教員紹介トップページへ

三重大学トップページへ

三重大学教員紹介

教員情報

職名
助教
氏名
こいけ ゆうき
小池 勇樹
生年月
1976.04.19
所属
部局
附属病院
学科・専攻
外科系診療科
講座
小児外科
教育研究分野
 
TEL
 
FAX
 
E-mail
koikyon@clin.medic.mie-u.ac.jp
個人のホームページ
 
学歴
 
学位
医学博士
所属学会
日本外科学会 日本小児外科学会
日本外科学会 日本小児外科学会 日本消化器外科学会
日本外科感染症学会 日本大腸肛門病学会 日本消化器病学会 日本癌治療学会
社会活動
 
職歴
助教
学術(芸術)賞
 
専門分野
 
現在の研究課題
 
担当科目
 
主な業績等
☆受賞歴
第114回日本外科学会学術集会(2014.4.4 京都)
若手優秀演題賞受賞
「敗血症モデルマウスにおける消化管微小循環 Neutrophil extracellular traps の経時的観察と検討」
小池勇樹,田中光司,井出正造,大竹耕平,井上幹大,内田恵一,毛利靖彦,溝口 明,楠 正人

☆英文
1. Koike Y, Tanaka K, Kobayashi M, Toiyama Y, Inoue Y, Mohri Y, Uchida K, Mizoguchi A, and Kusunoki M. Dynamic Pathology for Leukocyte-Platelet Formation in Sepsis Model.
J Surg Res 2014 in press
2. Koike Y, Uchida K, Matsushita K, Otake K, Nakazawa M, Inoue M, Kusunoki M, Tsukamoto Y. Intraluminal appendiceal fluid is predictive factor for recurrent appendicitis after initial successful non-operative management for uncomplicated appendicitis in pediatric patients.
J Pediatr Surg. 2014 in press
3. Koike Y, Uchida K, Inoue M, Ide S, Hashimoto K, Matsushita K, Otake K, Ohkita Y, Araki T, Kobayashi M, Mohri Y, Kusunoki M. Infantile Crohn's disease is one of the risk factors of Catheter-related Blood Stream Infection.
Pediatr Int. 2014 Feb 12
4. Koike Y, Uchida K, Hashimoto K, Matsushita K, Otake K, Inoue M, Kusunoki M. Primary liver transplantation for biliary atresia after percutaneous transhepatic cholangio-drainage
Journal of Pediatric Surgery Case Reports July 2013(Vol. 1, Issue 7,Pages 183-185)
5. Koike Y, Uchida K, Nakazawa M, Inoue M, Kusunoki M, Tsukamoto Y. Predictive factors of negative outcome in initial atropine therapy for infantile hypertrophic pyloric stenosis. Pediatr Int. 2013 Oct;55(5):619-23.
6. Koike Y, Uchida K, Inoue M, Ohtsu K, Tanaka T, Otake K, Tanaka K, Kusunoki M. Hairy polyp can be lethal even when small in size.
Pediatr Int. 2013 Jun;55(3):373-6.
7. Koike Y, Uchida K, Kusunoki M. Successful switch-over administration of intravenous-to-oral tacrolimus after isolated living-donor liver transplantation in a child with ultra short gut syndrome.
Transpl Int. 2012 Feb;25(2):e29-30.
8. Koike Y, Tanaka K, Okugawa Y, Morimoto Y, Toiyama Y, Uchida K, Miki C, Mizoguchi A, Kusunoki M. In vivo real-time two-photon microscopic imaging of platelet aggregation induced by selective laser irradiation to the endothelium created in the beta-actin-green fluorescent protein transgenic mice. 
J Thromb Thrombolysis. 2011 Aug;32(2):138-45.
9. Koike Y, Inoue M, Uchida K, Kawamoto A, Yasuda H, Okugawa Y, Otake K, Kusunoki M. Ovarian autoamputation in a neonate: a case report with literature review.
Pediatr Surg Int. 2009 Jul;25(7):655-8.
10. Koike Y, Miki C, Okugawa Y, Yokoe T, Toiyama Y, Tanaka K, Inoue Y, Kusunoki M. Preoperative C-reactive protein as a prognostic and therapeutic marker for colorectal cancer.
J Surg Oncol. 2008 Dec 1;98(7):540-4.

☆和文
1. 小池 勇樹, 内田 恵一, 井上 幹大, 井出 正造, 橋本 清, 大竹 耕平, 楠 正人. ブロビアックカテーテルの合併症 小児外科. 45巻4号 p410-415 (2013.04)
2. 小池 勇樹, 内田 恵一, 中澤 誠, 井上 幹大, 大竹 耕平, 松下 航平, 橋本 清, 井出 正造, 長野 由佳, 塚本 能英, 楠 正人. 知っておくべき消化器疾患の最新治療 肥厚性幽門狭窄症 疾患概要から外科医コンサルトのタイミングまで. 小児科診療. 76巻2号 p263-268(2013.02)
3. 小池 勇樹, 中澤 誠, 塚本 能英. 当院で経験した重症心身障害児における急性腹症例の検討. 日本小児外科学会雑誌47巻3号 p309-313(2011.06)

☆科研費採択状況
Netsの概念に基づく2光子レーザー顕微鏡を用いた壊死性腸炎の病態解明と治療戦略
2013年4月1日~2016年3月31日

アラーミン概念に基づく2光子レーザー顕微鏡を用いた壊死性腸炎の病態解明と治療戦略
2011年4月28日~2013年3月31日

二光子レーザー顕微鏡を用いた壊死性腸炎モデルの作成とその病態・治療法の解明
2009年度~2010年度


更新日 2014-05-19
教員紹介の掲載内容の更新はこちらから(学内のみ)


三重大学教員紹介の内容について無断転用を禁じます