教員紹介トップページへ

三重大学トップページへ

三重大学教員紹介

教員情報

職名
教授
氏名
ふくざき さとし
福﨑 智司
生年月
1964.01
所属
部局
生物資源学研究科
学科・専攻
生物圏生命科学専攻
講座
海洋生命分子化学
教育研究分野
海洋微生物学
TEL
059-231-9566
FAX
 
E-mail
satoshi_fukuzaki@bio. (末尾にmie-u.ac.jp)
個人のホームページ
 
学歴
1982.03 広島県立広島井口高等学校卒業
1986.03 広島大学工学部醗酵工学科卒業
1988.03 広島大学大学院醗酵工学科博士課程前期修了
1991.03 広島大学大学院醗酵工学科博士課程後期修了
学位
工学博士
所属学会
日本防菌防黴学会
日本食品微生物学会、日本水産学会
日本生物工学会、日本鉄鋼協会
社会活動
日本防菌防黴学会 理事、英文誌編集委員長、和文誌副編集委員長
日本食品機械研究会 理事
日本調理食品研究会 企画編集委員長
日本食品機械工業会 安全衛生企画委員
EHEDG JAPAN Regional Committee委員
食の機能と安全研究会 幹事
環境管理技術研究会 副編集委員長
職歴
1991.04~2013.03 岡山県工業技術センター
2001.04~2005.03 岡山県立大学大学院 非常勤講師兼務
2005.04~2012.03 岡山県立大学大学院 准教授兼務
2012.04~2013.03 岡山県立大学大学院 教授兼務
学術(芸術)賞
1999.04 科学技術庁長官表彰 研究功績者賞 
2003.05 日本防菌防黴学会 研究奨励賞
2005.02 表面技術協会 論文賞
2005.12 中国地域公設試験研究機関 研究業績賞
2006.05 日本防菌防黴学会 論文賞
2006.06 日本オゾン協会 論文賞
2006.11 山陽技術賞
2008.05 第3回村川技術奨励賞
2011.05 日本防菌防黴学会 論文賞
2013.08 日本オゾン協会 論文賞
2013.12 農業技術功労者表彰
2014. 05 日本食品機械工業会 委員会・部会活動功労者表彰
2015. 06 国際食品工業展アカデミックプラザAP賞グランプリ
2016. 05 日本ゴム協会 第63回優秀論文賞
専門分野
洗浄・殺菌工学 食品微生物学 生物化学工学 界面化学 廃水処理工学 表面処理工学
現在の研究課題
洗浄・殺菌による食品・海洋微生物の制御技術
次亜塩素酸の洗浄・殺菌メカニズムの解明と用途展開
食品製造機器の簡易清浄度評価法の開発
界面制御技術による抗菌性材料の創出
嫌気性海洋微生物群による未利用資源のエネルギー変換
担当科目
海洋微生物機能学、海洋微生物化学特論、海洋微生物学演習、微生物学、微生物利用学、海洋微生物学実験、マリンフードプロセス実習
主な業績等
【学術論文】
・Kinetics of the Inactivation of Vibrio parahaemolyticus in Weakly Acidic Sodium Chlorite Solution. 共著 2017 Biocontrol Sci., 22, 25-30.
・Inactivation of Vibrio parahaemolyticus Unattached and Attached to a Solid Surface in pH-Controlled Sodium Hypochlorite Solutions, 共著 2016 Biocontrol Sci., 21, 265-268.
・Adhesion of Vibrio parahaemolyticus to Stainless Steel Surfaces and Its Removal by Caustic Alkali Cleaning, 共著 2016 J. Environ. Control Technique, 34, 240-247.
・ポリエチレンテレフタレート板に収着したクルクミンの脱色に及ぼす次亜塩素酸ナトリウム水溶液のpHの影響,共著 2016 食生活研究, 36, 338-343.
・Measurement of the Growth Rate of Vibrio parahaemolyticus under Various Salinity Conditions using Microbial Calorimetry,共著 2016 J. Environ. Control Technique, 34, 73-79.
・強制通風気化システムにおける水溶液含浸繊維フィルタからの次亜塩素酸の揮発,共著 2016 日本防菌防黴学会誌,44, 113-118.
・アセトアルデヒドの分解とクロロホルムの生成に及ぼす次亜塩素酸ナトリウム水溶液のpHの影響,共著 2015 J. Environ. Control Technique, 33, 309-314.
・次亜塩素酸ナトリウムに起因するエチレンプロピレンゴムの劣化を抑制する水酸化物イオンの役割,共著 2015 日本防菌防黴学会誌,43, 567-570.
・食品製造機器の衛生構造の評価のための簡易試験用汚れの調製,共著 2015 日本防菌防黴学会誌,43, 515-519.
・次亜塩素酸によるEPDMの劣化に関する研究 第4報解離型次亜塩素酸によるカーボンブラック充てんEPDM架橋物の劣化機構,共著 2015 日本ゴム協会誌,88, 374-379.
・ポリエチレンスワブ棒を用いた拭き取りによる固体表面上の付着細菌数の測定精度の実験的検証,共著 2015 日本防菌防黴学会誌,43, 313-315.
・次亜塩素酸によるEPDMの劣化に関する研究 第3報 表面劣化層の形成がカーボンブラック充填EPDM架橋物の強度に及ぼす影響,共著 2015 日本ゴム協会誌,88, 75-79.
・Physical Chemistry of Biofouling of a Sensitized Stainless Steel. 単著 2015 Mater. Technol,, 30, (B1), B27–B32.
・次亜塩素酸によるEPDMの劣化に関する研究 第2報 非解離型次亜塩素酸によるカーボンブラック充てんEPDM架橋物の劣化機構,共著 2014 日本ゴム協会誌,87, 107-114.
・ポリエチレンテレフタレート板に収着したリモネンの除去における非解離型次亜塩素酸の効果,共著 2014 日本防菌防黴学会誌,42, 3-8.
・Effect of Pretreatment of Titanium Surfaces with Phosphate Solution on the Adsorption and Desorption of Human Serum Albumin. 共著 2013 J. Environ. Control Technique, 31, 203-208.
・エタノール水溶液中における硬質表面からのトリオレインの除去に及ぼす界面張力と溶解度の寄与,共著 2013 J. Environ. Control Technique, 31, 147-154.
・室内空間における霧化次亜塩素酸ナトリウム水溶液の遊離有効塩素量の測定,共著 2013 防菌防黴,41, 415-419.
・次亜塩素酸によるEPDMの劣化に関する研究:第1報 次亜塩素酸の解離がEPDMの表面形態に及ぼす影響,共著 2013 日本ゴム協会誌,86, 125-132.
・弱アルカリ性次亜塩素酸ナトリウム水溶液の泡沫による固体付着細菌の除去および不活化,共著 2013 J. Environ. Control Technique, 31, 21-26.
・流れ収束型ステンレス鋼製マイクロリアクターによる水中油型エマルションの調製のためのマイクロ流路の濡れ性の制御,共著 2013 表面技術,64, 120-126.
・pH調整次亜塩素酸ナトリウム水溶液の超音波霧化による固体表面上のA型インフルエンザウイルスの不活化,共著 2013 防菌防黴,40, 11-17.
・ポリエチレンテレフタレート表面の塩素併用アルカリ洗浄における付着細菌の除去および死滅挙動,共著 2012 防菌防黴,40, 405-413.
・食塩水を用いた洗米における脂肪酸および古米臭の低減,共著 2012 日本食品科学工学会誌,59, 284-290.
・Super-hydrophilicity of Stainless Steel Induced by Heat Treatment with Gaseous Ozone. 共著 2012 Ozone Sci. Eng., 34, 363-368.
・次亜塩素酸水溶液によるA型インフルエンザウイルスの感染性および赤血球凝集活性の不活化,共著2012 J. Environ. Control Technique, 30, 91-96.
・生もと酒母における苦味ペプチドの動向,共著 2012 日本醸造協会誌,106, 687-693.
・The Mode of Action of Sodium Hypochlorite in the Decolorization of Azo Dye Orange Ⅱ in Aqueous Solution. 共著 2011 Biocontrol Sci., 16, 123-126.
・硬質表面に付着したトリオレインの定量評価における拭き取り法の操作因子,共著 2010 防菌防黴, 38, 715-722.
・固体表面上のEscherichia coliに対する次亜塩素酸水溶液の超音波霧化の殺菌効果,共著 2010 防菌防黴,38, 573-580.
・Effect of pH on the Adsorption and Desorption of Human Serum Albumin at Titanium-Water Interfaces. 共著 2010 表面技術 (J.Surface Finishing Soc. Jpn)., 61, 522-527.
・エチレンプロピレンゴムへの次亜塩素酸の浸透と拡散に及ぼすカーボンブラックの影響,共著 2010 防菌防黴,38, 429-433.
・ステンレス鋼に付着したタンパク質の定量評価における拭き取り法の操作条件と有効性,共著 2010 防菌防黴,38, 211-218.
・エチレンプロピレンゴムへの非解離型次亜塩素酸の浸透と拡散,防菌防黴,共著 2010 38, 143-148.
・Shelf Life, Dissolving Action, and Antibacterial Activity of a Neutralized 2.5% Sodium Hypochlorite Solution. 共著 2009 Oral Surg., Oral Med., Oral Pathol., Oral Radiol. Endod., 108, 66-73.
・電解次亜水と強アルカリ性電解次亜水を利用した悪臭および有毒ガスの洗浄除去,共著 2009 機能水研究, 4, 17-21.
・次亜塩素酸ナトリウムの洗浄および殺菌作用に及ぼす温度の影響の速度論的研究,共著 2009 防菌防黴, 37, 253-262.
・ステンレス鋼表面へのリン酸イオンの吸着と洗浄性に及ぼす影響,共著 2008 防菌防黴,36, 821-828.
・硬質表面からのトリオレインの除去における無機塩の界面での役割,共著 2008 防菌防黴,36, 513-521.
・Improvement of Cleanability of Pseudo-Sensitized Stainless Steel Surfaces by Solution Treatment. 共著 2008 Biocontrol Sci.,13, 57-63.
・Cleanability of Titanium and Stainless Steel Particles in Relation to Surface Charge Aspects. 共著 2008 Biocontrol Sci., 13, 9-16.
・ポリエチレンテレフタレートボトルの穏和なアルカリ洗浄技術の開発,共著 2007 日本食品科学工学会誌,54, 553-558.
・Effect of pH on the Efficacy of Sodium Hypochlorite Solution as Cleaning and Bactericidal Agents. 共著 2007 表面技術 (J.Surface Finishing Soc. Jpn).,58, 465-469.
・Mechanisms of Actions of Sodium Hypochlorite in Cleaning and Disinfection Processes. 単著 2006 Biocontrol Sci., 11, 147-157.
・Role of a Surfactant in Caustic Alkali Cleaning of Polyethylene Terephthalate Surfaces Fouled with Organic Substances. 共著 2006 Biocontrol Sci., 11, 167-174.
・Involvement of Radical Species in Inactivation of Vibrio parahaemolyticus in Saline Solutions by Direct-Current Electric Treatment. 共著 2006 J. Biosci. Bioeng.,102, 457-463.
・Use of Gaseous Ozone as a Cleaning Agent on Hard Surfaces Fouled with Bovine Protein. 単著 2006 Ozone Sci. Eng., 27, 303-308.
・高濃度オゾンガスによるステンレス鋼繊維不織布の表面改質と再生処理,共著 2006 表面技術,57, 440-444.
・Improvement of Cleanability of Stainless Steels with Various Surface Properties by Gaseous Ozone. 共著 2006 表面技術 (J.Surface Finishing Soc. Jpn)., 57, 290-295.
・Cleanability of Stainless Steel Surfaces as Influenced by Heat Treatment. 共著 2006 Biocontrol Sci., 11, 61-68.
・無電解ニッケル-リン-PTFE複合めっき皮膜の抗菌性と生体物質に対する吸着親和性,共著 2006 表面技術,57, 220-225.
・The Mode of Action of Sodium Hypochlorite in the Cleaning Process. 共著 2005 Biocontrol Sci., 10, 5-13.
・Efficacy of Electrolyzed Water as a Primary Cleaning Agent. 共著 2004 Biocontrol Sci., 9, 105-109
・金属酸化物表面のタンパク質との相互作用と洗浄性に関する研究,単著 2004 防菌防黴,32, 203-213.
・電解技術を利用した塩素化アルカリ性溶液の調製と洗浄への適用,共著 2004 日本食品科学工学会誌, 51, 92-97.
・Kinetic Approach to Nonlinear Curve of Bovine Serum Albumin Desorption from Stainless Steel Surfaces. 共著2003 Biocontrol Sci., 8, 111-117.
・Comparison of the Efficacies of Gaseous ozone and Sodium Hypochlorite in Cleaning Stainless Steel Particles Fouled with Proteins. 共著 2003 Biocontrol Sci., 8, 87-91.
・Control of the Surface Charge and Improved Corrosion Resistance of Stainless Steel by the Combined Use of Gaseous Ozone and Heat. 共著 2003 表面技術 (J.Surface Finishing Soc. Jpn)., 54, 1034-1042.
・Detergency Effect of Trisodium Phosphate on the Removal of Bovine Serum Albumin from Alumina Surfaces during Caustic Alkali Cleaning. 共著 2002 Biocontrol Sci., 7, 143-150.
・小豆の浸漬工程おける吸水性と渋抜き効果に及ぼす脱気水の脱気度の影響,共著 2002 日本食品科学工学会誌,49 , 605-610.
・アルカリ洗浄におけるオゾン改質アルミナ表面からの牛血清アルブミンの脱着速度論,共著 2002 表面技術,53, 55-59.
・Adhesion of Saccharomyces cerevisiae to Alumina Surfaces and Its Removal by Caustic Alkali Cleaning. 共著2002 Biocontrol Sci., 7, 135-141.
・Kinetic Study of Desorption of Two Species of BSA on Alumina during Alkali Elution Process. 共著 2002 J. Colloid Interface Sci., 252, 284-289.
・Effect of the Surface Charge of Stainless Steel on Adsorption Behavior of Pectin. 共著 2002 Biocontrol Sci., 7, 9-15.
・高濃度オゾン酸化によるステンレス鋼表面からの純水中への溶出金属量低減効果,共著 2002 化学工学論文集,28, 73-76.
・Effect of Ozone on the Surface Charge and Cleanability of Stainless Steel. 共著 2001 Biocontrol Sci., 6, 87-94.
・Surface Treatment and Facilitated Cleaning of Stainless Steels by Ozonized Air. 共著 2001 Biocontrol Sci., 6, 95-101.
・Cleaning of Alumina Fouled with Bovine Serum Albumin by the Combined Use of Ozone and Alkaline Electrolyzed Water. 共著 2001 Biocontrol Sci., 6, 103-106.
・Facilitation of Cleaning of Alumina Surfaces Fouled with Heat-Treated Bovine Serum Albumin by Ozone Treatment. 共著 2001 J. Food Protect., 64, 108-112.
・Conformation of the Adsorbed Bovine Serum Albumin Governing Its Desorption Behavior at Alumina-Water Interfaces. 共著 2000 J. Biosci. Bioeng., 90, 105-111.
・Effect of Ozone Pretreatment on Alkali Cleaning of Alumina Fouled with Bovine Serum Albumin. 共著 2000 J. Biosci. Bioeng., 89, 267-270.
・大麦を原料としたリンゴ酸含量の高い酒類の製造,共著 1999 日本醸造協会誌,94, 158-162.
・Variation in the Surface Charge of Stainless Steel by Surface Treatment: Role of Surface. Hydroxyl Groups. 共著1998 表面技術 (J.Surface Finishing Soc. Jpn.), 49, 915-916.
・Study of the Conformation of Protein Adsorbed on Stainless Steel Surfaces. 共著 1998 表面技術 (J.Surface Finishing Soc. Jpn.), 49, 1237-1238.
・Effect of Modification of Alumina Surfaces by Ozone on Adsorption Behavior of Bovine SerumAlbumin at Alumina-Water Interfaces. 共著 1997 J. Ferment. Bioeng., 84, 407-413.
・Methanogenic Fermentation and Growth of Granular Methanogenic Sludge on a Methanol-Propionate Mixture. 共著 1997 J. Ferment. Bioeng., 84, 382-385.
・ステンレス鋼の表面特性とタンパク質の吸着との関連性,共著 1997 食品工学5,59, 7-12.
・Influence of Anionic Compounds on Adsorption Behavior of Bovine Serum Albumin at Oxide-Water Interfaces. 共著 1997 J. Ferment. Bioeng., 83, 261-266.
・粉末活性炭素添加による溶存炭酸ガス濃度の低減および酵母への影響,共著 1996 日本醸造協会誌,91, 279-283.
・Adsorption of Bovine Serum Albumin onto Metal Oxide Surfaces. 共著 1996 J. Ferment. Bioeng., 81, 163-167.
・粉末活性炭素添加による酵母の増殖促進及び香気成分の高濃度生成,共著 1995 日本醸造協会誌,90, 641-645.
・High Rate Performance and Characterization of Granular Methanogenic Sludges in Upflow Anaerobic Sludge Blanket Reactors Fed with Various Defined Substrates. 共著 1995 J. Ferment. Bioeng., 79, 354-359.
・Adsorption of Pectin onto Stainless Steel Surfaces: Role of Electrostatic Interactions. 共著 1995 J. Japn. Soc. Food Sci. Technol., 42, 700-708.
・Adsorption of Protein onto Stainless Steel Surfaces. 共著 1995 J. Ferment. Bioeng., 80, 6-11.
・Characteristics of Methanogenic Granules Grown on Propionate in an Upflow Anaerobic Sludge Blanket Reactor. 共著 1991 J. Ferment. Bioeng., 71, 50-57.
・Chemical Composition and Kinetic Properties of Granular Methanogenic Sludge Grown on Propionate. 共著 1991 J. Ferment. Bioeng., 72, 405-407.
・Characteristics of Granular Methanogenic Sludge Grown on Lactate in a UASB Reactor. 共著 1991 J. Ferment. Bioeng., 72, 465-472.
・The Use of Polyurethane Foam for Microbial Retention in Methanogenic Fermentation of Propionate. 共著 1990 Appl. Microbiol. Biotechnol., 34, 408-413.
・Kinetics of the Methanogenic Fermentation of Acetate. 共著 1990 Appl. Environ. Microbiol., 56, 3158-3163.
・Inhibition of the Fermentation of Propionate to Methane by Hydrogen, Acetate, and Propionate. 共著 1990 Appl. Environ. Microbiol., 56, 719-723.
・Isolation of Extracellular Cobalt-free Corrinoid from Methanosarcina barkeri. 共著 1989 Agricul. Biol. Chem., 53, 2455-2460.
・Production of Extracellular Vitamin B-12 Compounds from Methanol by Methanosarcina barkeri. 共著 1987 Appl. Microbiol. Biotechnol., 26, 511-516.
・Effect of Sulfur-Containing Compounds on Growth of Methanosarcina barkeri in Defined Medium. 共著 1986 Appl. Environ. Microbiol., 52, 617-622.

【書籍】
・有害微生物の制御と管理-現場対応への実践的な取り組み- 共著 2016 テクノシステム
・菌・カビを知る・防ぐ60の知恵 ~プロ直伝!防菌・防カビの新常識~ 共著 2015 化学同人
・「Biofilm and Materials Science」共著 2015 Springer
・「食品衛生7S活用事例集第5集」共著 2013日科技連
・「次亜塩素酸の科学-基礎と応用-」単著 2012 米田出版
・「化学洗浄の理論と実際」共著 2011 米田出版
・「安心・安全・信頼のための抗菌材料」共著 2011 米田出版
・「食品微生物学辞典」共著 2010 中央法規出版
・「カット野菜品質・衛生管理ハンドブック」共著 2009 サイエンスフォーラム
・「フレッシュ食品の高品質殺菌技術」共著 2008 サイエンスフォーラム
・「クレーム/トラブル製品の検査・分析と発生防止ノウハウ集」共著 2007 技術情報協会
・「微生物管理実務と最新試験法」共著 2006 技術情報協会
・「図解 最先端 表面処理技術のすべて」共著 2006 工業調査会
・「環境調和型めっき技術」共著 2004 日刊工業新聞社
・「洗浄殺菌の科学と技術」共著 2000 サイエンスフォーラム
・「食品膜技術」共著 1999 光琳
・「オゾン利用浄化技術の実際」共著 1999 サンユー書房

【総説・解説】
・次亜塩素酸水溶液の霧化微細粒子による付着菌および空中浮遊菌の不活化,単著 2015 日本防菌防黴学会誌 43, 521-526.
・食品産業における硬質表面洗浄の理論と実際,単著,2014 防菌防黴
1. 洗浄の基本的な考え方,42, 79-84
2. 洗浄の界面化学,42, 127-133
3. 洗浄の物理化学,42, 201-206
4. 水と物理的洗浄力,42, 253-259
5. 化学的洗浄力,42, 309-316
6. 洗浄のシステムと定量的評価,42, 353-359
7. ステンレス鋼の洗浄性に及ぼす諸因子,42, 415-421
8. 次亜塩素酸ナトリウムの洗浄力(その1),42, 475-474
9. 次亜塩素酸ナトリウムの洗浄力(その2),42, 533-536
10. 次亜塩素酸ナトリウムによる局部腐食と劣化,42, 597-603
・食塩による油脂/水の界面張力の低下作用と洗浄力,単著 2013 調理食品と技術,19, 167-177.
・流れ収束型ステンレス鋼製マイクロリアクターによるオリーブ油の水中油型エマルションの調製,共著2013 New Food Industry, 55, 35-42.
・次亜塩素酸ナトリウムによるステンレス鋼の局部腐食,単著 2013 食品機械装置,50, 57-64.
・食品製造設備・機器の洗浄技術から探る腐敗・変敗菌の制御,単著 2012 月刊 食品工場長,No. 188, 72-75.
・食品産業における硬質表面の洗浄の科学と技術,単著,「調理食品と技術」
Ⅳ. 洗浄の実践ポイントの把握と監視,18, 108-119 (2012).
Ⅲ. 洗浄のシステムと定量的評価,18, 1-15 (2012).
Ⅱ. 洗浄力要素,17, 151-164 (2012).
Ⅰ. 洗浄の基礎,17, 103-118 (2011).
・清浄度簡易評価のための拭き取り操作の標準化,単著 2012 食品工業,55, 61-67.
・次亜塩素酸ナトリウムを用いた洗浄・殺菌操作の理論と実際,単著 2010 調理食品と技術,16, 1-14.
・「個」から始まる技術革新,単著,「J. Environ. Control Technique」 
その4  現場から掘り起こす技術課題と未知のニーズ,29, No. 1, 31-41 (2011).
その3 次亜塩素酸の研究における論点の展開と技術課題,28, No. 6, 1-11(2010).
その2 論点から生まれる新たな課題,28, No. 5, 35-39 (2010).
その1 グループにおける個育てと技術革新,28, No. 4, 31-35 (2010).
・嫌気性微生物群によるバイオフィルムの形成と種間代謝物移動,単著 2008防菌防黴, 36, 721-730.
・表面処理で変わるステンレス鋼の洗浄性の謎,単著 2009 J. Environ. Control Technique, 26, 25-39.
・めっき技術による抗菌加工の理論と実際,単著 2008 New Food Industry, 50, 29-37.
・食品分野における電解水の現状と将来,単著,「環境管理技術」
その1 電解水の種類と特性の基礎,24, No.6, 16-22 (2006).
その2 次亜塩素酸の殺菌作用のメカニズム,25, No. 1, 23-29 (2006).
その3 電解水の洗浄力要素と作用メカニズム,25, No. 2, 16-21 (2007).
その4 オンサイトで利用される電解技術,25, No. 4, 18-24 (2007).
・固液界面におけるタンパク質の吸着形態と洗浄性,単著 2006 New Food Industry ,48, 1-10.
・電解水の特性と洗浄・殺菌への利用の基礎,単著 2005 ジャパンフードサイエンス, 44, 24-29.
・洗浄効率の定量的評価に向けた工学的アプローチ,単著 2004 New Food Industry, 46, 70-75.
・有機性廃棄物のバイオガス化技術の現状と動向,単著 2004 山陽技術雑誌,51, 10-15.
・食品製造機器への汚れの付着と除去のメカニズム,単著 2002 冷凍,77, No. 9, 391-396.

【登録特許】
・環境浄化方法及び環境浄化装置(特許第5581546号)共願
・プラスチック製ボトルの洗浄方法(特許第4621877号)共願
・微細流路の親水化処理方法(特許第4766516号)共願
・液体混合装置(特許第4102907号)共願
・電解水製造装置(特許第4654384号)共願
・アルミナ製品の表面改質方法及び表面改質アルミナ製品(特許第3145341号)共願
・食品製造用ステンレス鋼の表面改質処理方法及び表面改質ステンレス鋼製品(特許第2944985号)共願


教員紹介の掲載内容の更新はこちらから(学内のみ)


三重大学教員紹介の内容について無断転用を禁じます