教員紹介トップページへ

三重大学トップページへ

三重大学教員紹介

教員情報

職名
助教
氏名

岩下 義明
生年月
1980.12
所属
部局
附属病院
学科・専攻
救命救急センター
講座
 
教育研究分野
集中治療、急性呼吸不全、PCPS/ECMO
TEL
 
FAX
 
E-mail
 
個人のホームページ
 
学歴
 
学位
 
所属学会
日本救急医学会 日本集中治療医学会 呼吸療法医学会
社会活動
 
職歴
2006.04~2008.03 島根県立中央病院 初期研修医
2008.04~2009.03 北里大学医学部 救急医学講座
2009.04~2010.03 山形大学医学部附属病院 救急部 助教
2010.04~2011.04 公立学校共済 東北中央病院 循環器科 医員
学術(芸術)賞
 
専門分野
集中治療、急性呼吸不全、PCPS/ECMO
現在の研究課題
 
担当科目
 
主な業績等
ECLA、NO吸入、腹臥位療法のレスキュー治療にて救命できたARDSの一例 共著 2010 人工呼吸 27 279-282
横隔膜と肺野透過性を常に意識する 陽圧換気とPEEPによる影響 共著 2010 呼吸器ケア 98 182-188
温泉水誤嚥によるARDSの1例 共著 2011 人工呼吸 28 83-88
来院時心肺停止症例におけるトロポニン測定意義の検討 共著 2011 蘇生 30 82-88
A case of Ortner syndrome 共著 2012 Internal Medicine 51 1441-
広範囲熱傷患者のアゾール耐性カンジダアルビカンスによる敗血症性ショックの一例 2012 臨床救急医学会雑誌 15 32-35
A case of HELLP syndrome with multiple complications 共著 2012.08 Internal Medicine 51 2227-2230
胸部CTと冠動脈造影検査を用いた整形外科手術前心機能評価の意義 共著 2012.08 麻酔 61 826-829
Food Poisoning Associated with Kudoa Septempunctata 共著 2013.01 J Emerg Med
VCV vs PCV 共著 2013.01 呼吸器ケア 11 124-130
クリオプレシピテート併用にて止血した多発外傷の一例 共著 2013.01 日本外傷学会雑誌 27 37-40
ICUのない病院における重症患者管理に関するアンケート 共著 2013.04 日本臨床救急医学会雑誌 16 152-
Arbekacin treatment of a patient infected with a Pseudomonas putida producing a metallo-beta-lactamase 共著 2013.10 Journal of intensive care 1 3-
A case of Strongyloides hyperinfection associated with tuberculosis 共著 2013.11 Journal of intensive care 1 -7
救急外来で使用する緊急薬剤 共著 2013.11 レジデントノート
Thrombomodulin protects against lung damage created by high level of oxygen with large tidal volume mechanical ventilation in rats 共著 2014 J Intensive Care 2 57-
Respiratory care seminar これってだめなの!? 呼吸管理のDo Not集 脳神経疾患編 ⑥人工呼吸管理と呼吸に関するDo Not 共著 2014.05 呼吸器ケア 12 584-
Extracorporeal lung assist for sepsis and acute respiratory distress syndrome. 共著 2015 Cardiovasc Hematol Disord Drug Targets 15 46-56
外傷患者に対するクリオプレシピテートの使用経験 共著 2015 日集中医誌 22 23-26
臨床に直結する 集中治療のエビデンス 共著 2013.02 文光堂


教員紹介の掲載内容の更新はこちらから(学内のみ)


三重大学教員紹介の内容について無断転用を禁じます