職名 准教授
氏名
稲垣 朋子
生年月  
所属 部局 人文学部
学科・専攻 法律経済学科
講座 法政研究
教育研究分野  
TEL  
FAX  
E-mail  
個人のホームページ  
学歴 2007.3 同志社大学法学部卒業
2009.3 大阪大学大学院国際公共政策研究科 博士前期課程修了
2012.3 大阪大学大学院国際公共政策研究科 博士後期課程単位取得退学
学位 2007.3 学士(法学) 同志社大学
2009.3 修士(国際公共政策) 大阪大学
所属学会 日本私法学会、日本家族〈社会と法〉学会、比較法学会
社会活動 2015.4~現在 三重県消防学校非常勤講師(「法学基礎」「民法」)
2015.12~2016.3 登記簿等の公開に関する事務(乙号事務)の民間競争入札に係る津地方法務局評価委員
2018.4~現在 三重県青少年健全育成審議会委員
職歴 2011.4~2013.3 日本学術振興会 特別研究員
学術(芸術)賞 第14回 尾中郁夫・家族法新人奨励賞, 2013.5
専門分野 家族法(親権法)
現在の研究課題  
担当科目 家族法、特殊講義[子どもと法]、法学A[裁判例で学ぶ法の世界]、専門PBLセミナーA・B、家族法演習、卒業研究
主な業績等 【論文】
「離婚後の父母共同監護について―ドイツ法を手がかりに―(1)」国際公共政策研究16巻1号(2011年9月)243-264頁

「離婚後の父母共同監護について―ドイツ法を手がかりに―(2・完)」国際公共政策研究16巻2号(2012年3月)135-163頁

「面会交流援助の意義と発展的課題―ドイツ法の運用を視座として―(1)」国際公共政策研究17巻1号(2012年9月)101-121頁

「面会交流援助の意義と発展的課題―ドイツ法の運用を視座として―(2・完)」国際公共政策研究17巻2号(2013年3月)47-64頁

「ドイツ・補論―共同配慮・単独配慮の判断基準」床谷文雄・本山敦編『親権法の比較研究』(日本評論社、2014年8月)135-146頁

「ドイツにおける離婚後の共同配慮の基本構造」国際公共政策研究19巻2号(2015年3月)17-36頁

「ドイツ判例法にみる離別後の配慮権と子の福祉」家族〈社会と法〉33号(2017年10月)237-251頁

【判例紹介】
「未成年者の申立てにより2年間の親権停止を認めた事例」民商法雑誌149巻2号(2013年11月)230-237頁

「相続財産法人に対する登記手続請求」潮見佳男・二宮周平編『新・判例ハンドブック親族・相続』(日本評論社、2014年3月)163頁

「特別縁故者に対する共有持分の分与と255条の関係」潮見佳男・二宮周平編『新・判例ハンドブック親族・相続』(日本評論社、2014年3月)164頁

「成年後見人の特別縁故者への該当性」潮見佳男・二宮周平編『新・判例ハンドブック親族・相続』(日本評論社、2014年3月)165頁

「寛容性の原則を重視して親権者を父と定めた事例」民事判例14―2016年後期(2017年4月)106-109頁

「生物学的親子関係のない実父との面会交流」道垣内弘人・松原正明編『家事法の理論・実務・判例1』(勁草書房、2017年10月)143-154頁

「面会交流時間の段階的増加と監護親の立会いの制限」民商法雑誌153巻5号(2017年12月)842-847頁

「父母による交替監護の継続と監護者指定の要否」民商法雑誌154巻3号(2018年8月)629-635頁

【著書】
「第5章 親子」「第6章 親権、後見、扶養」担当 床谷文雄・神谷遊・稲垣朋子・且井佑佳・幡野弘樹『新プリメール民法5 家族法』(法律文化社、2018年5月)分担執筆

【その他】
・資料(分担執筆)
「親としての配慮・補佐・後見(1)―ドイツ家族法注解―」民商法雑誌142巻6号(2010年9月)641-643頁

「親としての配慮・補佐・後見(4)―ドイツ家族法注解―」民商法雑誌145巻1号(2011年10月)95-104頁

・学会報告要旨
「ドイツにおける離婚後の共同監護と面会交流援助」比較法研究74号(2012年12月)303頁

・報告書(分担執筆)
「ドイツにおける離婚後の配慮」『法務省委託 各国の離婚後の親権制度に関する調査研究業務報告書』(2014年12月)1-26頁

【学会報告】
「ドイツにおける離婚後の共同監護と面会交流援助」(比較法学会、2012年6月)

「ドイツ判例法にみる離別後の配慮権と子の福祉」(家族〈社会と法〉学会、2016年11月)