下における多孔質体中の水分移動について」, 土壌の物理性, 103, 105-112.査読有


教員紹介の掲載内容の更新はこちらから(学内のみ)


三重大学教員紹介の内容について無断転用を禁じます