教員紹介トップページへ

三重大学トップページへ

三重大学教員紹介

教員情報

職名
助教
氏名
すぎもと ゆか
杉本 由香
生年月
 
所属
部局
医学系研究科
学科・専攻
生命医科学専攻
講座
病態制御医学講座
教育研究分野
造血病態内科学
TEL
 
FAX
 
E-mail
yuka2@clin.medic. (末尾に mie-u.ac.jp を補ってください)
個人のホームページ
 
学歴
三重大学医学部医学科 博士課程・博士後期課程 (~2006年) 卒業・修了
学位
2006.12 医学博士 三重大学
所属学会
日本内科学会 日本血液学会 日本臨床腫瘍学会 日本癌学会 アメリカ血液学会
社会活動
 
職歴
 
学術(芸術)賞
 
専門分野
 
現在の研究課題
 
担当科目
 
主な業績等
1 Loss of heterozygosity in 7q myeloid disorders: clinical associations and genomic pathogenesis.
Jerez A, Sugimoto Y, Makishima H, et al.
Blood. 2012 May 2. [Epub ahead of print]

2 Cytogenetic and molecular predictors of response in patients with myeloid malignancies without del[5q] treated with lenalidomide.
Sugimoto Y, Sekeres MA, Makishima H, et al.
J Hematol Oncol. 2012 Mar 5;5(1):4. [Epub ahead of print]

3 CBL mutation-related patterns of phosphorylation and sensitivity to tyrosine kinase inhibitors.
Makishima H, Sugimoto Y, Szpurka H, et al.
Leukemia. 2012 Jan 13. doi: 10.1038/leu.2012.7. [Epub ahead of print]

4 Efficacy of rabbit anti-thymocyte globulin in severe aplastic anemia.
Afable MG 2nd, Shaik M, Sugimoto Y, et al.
Haematologica. 2011 Sep;96(9):1269-75.

5 Spectrum of molecular defects in juvenile myelomonocytic leukaemia includes ASXL1 mutations.
Sugimoto Y, Muramatsu H, Makishima H, et al.
Br J Haematol. 2010 Jul;150(1):83-7.

6 Diagnostic value of PCR analysis of bacteria and fungi from blood in empiric-therapy-resistant febrile neutropenia.
Nakamura A, Sugimoto Y, Ohishi K, et al.
J Clin Microbiol. 2010 Jun;48(6):2030-6.

7 Differential cell division history between neutrophils and macrophages in their development from granulocyte-macrophage progenitors.
Sugimoto Y, Katayama N, Masuya M, et al.
Br J Haematol. 2006 Dec;135(5):725-31.





更新日 2012-06-15
教員紹介の掲載内容の更新はこちらから(学内のみ)


三重大学教員紹介の内容について無断転用を禁じます