教員紹介トップページへ

三重大学トップページへ

三重大学教員紹介

教員情報

職名
准教授
氏名
よしの ゆき
吉野 由起
生年月
 
所属
部局
人文学部
学科・専攻
文化学科
講座
ヨーロッパ・地中海研究
教育研究分野
イギリス文学
TEL
 
FAX
 
E-mail
y.yoshino@human.(末尾にmie-u.ac.jpを補って下さい)
個人のホームページ
 
学歴
 
学位
学士(英語英米文学) 東京大学
修士(文学) 東京大学
Ph.D (English Literature) University of Edinburgh
所属学会
日本英文学会 日本英文学会関東支部(2013- 準会員) 日本カレドニア学会 イギリス・ロマン派学会 日本ヴィクトリア朝文化研究学会 日本イギリス児童文学学会 日本英文学会中部支部
社会活動
2014.04~ 放送大学三重学習センター 客員准教授
職歴
2003.04~2005.09 東京大学教養学部 ティーチング・アシスタント
2009.04~2012.03 日本女子大学文学部 非常勤講師
2010.04~2013.03 青山学院女子短期大学英文学科 非常勤講師
2011.04~2013.03 中央大学法学部 兼任講師
2012.04~2013.03 中央大学文学部 兼任講師
2012.10~2013.03 埼玉大学教養学部 非常勤講師
学術(芸術)賞
 
専門分野
イギリス文学・文化史、物語の歴史、物語論
現在の研究課題
(1) ロマン派期の英詩(Robert Burns, Walter Scott, James Hogg, William Wordsworth, Samuel Taylor Coleridge)

(2) 啓蒙の時代~ロマン派期~ヴィクトリア朝期イギリス文学における自然、幻想、時間・空間の表象の変遷の様態

(3) ウォルター・スコットおよびジェイムズ・ホッグの作品における妖精表象と近代[2014-2016年度 科研(若手研究B)課題番号26770099]

(4) 物語論: 背景、脇役、端役、小道具の造型・用法・意義

(5) 地域表象研究:スコットランド表象の変遷の通史的研究(特に啓蒙の時代~ロマン派期~ヴィクトリア朝期)
担当科目
2015年度

(教養教育)
「英語I 基礎」「英語I TOEIC」
「スタートアップセミナー」
「国際理解特殊講義」(リレー講義、第2回「おとぎ話の「発見」:ロマン派期イギリスにおける民話の位置」)


(専門科目)
「イギリスの文学A」(イギリス児童文学・ファンタジー)
「イギリスの文学B」(イギリス詩:ルネサンス、ロマン派、モダニズム各期)
「ヨーロッパ・地中海文化研究」(リレー講義、第8回「(1)イギリスの成立と現状(2)英語の歴史とイギリス文学史の基礎知識(3)ロマン派詩を読む」)
「地域文化研究総論」(リレー講義、第13回「イギリス文学: (1)英文学の誕生:西洋古典研究の伝統と「新しい」学問としての英文学(2)英文学史概観:時代、ジャンル、詩人・作家・作品」)



(論文指導)Completed Supervisions:

卒業論文 'Aspects of Characters in Children's Fantasy in Britain: A Comparative Study of Alice's Adventures in Wonderland (1865) and Winnie-the-Pooh (1926)'

修士論文 'Flowers and Colours in the Works of Edith Nesbit'
主な業績等
(主要論文)

'Writing the Borders: Fairies and Ambivalent National Identity in Andrew Lang’s _The Gold of Fairnilee_'. Shane Alcobia-Murphy and Margaret Maxwell, eds. _The Enclave of My Nation: Crosscurrents in Irish and Scottish Studies_. 2008 Aberdeen: AHRC Centre for Irish and Scottish Studies, 2008. 227-241.


Desire for Perpetuation: Fairy Writing and Re-creation of National Identity in the Narratives of Walter Scott, James Hogg and Andrew Lang.(エディンバラ大学大学院博士学位請求論文)2013


「'A Fairy Knowe of the North': Andrew Lang(1844-1912)の作品における妖精像とスコットランド表象」 2013.09 『Caledonia』(日本カレドニア学会)41: 15-31


'Andrew Lang's "Fairy Books": Reception of Fairy Tales in the Late Nineteenth Century'. 2006 『リーディング』(東京大学大学院英文学研究会) 27: 56-74

                       ほか


(主な学会発表)

「叙事詩の空間: James Hogg, The Queen's Wake (1813,1819)における空間造型の特性」(2015年度日本カレドニア学会第2回研究会、2015)[招待発表]


「文豪によるおとぎ話と魔法のアイテム:William Thackeray, The Rose and the Ring とCharles Dickens, The Magic Fishboneの比較研究」(2015年度日本イギリス児童文学会中部支部・日本児童文学会中部支部 秋の例会、2015)[招待発表]


「James Hogg (1770-1835)の作品における妖精・夢・魔法とスコットランド表象」(日本英文学会中部支部第65回大会、2013)


「'A Fairy Knowe of the North': Andrew Langのおとぎ話とスコットランド表象」(2012年日本カレドニア学会全国大会、2012)


'Fairies and the Quest for National Identity in Walter Scott's The Monastery'. 'Spinning Scotland: Exploring Literary and Cultural Perspectives': Postgraduate Conference and Celebration of Scottish Writing.[スコットランドにおける出版活動創始500周年記念事業] Glasgow: University of Glasgow, 2008.


'Writing the Borders: Fairies and Ambivalent National Identity in Andrew Lang's _The Gold of Fairnilee_'. Joint Fifth Irish Scottish Academic Initiative Conference and the Sixth Annual Crosscurrents Conference. Aberdeen, Arts and Humanities Research Council Centre for Irish and Scottish Studies, 2007.


'Magic Spy-Glass and Second Sight: Illusion, Disillusion and the Problem of Identity in Andrew Lang's Fairytales'. Midlands Interdisciplinary Victorian Studies Seminar Postgraduate Conference. Birmingham: Birmingham and Midland Institute and the British Association for Victorian Studies, 2007.


「「教養小説」の書き直し―Nights at the CircusとWilhelm Meister's Apprenticeship」(日本英文学会第77回全国大会、2005)

                       ほか


(講演)

公開講演「イギリス幻想文学の系譜とMary Poppins」(放送大学三重学習センター、2015)

公開講演「旅を巡るイギリス文学」(放送大学三重学習センター、2015)


(抄録・依頼原稿等)

「文豪によるおとぎ話と魔法の道具:ウィリアム・サッカレー『薔薇と指輪』とチャールズ・ディケンズ『魔法の魚の骨』の比較研究」(2016.5)

「ロマン派期スコットランドの妖精譚:ウォルター・スコット『最後の吟遊詩人の歌』とジェイムズ・ホッグ『女王の祝祭』」 単著 2014.12 『日本カレドニア学会Newsletter』52: 2

「英語・英文学の尽きない魅力」単著 2014.7『ティータイム』(放送大学三重学習センター)79: 2    
                       ほか


(企画・参加展示等)

『旅を巡る英米文学』(2013年度三重大学人文学部オープンキャンパス英米文学資料展示、アメリカ文学ゼミと共催)

『旅を巡る英語圏文学』(2014年度三重大学人文学部オープンキャンパス英米文学資料展示、アメリカ文学ゼミと共催)

翻訳家Polly Barton氏による講演 'Translating Fiction: How to Make a Japanese Book English(翻訳入門)'(企画・司会、三重大学人文学部公開講演、2014)

『旅を巡る英語圏文学・ドイツ文学 Travel Writing and Road Narrative in the Anglophone World/Reise und Abenteuer in der deutschen Literatur』(2015年度三重大学人文学部オープンキャンパス資料展示、アメリカ文学・ドイツ文学ゼミと共催)






教員紹介の掲載内容の更新はこちらから(学内のみ)


三重大学教員紹介の内容について無断転用を禁じます